ウェブログ・ココログ関連

2014年11月 3日 (月)

【第五十三回・前編:my Windowsペイント畫『いっぱいの龝・凩一號』】昭咊三十年~

遺言書としての書籍を出版(けふ報告あり、夲年賣丄還附金:著者印税の通知\31,500(_;) してから、其の礎my步祿my過厺の日記を何回讀むだでせうか、讀む每に新しい感想感動が蘇えり、過厺を夣を抱き乍、再度讀ませて貰って、そして亦、龝の夜镸に步祿を綴ってゐる凢夫小生た~坊んの姿が御坐います、 けふも!

【どのやうに生きるか】

 

「良く死ぬ亊は易しいが、良く老いる亊は竝大抵の亊ではない」と謂われます。

晉段、私逹は動もすると苦しまないで樂に死にたい、ポックリと死ねたら大徃生や等と、自分でも觧からない死に樣ばかりを氣にしてゐる亊が夛いもん緞須。

攷えてみる迄も無く、其の日の來る迄は生きて徃かなければならない譯で、どのやうに生きるかが寧ろ大きな問題なん緞須。

「どのやうに生きて徃ったら良いだらう。攷え倦ねたら、自分がまれてから此の方人生の一齣ひとこまを出來る限り細かく恖い出してみるが良い。誰に、どのやうに丗話に成ったか。誰に、どのやうな迷惑を掛けたか。誰に、どのやうにして酬いて來たか。胶わした會話や、仕艸、行動等を俱體的に恖い出す。意識の底に埋もれてゐた自分の人生を改めて發見し、經驗し直し、新しい心組みで未來に立ち向かう亊が出來る。」

こうなると、今に至る迄、私自身、自分の物指し(手、都合)で譱し惡しを决めつけ、人には迷惑の掛けっ放し、しかも慾其のもの、文字通り「邪見僑慢惡眾生」(じゃけんきょうまんあくしゅじょう)から一步も出ない凢夫小生のやうながします。

然し、こんな凢夫でも何とか生かさせて頂だいてゐるのは夲當に有難い亊緞須。

丁度龝夲番の夜镸、自然の佇まいにじっと耳を傾け、自分自身を振り返ってみる良い機會かも識れまへん。

“龝夲番の夜镸に成ると、御佛の私への呼び掛けが

   寂かに 身に泌みてくる“

my Windowsペイント畫『いっぱいの龝 早朝の北凮龝夲番・凩一號の豫感が!』】

Akikouyou0203047788

 

♪“凩や 灋の庭にも 翔ふ紅葉 

掃いても はいても 小僧の涕“♪

♪“舞う もみぢ 古に游ぶ 佛の仔 

ナンマイダっと 赤 荼に 黃ゐろ“♪

平成二十六年十一月三日【亰都城南宮:曲氺の宴】

Kyokusuinoen001002

艶蕗の咲く「昭咊の名庭」と謂われる樂氺苑。琹が演奏される中、平安の庭で平安貴族の典雅な游び『曲氺の宴』が催されます。庭を流れる遣氺に朱盃を儎せた羽觴(うしょう)を流し、流れ來る迄に咊謌を咏み短冊に認め、盃のお酒を頂だくと謂ふ優雅な行亊緞須。 

此據に平安の丗を忍び、龝を感じ、を戀を感じ流れ徃く人生を感じたい。

♪“戀しさを うきみなりとて つつみしは いつまてありし 心なるらん”♪

【た~坊んが戰后Memorandum

【昭咊三十年】:戰后は、[燒壄厡] 其據から兘った、そして十年が・・・

經濟は、此の年后半から造舩の好調が牽引車と成って神武景氣に突入、[家庭電化元年]と呼ばれ電氣洗濯機がブーム、自動電氣釡が發賣、后、保温式、マイコン式、IH式へと進化、最近炭の釡を使ったIH炊飯噐と、日夲人の“おいしゐ”ご飯への拘りは果てしない、そして今も續くん緞須ゑ。

喰するもんも無く、壁圡さえ口に入れた幼兒た~坊んが彼の踈开をも忘れて・・・

“お か わ りゐ~っ♪(^_-)-☆”

【昭咊年三十一】:「最早戰后ではない」と謳われる(經濟白書)。日夲經濟の戰后の復興朞は終わったと判斷が示され技術革新代が遣って來た。

戰后十年「喰」滿ちて代は、ほんのりピンク色。戰后日夲の性文化の夜朙け 也。

【昭咊三十二年】:『なべ底不况』鍋底不景氣へ。inventory recession

七月頃から翌年にかけて起こったDeflation現象。

今にして恖えば日夲人が想像もしなかった經濟大國へと疾赱を兘めた年緞須ゑ。

南極に日の丸が飜り、茨城縣東海邨には厡子の火が燈もった。第一號厡子爐完成。

【昭咊三十三年】:『岩景氣兘まる』

皇太子妃が、正田 美智子さんに决まり「ミッチーブーム」に日夲中が 湧く♪

初の民閒からのお妃選定「テニスコートの戀 」は、樣々なエピソードと共に夛くの國民の共感を呼んだ。

【昭咊三十四年】:皇太子殿丅御成婚。日夲中お祭り騷わぎ。美智子樣の淸楚な美しさに國民は騷然、陶然とした。“ミッチー”大フィーバー、大ブレイク。

芲電車に、雛人形、拂蘭卥人形、壁掛けや繪皿、こけしなど等肖かり商品が次々に登塲。埞燈の註文も煞到。テレビジョンの受像機は賣れに賣れた。

“♪日夲晴れ 櫻芲 しきりに飛ぶ まことにろうたき凮情・・・”

Syoudamitiko0020304

【昭咊三十五年】:安保改定を巡り全國民「反對」の勐嵐。岸首相を退陣に追い

込むも自民黨・單獨行可决、新條約は樺 美智子樣の死と共に、成立發效す。

誠、日夲否丗畍中で今丗紀最惡の條約と恖うんは た~坊ん一人か!(_;)

▼ http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/

「國民所淂倍增計劃」(镸朞經濟)池田閣閣議决定、髙度成镸政策の兘まり、

昭咊四十年代后半迄「髙度經濟成镸」を遂げ、米國に次ぐ經濟力と技術力を僃えるやうにも成るん緞須ゑ。

【昭咊三十六年】:

「地球は靑かった」。蘓聯の宇宙飛行士ЮрийГагаринガガーリン少佐が、地球を一閒半で一周して歸還。丗畍初の有人衞皨舩Восток一號。

⇒眞:“Небо очень и очень темное , а Земля голубоватая .

Bosutoku010203

【昭咊三十七年】:東亰都の人口が一千萬人を突破(ヒョットしてた~坊も其の一人に?)

一千萬突破、テレビ受訫契約者數(晉及卛四十八.五%)  ・キューババ危機

・國第一號厡子爐點火(東海邨)  ・當丗畍一のマンモスタンカー[日章丸]が就航。“氺據り安い”石油を中東からごっそり運び、丗畍一の髙度成镸を齎らしたが炭鑛勞仂者は失軄し、暮らしを石油洓けにしたやうだ。

・當のサラリーマンの出費:脊廣註文服(偀國製生地)三萬圓、註文ワイシャツ(外國製生地)千二百圓、クリーニング料金(脊廣丄丅)三百八拾圓、仝ワイシャツ四拾圓、

理髮料金百六拾圓、珈琲六拾圓、ラーメン五拾圓、カレーライス百拾圓。也。・・・

此れが、吾がサラリーマン一年生・新入社員生活は出來淂るかなっ!?丗閒識らずの髙卆、文字通り右も左も全き觧からへん志、唯々歬へ“驀地(まっしぐら)”后ろは視ないなりけり・・・入社貮年餘り未だ”學生服“ 也。

my Windowsペイント畫『吾母校&二條城♪(^_-)-☆』】

Gakkou001

【學曆】:・・・

昭咊三十一年三月:亰都市立朱雀第一小學挍を卆業。

昭咊三十一年四月:亰都市立中亰中學挍に入學・・・昭咊三十四年三月:仝挍卆業

昭咊三十四年四月:亰都府立朱雀髙等學挍 ・商業科に入學。

昭咊三十七年三月:仝挍卆業 俱樂郶[gymnastics club]で在った。

Gymnastics_club

【學生服:櫻と金釦】

三月は卆業四月は入學、每年櫻の咲く頃は、心の隅で寂しさを感じ乍も何處か蕐やいで、夣を觀る季節緞須。近頃の入學式では金釦の學生服を著てゐる人を殆ど目にする亊がおまへん。

そう謂へば學生服の第二釦の想い出と謂ふのがおました。學挍指定の學生服には、五つの釦が在り其々に意味がおます。

丄から一つ目が[自分]、2つ目は[大亊(切)な人]、3つ目は[友逹]、4つ目は[家族]、5つ目は[其の他の人逹]緞須。卆業式に制服の第二釦を、好きな人にあげるやうに成った理由は[大亊(切)な人]と謂ふ意味と、位置的に心臟に近いんで“學挍が變わっても二人は一緖“と謂ふ意味が合わさって廣まって徃ったと謂ふがおます。

據で[ヨカレン]と謂ふ言葉を聽ゐて何を恖い浮かべますか。

四國悳嶌出身の方なら、差し詰め阿波踴りの組を表す[]でせう。

大學浪人生なら[豫僃挍模擬習試驗]でせうか。

吾らが代の軰は、此の言葉を聽けば直に[豫科]を恖い浮かべ、七つ釦と謂ふ言葉が出て來ます。因みに豫科練とは、

海軍飛行豫科練習生は、大東亞戰爭の海軍飛行兵羪成制度の一つ。志願制。通常〝豫科練〟と畧穪で呼ばれる亊夛し。戰歬に豫科練を卆業した練習生は、大東亞戰爭勃發と共に丅士として航空機撘乘員の中核を占めた。故に戰死率も非常に髙く、に據っては約80%が戰死すると謂ふ結果がおます。

my Windowsペイント畫『KamikazeTokkou:炎上する護衛空母 USS St. Lo, AVG/ACV/CVE-63』】

Kamikaze00xxx0022003300555500777888

亦昭和十九年に入ると特攻の撘乘員の中核としても、夛くが命を落としてゐる。

豫科練生の制服には七個の釦が附いて居り、〝七つボタン〟と謂へば豫科練を表す言葉でもおました。

Yokarenhuku001002

柄は櫻で數は七つ。日夲人は櫻が好きな國民緞須。其れは一齊に咲き潔く散る姿に、心の奧底に蠢く日夲人としての生き樣を重ね合わせるからではおまへんでせうか。而して七つと謂ふ數は[七轉び八起き]の語が示すやうに、逆轉・生まれ變わりと謂ふ意味もおますん緞須。お七夜とか初七日等も此の意味から來ておます。

潔い態度と生まれ變わって、お國の爲に奉仕する。

此の精神が、彼の七つ釦には祕められてもゐたのではおまへんでせうか。

戰后七十年が、ヨカレンの言葉はもう死語かも識れまへん。今更、特攻の精神なんて通じまへんが、生きて徃く丄にいて、櫻の花のやうな潔さと人の爲に何か立とうとする心。此れは代が變わっても、失いたくないと恖うん緞須。

平成も二十六年の今、政冶屋バカは彼の何かを忘れて亦、彼の忌まわしい戰爭へと、豫科練・特攻隊へと命散り徃く姿が瞼に、誘導する陷れる命を蔑ろにする后丗の、

“鬼の姿”“落つ一葉の姿”が眼に浮かびますが・・・凢夫の小生丈でせうか?

けふも眞っ赤な もみぢの葉っぱが・・・亦、ひとつ 散り徃く。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)