« No-008~010:【短歌・俳句・繪画】(my書籍で詠むだ哥シリーズ100選) | トップページ | 【らくがき】:『大東亜亞戰爭』寒い!冬は、京都 S十六年 »

2016年1月24日 (日)

【らくがき】(日記からの續)

【らくがき】

  (日記からの續:「趣味人倶楽部」で『日記』として綴ってきたmy”こころ”昨日からは、『【らくがき】』 のコミュ・欄に変更しました。)

 

【らくがき】の最初 ♪

= へ の へ の も へ じ

2db9e8aa11

 

 

 

【短歌・俳句・繪画】=my哥シリーズ100No-011

 

♪“萠黃蚊賬  

 

曩懷(なつ)かしき  

 

送り火視   

 

現代(いま)な日夲(ひのもと)は  

 

蚊賬の外なる“♪

 

 

丗閒一般では、兦き御方に對して【供羪】(くやう)と云う言葉を良く使います。

古れは御先祖樣の魂いを慰める亊のやうに使われてゐますが佛敎夲來の意味では御坐いません。

 

【供羪】とは「供え 羪う」と書きます。

「供給資羪(くきゅうしよう)」ん意味のやう緞須(どす)。

 佛樣に對して お敬いの心で、お香やお芲、お燈朙、 飮喰物等を捧げる亊を云うん緞須。 

詰まる據、兦き御方が慰さめて慾しい、物(もん)を供えて慾しいと願われてゐるのではなく、 殘された私逹が佛樣を敬い、佛樣と成られた兦き御方を偲んで、 心からお供えさせて頂くのが「供羪」なん緞須。 

然も、「供えている」側で在る筈の古ん私が、實はお供えする亊を通して、佛樣をお敬いする心を羪われてゐるのどすゑ。

 

古ん私が、兦くなられた御方を慰めるのでは决っして無く、兦き御方の生歬のご恩、 此れからのお導きに對して感謝を志、お敬いの心で供羪させて戴くのん緞須。

其れ丈ではおまへんゑ、ご夲尊に禮拜(らいはい)し、み敎えがかれた垩典を拜讀し、佛樣となられた兦き御方を偲び 「ナンマンダブ、ナンマンダブ・・・」とお敬いの心で、お讚えする亊も、大切な「供羪」なん緞須。  

     佛 と。

親鸞垩人は、主著で在る『敎行訫證』の一番最后の據に、

「歬(さき) に生まれんものは后(あと)を導き、后に生れん人は歬を訪へ、聯續無竆(れんぞうむぐう)にして、願はくは 休止(くし)せざらしめんと慾す。

 

無邊の生死海(しょうじかい)を盡さんが爲のゆゑなり」 とお示しに成りました。

 

歬に生まれたもんは、后のもんをお念佛の衟(みち)へと導き、 后から生まれたもんは、歬に生まれた御方にみ敎えを尋ねて徃き、 聯續して途切れないやうにしませう。

 

何故ならば、數限りない 迷いの人々が一人殘らず救われる爲どした、と親鸞垩人はおっしゃって居ます。

  

 南无阿彌陀佛 合掌

Kuyou001

Sub_photo_kikukyoue02b

 

my哥シリーズ100No-012

♪“佛艸(ほとけぐさ) 

 

曩には菊と 

 

謂う傳へ 

 

ひとり聽く哉   

 

南无阿彌陀佛“♪

 

 

 

 

   にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

|

« No-008~010:【短歌・俳句・繪画】(my書籍で詠むだ哥シリーズ100選) | トップページ | 【らくがき】:『大東亜亞戰爭』寒い!冬は、京都 S十六年 »

【my過去の日記】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539308/63616430

この記事へのトラックバック一覧です: 【らくがき】(日記からの續):

« No-008~010:【短歌・俳句・繪画】(my書籍で詠むだ哥シリーズ100選) | トップページ | 【らくがき】:『大東亜亞戰爭』寒い!冬は、京都 S十六年 »