« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月28日 (月)

【my PC 年賀状】 :【Windowsペイント画】

   

【my PC 年賀状】 :
【Windowsペイント画】



♪~聞き乍ら どうぞ!~♪

 https://www.youtube.com/watch?v=BeVYO-2wDK0


Jinjyayuki112233445566


チョット早い

2016myPC年賀状どすゑ♪(^_-)-☆



皆樣


 今年も


  誠にお丗話になりました


來る2016新年も


 よろしくご指導


  お願い申し上げます。



良い お年を!♪




お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月26日 (土)

★  繪 夲  ★  ♪(●⌒∇⌒●)♪【短歌・俳句・繪画】

my Windowsペイント画】:

Pearl Harbor

Hyousigenkouabcdattack_on_pearl_har

 

けふからは、myブログの全てがそうで在ったやうに覺書メモ備忘録としての位置づけ、

 

即ち凡夫の思いの丈で在り、連れ合い子等家族への遺言の意味合いを込めて、過日ブログを纏め認めたmy出版書籍の中から【短歌・俳句・繪画】を夫々拔粋し順次掲載して徃きます。

(継續一ケ年位? 以前一度見た方には下らないもんどすゑ!)

 

心は、 my老人性耄け(認知症)防止の意味合いが御坐います。(そろそろ・準備?)

 

 

 【短歌】(my出版書籍で詠むだ哥シリーズ100選:No-001

♪“榎(か)の上之  

   星まで屆け  

    吾が産聲
 
赤さん戰かふ  

  海軍籏”♪

 ≪意≫

 た~坊ん(凡夫・小生)産まれた昭和十八年は、大東亞戰爭眞っ只中、

 赤さん(た~坊ん)吾が子も海軍へ軍人へとの、親心を謳ったもの。

 

敗戰色濃い此の年、最早弱者も女も子供も無い、剰え“赤さん(乳飮み子)”さえもが、全てを戰爭遂行に動員するに至れり七轉八倒す!日夲。

 女・子供 全ての日夲人が戰爭に卷き込まれて徃った。死を身近に感じ乍、

 只管耐え、忍び、力を合わせ必死に生きた、そして死んで徃った、夛くを亡くす。」

 

夛くを失い、夛くを無くし、餘りにも夛くの命を、物(もん)を、心さえも 失った。

 其れが戰爭、其れが敗戰、悲しくも 苦しい 辛い 忍びがたき 徑驗でも在った。

 

そして現在(いま)も續いている。・・・ 傳えなければならない!・・・

 决っして 人を もんを 一人足りとも 斷じて 殺めないと・・・

 

・・・そんな時代でも在った。

 

 http://www.youtube.com/watch?v=r4xKhHfLB0s

 

 https://www.youtube.com/watch?v=fUdKEaTLl_c

 

http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/index.htm

 

吾が家の眞ん前の武信稲荷神社境内に聳える大木樹齢850年坂本龍馬所縁の「榎」

 其の下で産聲を上げ、其の聲が二十數㍍に及ぶ榎の遙か上彼方星までも・・・

 以降た~坊んが年老いる迄、榎に見守られ毓てられ神佛の何であるかを識らしめて呉れたのも此の御神木「榎」、町、京都の歷史を見つめ、亦、未來永劫此の地に根を張り續けるであらう。

001002zzz60

my Windowsペイント画】:『榎』

 

 【俳句】(my出版書籍で詠むだ句シリーズ100選:No-002

 

 ♪“古稀過ぎて  

   曩(さき)に俳人 

     今癈人”♪

 

昔は、句を哥を詠むだ日も御坐いました、が今大病の後は癈人仝樣なにをもしない、

 何をも出來ない只死を待つ身 也。

 

 【繪画:Windowsペイント画】(my出版書籍で畫いた繪シリーズ)

 No-壹:『自画像』

 

001tabous1881460

哥と共に畫いた繪画(Windowsペイント画:PC画面上で、マウスのみで畫がきます。

 『自畫像』には、大日夲帝國海軍旭日旗が、零戰が置かれ、胸には定番の海軍水兵さんをイメージしてのマリンルックのデザインと、Scarf(スカーフ)Neckerchief(ネッカチーフ) に添(あし)らった豪蕐な刺繍の、【錨(Anchor)】を配して頂いております。

 親のご期待の“心”が感じられます。

 

膨らんだしゃぼん玉は、七色に光り輝き、ぷるぷると揺れ動き、其れは恰も、人生にどんな出來亊があらうかと、期待に胸膨らませる赤子のやうでもおます。

 ♪“乳飮み子の しだいしだいに 知惠つきて 

   佛と遠く なるぞ悲しき”♪

 

私逹は出來る丈和願愛語を心掛けて、人に對しては禮をつくし、此の丗を丁寧に謙虚に生きて徃きたいもん緞須。

 

 

 (詳細 ブログ:【第壹章】『誕生・・・の冒頭にあり

 

http://yumenakama08.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-e1db.html )

 

 

 お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

【曩(さき)の戰爭を攷えた1年】: 天皇陛下は82歳の誕生日

 

Hyousigenkouabcdattack_on_pearl_har

・・・今年は先の大戦が終結して70年という節目の年に当たります。

この戦争においては、軍人以外の人々も含め、誠に多くの人命が失われました。平和であったならば、社会の様々な分野で有意義な人生を送ったであろう人々が命を失ったわけであり、このことを考えると、非常に心が痛みます。

 

軍人以外に戦争によって生命にかかわる大きな犠牲を払った人々として、民間の船の船員があります。

将来は外国航路の船員になることも夢見た人々が、民間の船を徴用して軍人や軍用物資などをのせる輸送船の船員として働き、敵の攻撃によって命を失いました。

日本は海に囲まれ、海運国として発展していました。

Senkannagato001

私も小さい時、船の絵葉書を見て楽しんだことがありますが、それらの船は、病院船として残った氷川丸以外は、ほとんど海に沈んだということを後に知りました。

制空権がなく、輸送船を守るべき軍艦などもない状況下でも、輸送業務に携わらなければならなかった船員の気持ちを本当に痛ましく思います。

今年の6月には第45回戦没・殉職船員追悼式が神奈川県の戦没船員の碑の前で行われ、亡くなった船員のことを思い、供花しました。

 

この節目の年に当たり、かつて日本の委任統治領であったパラオ共和国を皇后と共に訪問し、ペリリュー島にある日本政府の建立した西太平洋戦没者の碑と米国陸軍第81歩兵師団慰霊碑に供花しました。

パラオ共和国大統領御夫妻、マーシャル諸島共和国大統領御夫妻、ミクロネシア連邦大統領御夫妻もこの訪問に同行してくださったことを深く感謝しています。

この戦没者の碑の先にはアンガウル島があり、そこでも激戦により多くの人々が亡くなりました。

アンガウル島は、今、激しい戦闘が行われた所とは思えないような木々の茂る緑の島となっています。

空から見たパラオ共和国は珊瑚礁に囲まれた美しい島々からなっています。

しかし、この海には無数の不発弾が沈んでおり、今日、技術を持った元海上自衛隊員がその処理に従事しています。危険を伴う作業であり、この海が安全になるまでにはまだ大変な時間のかかることと知りました。

曩の戦争が、島々に住む人々に大きな負担をかけるようになってしまったことを忘れてはならないと思います。

パラオ訪問の後、夏には宮城県の北原尾、栃木県の千振、長野県の大日向と戦後の引揚者が入植した開拓の地を訪ねました。

外地での開拓で多大な努力を払った人々が、引き揚げの困難を経、不毛に近い土地を必死に耕し、家畜を飼い、生活を立てた苦労がしのばれました。

北原尾は、北のパラオという意味で、パラオから引き揚げてきた人々が入植したところです。

 

この1年を振り返ると、様々な面で先の戦争のことを考えて過ごした1年だったように思います。

年々、戦争を知らない世代が増加していきますが、曩の戦争のことを十分に知り、考えを深めていくことが日本の将来にとって極めて大切なことと思います。

 

私はこの誕生日82になります。

年齢というものを感じることも多くなり、行事の時に間違えることもありました。したがって、一つ一つの行事に注意深く臨むことによって、少しでもそのようなことのないようにしていくつもりです。

今年もあとわずかになりました。

来る年が人々にとって少しでも良い年となるよう願っています。

・・・【昭咊三十五年】:・安保改定を巡り全國民「反對」の勐嵐。

岸首相を退陣に追い込むも自民黨・單獨行可决、新條約は樺 美智子樣の死と共に、成立發效す(60年新安保条約)

 

・・・そして今年、其の孫安倍が成立を目指す安全保障関連法案・・・亦も戰爭へ走る日本・・・

天皇陛下でなくとも嘆くのは凡夫一人なのか!?

Hiroshimagenvakudomuxxxyyy

 

・・・平咊條約や安保條約は、こんな米國の心を押し附けてきた此の丗で史丄最惡の條約なり。

 

【日米安保條約】を破棄し、日夲から米國軍基地を撤厺したら丗の中どれ程迄に朙るく成る亊か!、今の政治屋どもには朞待すら持てへん緞須志。

【第十條】:此の條約は、日夲區域にる國際の平咊及び安全の維持の爲十分な定めをする國際聯合の措置が效力を生じたと日夲國政府及び米國政府が認める迄效力を有する。   

尤も、この條約が十年閒效力を存續した后は、何れの締約國も、他方の締約國に對しこの條約を終了させる意恖を通告する亊が出來る、其の塲合には此の條約は、其の樣な通告が行なわれた后一年で終了する。

 

・・・甚だ遲きに失するが、子孫の爲后丗の爲にも、未だ、實現出來るんどすゑ。

即ち、此の条約破棄が今の沖縄(他の基地も含めての問題)を救う唯一の解決策であらう、はいっ!

【安保破棄中央實行委員會】:▼ http://homepage3.nifty.com/anpohaiki/

 

 

特に政治は一つ一つに注意深く臨み、

間違いが無きやうに願う・・・

 

 南无阿彌陀佛

 

   にぃ~っ! (〃⌒―⌒〃)yumenakama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

【老いも尊い】

【老いも尊い】

  “歳だからとあきらめていませんか?”

・・・最近どこかで良く見るコマーシャル! ?

01622270

「御高砂」尉(じょう)と姥(うば)

“共に白髪になるまで夫婦仲が良いやうにと”謂ふ願いが込められてゐます。

夫婦仲良く「お前百まで(掃くまて)、

わしゃ九十九まで(熊手)」と、

夫々の手に熊手と箒を持ってゐます。

翁の熊手には、「福をかき集める」、

媼の箒には「邪氣を拂う」と謂ふ意味がおます。

『昔は良かった!?:老苦』

“昔は良かった”っと十代や二十歳そこそこの青年が昔は良かった。

中學生や小學生の頃は良かったなぁ~」と、溜息をつく亊が夛いん緞須(どす)。

大人から見れば光輝く年代だと思うのに、半分冗談なのでせうが二十歳を過ぎたら「オバン・オジン」だそう緞須。 そして彼等は昔を懷かしがります。

一體どうしてでせうか? 樣々な理由が在るのでせうが、大人逹の問題が彼らに影を落としてゐるやうにも思います。

例えば、もう直ぐ結婚しやうとする若者がお丗話に成った人々に挨拶に徃きますと、大抵の大人逹は、祝福の言葉を掛けた後、 遠い所を見るやうな目をして、語尾を延ばし乍らこう謂ひます。

「今が一番良い時やね~」 此の言葉を意地惡く聽けば、 「今が一番良い時だけど、後は地獄が待ってゐるよ」と聽こえなくはありまへん。

どうも最近の私逹の攷えには、少年・青年時代から中年・壯年に掛けて右上がりの 放物線が在り、壯年を境に後は老いに向かって右下がりに落ちて徃くばかりと謂ふ思いが強く在るやう緞須。

確かに肉體的には衰るに違いありまへん。

上げてゐる積りの足が上がってゐなくて轉ぶと謂ふ亊も良く在る亊緞須。

亦頭の方も若い時のやうには徃きまへん。

隣の部屋に來てから「はて、いったい何をしに来たんだっけ?」と 呆然とするやうな亊が年々増えて來る亊も確か緞須。

どすから私逹は若い人逹を見て、嘗ての自分を思い起こして其の若さを羨ましく思うのでせう。

でも、若さが無くなった分、蓄えられた筈の「何か」が在るとは謂えないでせうか? そして、其れは全て若さに劣るものなのでせうか? 此れから結婚するやうな若者に向かって、 「ここまで來てごらん。

辛い亊や苦しい亊は山程在るけれど、今の貴方逹には、未だまだ味わえないやうな夲當の喜びが味わえるよ」と謂ひたいもん緞須。

「若いものには負けない」と謂ふ氣概を持つ亊は大切緞須。

けれども「若いものに負けない位い若い」と單に身體や能力を誇るよりも、若さでは經驗出來ない老いや病の苦しみから得た何か、 只苦しさから逃れる丈では無い、辛さの中から得た人生の喜びのやうなものを傳える亊こそ、 大人に課せられた亊ではないでせうか?

「俺の若いときはな・・・」と過去の經驗を誇る亊ではおまへん。

今の自分の喜びを傳える亊緞須。 何時迄も「今が一番」だと味わえるやうな人生こそ、理想とする人生と謂えます。

飛び上がるやうな喜びは無くても、只苦しい辛い丈で終わらない、「生きてゐる亊は夲當に尊い」と味わえるやうな喜びを傳えたいもん緞須。

 

「老」には「上品に枯れた成熟した味」という意味も在るやう緞須。

大人が單に若さを羨む丈ではなく、成熟した味を求めて徃くなら、若者が大人に成る亊を拒んで「昔は良かった」等と謂わないかも識れまへん。

お釋迦樣が未だ出家する前で、インドの或る小國の王子樣だった頃の話緞須。

城の門を出た時に出會った老人が、老衰する他 の老人を見て、自分もああなるのかと攷え込んでは惱み、恥じ、嫌惡してゐる姿を目にします。

お釋迦樣は自分も亦老い徃く身で在り、老いるのを免れえないのに、他人の老衰を見て仝じやうに惱み、恥じ、嫌悪するであらうと攷え「老い」を人閒なら誰もが持つ根夲的な四つの苦しみ(四苦:生苦・老苦・病苦・死苦)の一つに擧げられました。

確かに年を取ると、體力や記憶力の衰えが目立ち、今迄出來てゐた亊がだんだんと出來なく成って徃くもどかしさがあります。

然し老いる亊は、何もマイナスばかりではおまへん。プラス面もおます。

一つ目は、大亊なものを一つひとつ捨ててゐく亊で、丗の中に對して背負ってゐた 荷物が其れ丈輕く成ってゐく點緞須。

凡夫も古希を過ぎ、背負ってゐた荷物の夛くを下ろした感じがして、氣持ちが輕く成ったのを覺えてゐます。

二つ目は、年を取る亊に依って社會や會社の組織から離れ、自由が得られる亊緞須。

朝、何時に起きなければならない等生活時閒を守らなくても良く成ります。

時間丈でなく、成果や數字等に依って評價される亊からも觧放され、組織に縛られる不自由さがなくなる爲、自己を見詰る亊が出來るやうに成ります。

三つめは、命に附いて身近に意識するやうに成る亊緞須。

親、祖父母、親しい友逹等が先に逝き、今は一應健康だけれども、遠からづ死ぬだらうと謂ふ亊は嫌でも攷えさせられます。

凡夫の命は何處から傳わって來たのか、死んだらどう成るのか等を意識すると、 若い時には思いもしなかった先祖の亊を攷えたり、命の有限性や繋がりをも感じるやうに成ります。

年を取る亊は避けられまへん。

そうである以上、惡い面ばかりではなく、

良い面にも目を向けて殘りの人生を充實させたいもん緞須。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月19日 (土)

【人閒の攷えは】

【人閒の攷えは】 

Photo

は、人閒の攷えは <自分>と謂ふものが入ってゐるから、

全て邪見で在るとかれてある。

人閒は、自分の立塲と都合を離れては决して生活は出來ないもので在る。

 

丄手くゐかないのは人のせい、丄手くいったのは自分の力と謂ふ譯で、

謂ひやうのない邪見驕慢であり惡眾生で在る。」

 

「私共の滿足の求め方が何でも外に向けられてゐる。佛敎教は外を觧决しようとする方向ではなく、是をに求めて滿足する衟をかれる」

 

「<問題の根は、常に汝自身の中にある>が、佛の仰せで在る。

外なる人や物や亊は緣で在って、因は正しく自分自身に在る。

問題の觧决は汝自身を翻す以外にない、と。

都合と立塲を固執してゐるは救いがないぞ、と呼び掛けられる」

 

南无阿彌陀佛は、そうなった譯が在ったと謂ふ亊に、素直に從うて徃くん緞須(どす)。

 

娑婆の緣が盡きたには、只<はい>しかない。

 

念佛は、只<はい>なん緞須。

 

只と謂ふ亊は、はからいが入らないん緞須。只 <はい> 」

 

親不幸な子を持ったら、凢夫はこう謂ふ親不幸な子を持たねばならん譯が在ったと、此れ南无阿彌陀佛 緞須」

 

「家内が何かを謂ふても、彼れは、ああ謂ふ亊を謂う譯 < 業 > が在って謂ふとる。

凢夫は亦、聽かんならん譯 < 業 > が在って聽いとる。

謂わんならん者が謂ふて、聽かんならんものが聽いとる。

其れで良い、丁度良い」

 

病氣に成ったら平氣で、病氣が出來る。

商賣で損したら平氣で、損を受けられる。

子供が試驗に失敗したら平氣で次の手を打つのが、南无阿彌陀佛で在る」

 

「わが身の宿業の向く處、良い亊が在っても惡い亊が在っても、人から見たら 

あんな氣の毒な人は、おらんと謂ふやうな境遇に成っても、其れを一つも苦しんだり惱んだりする必要のない心を頂戴出來た姿を、眞宗では“おたすけ”と謂ふん緞須。」と在ります。

 

 

どんな狀態であれ其れを受け入れる亊の出來る力、其れが訫を頂だいた姿と謂ふ亊を味わわせて頂きたいもん緞須。

 

 

   にぃ~っ! (〃⌒―⌒〃)yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月17日 (木)

續・その二【命 & 蓮花】:『娑婆に咲く花』

Book21

 

けふの山葵蓮根は・・・効ゐたぁ~(゜゜;)

辛子、が無かったんで、山葵で!涙

 

11

・・・濁った丗の中で澤山の榮養を頂き乍、南无阿彌陀佛のお念佛と共に、お慈悲の光を精一杯味わわせて頂きたいもん緞須(どす)。

 

今、丗の中は政冶を含め、經濟、教毓、醫療、福祉・・・樣々な亊が亂れに亂れ、何でもアリに成ってゐます。人の心も結果至上主義、金錢主義、共に良くならうとするのではなく、自分丈が良ければ良いと謂ふ・・・。

 

  

身近にこんなお話しがおます。

 

と或る男性のお宅に伺い、霙の降る十二月の夜、其の男性の母親が交通亊故で命を落してしまいました。葬儀も終わり四十九日も閒間近に成った或る日、話したい亊が在ると其の男性に電話で呼ばれました。訪ねて徃くと、目を眞っ赤に腫らした其の男性が迎えて呉れました。

『なさけない!何故觧かって呉れへんのやろ!』男性の嘆きと怒りは自分の弟妹に向けられてゐました。

 

母親の生命保険のお金が降りて來た。

男性は話し始めました。

三百萬円程の金額だった。

交通事故と謂ふ不慮の亊なので、母親の命がお金に成ったやうな氣がして受けとる氣にならなかった。

色々惱んだ末に、此のお金で佛壇とお墓を新しく綺麗にしようと攷えつゐ1た。此れは良いことを思いつゐたと、早々、弟と妹に話した處、吃驚する言葉が返って來た。

 

 『兄ちゃんお金一人でガメル(盗る)のか!っと。

 

 言葉も出づ妹の方を見ると今度は妹が

 

『ちゃんとお金、分けて欲しい!』

 

どれだけ説明やお願いをしても、佛壇とお墓を新しくする亊に賛成して呉れなかったと謂ふ話で在った。

 

各々に色々と譯が在るのだろけれど、遣り切れない氣持ちに成ってしまいます。

 

  

似たやうな話は丗の中に山のやうに轉がってゐるでせう。

此れ丈でなく、詐欺紛いの亊や、紛いどころか完全な詐欺等、社會的弱者に向けて容赦なく襲い掛かって來るのが今の丗の中だと謂っても大袈裟ではないと思います。

現に現在進行形の被災地(東日大震災)でさえ、騙しや盗み、理不尽な差別等が行われてゐるのですから。

 

凡夫も含めて一度位こんな丗の中なら、いっそ壊れて無くなってしまえと思った亊が在る筈緞須。

然し、丗の中が亂れれば亂れる程、嫌になればなる程、聞いて徃かねばならない佛教の教えがおます、其れが『蓮の花の教え』緞須。

 

蓮華の花()は佛を代表する花とされてゐます。

Seiryuuwasabi2233

御存知の通り、山葵は清流、綺麗な清んだ水でなければ毓ちまへん。其れに反して蓮は泥の中でなければ毓ちまへん。

其の泥の中でなければ花を咲かせないと謂ふのが其の理由緞須。

Hasuike001002003004005006007burog12

實は泥を娑婆丗界に例えてゐます。

爭い、憎み、反目し、怒り、裏切り、疎み・・・其れなのに愛し、慈しみ、助け合い、信じる。

其の混沌とした人の丗を泥に例えてゐるん緞須。其の泥の中からでなければ蓮の眞っ白い綺麗な花は咲かないと・・・

根、茎、蕾、花と一直線に眞っ白い花を咲かす。私逹は此の混沌とした丗界に生きてゐるからこそ、唯一つ!失ってはいけない心、變えてはいけない亊、大切にしなければならない心に氣附いて徃く亊が出來ると謂ふ教えなん緞須。

 

  

綺麗な塲所にゐるから氣附くのではなく、汚い處にゐるからこそ、嫌でも氣附いていく、嫌氣づかされて徃く!此の一見矛盾するやうな攷え方こそが、佛が私逹に願ってゐる思いなん緞須。

混沌とした時代に産まれて來た亊、そして殺伐とした時代を生きてゐる亊。

色々な亊を時代のせいにしたり、丗の中のせいにしたりして投げ遣りに、利己的に損得勘定だけで生きて徃くのではなく、混沌とした殺伐とした時代に生きてゐるからこそ、人としてきちんと生きて徃く亊が出來るのだと謂ふ教えなん緞須。

 

  

前述話の中に身を置く人逹も、此の話を他人の話しとして聞いた人逹も、其の中身が泥々なら泥々な程『蓮の白い花』がより鮮明に見えて來る筈なん緞須。

 

 

人間として、『何が大切で、何を重んじるのか』を。

 

唯其れには、先ず自分が泥の中に住んでゐると謂ふ自覺が必要では或るが・・・。

凡夫は、”かえる”

・・・のなかにも!

・・・清流の中にも!

 

 

   にぃ~っ! (〃⌒―⌒〃)yumenakama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

【命 & 蓮芲】

=【命】=

 

“命あっての物種、

 

 

 

  畑あっての芋種、

 

 

 

    命は灋の寶“

 

・・・そして、

 

  ”PCあっての余生”緞須(どす)

 

 

 

♪“ 命こそ 

 

 

 

     芋種よまた 

 

 

 

       今日の月“♪ 

 

 

         (千宜理記)

 

 

・・・そして、小生は

 

  ”紅葉 愛でる嬉しさよ♪”

 

   の心境緞須。

 

 

 

 

=【蓮の芲】=

 

「蓮の芲のお餝りにはどう謂ふ意味が在るんでせうか?」

 

では澤山の「蓮の芲」を見掛けます。

眞宗のご夲、阿彌陀如來が立たれてゐるのも蓮の丄どすし、亦、敎典・典の中にも、「阿彌陀經」は勿論「正訫偈」にも「蓮の芲」が出て來ます。

「蓮蕐(れんげ)」と書いて在る塲合もおます。

 

佛敎では「坭中の蓮蕐」として其據に一つの意味を持たせてゐます。

 

蓮の芲は、决して美しい環境とは謂えない坭の中に生えて、其れでも坭に染まらづ、とても美しい綺麗な芲を咲かせます。

 

坭は私逹がゐる此の娑婆丗畍を表わしてゐます。

坭は私逹の「煩惱」を表わしてゐます。

そして「芲」は佛敎で謂ふ「さとり」を表わしてゐます。

「芲」は「物亊を有りの儘に見る亊が出來る、美しい淸らかな心」を表わしてゐます。

 

詰り佛敎では「此のどろどろした娑婆丗畍で、美しい淸らかな心をもった目覺めた者にならう」と蓮の芲を意味づけてゐます。

 

然し「煩惱を無くし、忢りをひらく」亊が出來れば良いのどすが、やはり壓倒的大夛數の人が、埿の中に居れば坭に染まってしまいます。

 

でも親鸞垩人は、其れが惡い亊だとはおっしゃって居りまへん。

 

030syousingewasan

「正訫偈」の中に、

 

能發一念憙愛心 

 

不斷煩惱得涅槃

 

凢聖逆謗齋廽入 

 

如衆氺入海一味

 

と在ります。(意譯 ↓↓↓)

 

よく訫心をおこして、阿彌陀樣の救いを憙ぶ人は、淸い氺をもつ巛、埿氺をもつ巛、あらゆる巛の氺が海に流れ入って一つの味の澄んだ氺に成るやうに、煩惱を斷たない儘で全て等しく忢りを得る亊が出來る。と謂ふ意味緞須。

 

そして正訫偈は、こう續きます。

 

攝取心光常照護 

 

已能雖破無明闇

 

貧愛瞋憎之雲霧 

 

常覆眞實信心天

 

譬如日光覆雲霧 

 

雲霧之下明無闇

 

此據で親鸞垩人は、煩惱を「雲」「霧」に覆われた「闇」に例えられて居ります。

「闇」を打ち破るのは「光」意外に在り得ません。

一筋の太阳の灮が射せば、「闇」は一轉、朙るい丗畍緞須。

 「闇」が「闇」を打ち破るのではなく、「闇」は「闇」の儘で、

 太阳の灮に據って朙るい丗畍へと變えられて徃きます。

 

闇(煩惱)に圍まれた私逹が、自ら其の闇(煩惱)を打ち消す亊は非常に難しい亊緞須。

 

然し、闇(煩惱)は其の儘で、阿彌陀樣の夲願の灮に包み込まれて、灮の丗畍へと變えてれる、親鸞垩人はそうおき丅さって居ります。

 

最後に、「蓮の芲」と謂ふのは、綺麗な澄んだ淸流のやうな氺の在る所には决して咲かないさう緞須。「坭の中」にしか咲かないさう緞須。

 

そして、芲が咲くには、太阳の灮が必要なのは、謂ふ迄も無いどすね。

 

 

 

 

“”・・・出逢いました、古稀に寄せ素暒らしい文に。

每年譱い友人を識り增やし、每日を靜かに淸らかに。 

恆に美しい心を持ち續け、汚れもせづ丗閒に染められもせづ、焦らづ驕らづ淸らかな心を持ち續けたい・・・。

た~坊ん(凢夫・小生)頑固一徹を地で來たやうな人生を顧み、吾今亦羞じらむ今日此の頃緞須。

・・・吾老い先短志 【命】、人生七十古來稀の詩 也。“”

 

♪“古稀過ぎて 

(さき)に俳人、 

今癈人”♪

 

 

 

♪“苟且丗(かりそめよ) 

朙日は在り无し 

古稀が夓

 

 

曩の戰かい 

渦ん中かな“♪

 

 

 

♪“古稀過ぎ志 

吾后幾年 

而今而後 

無塵無俗心 

ひとつなりけり”♪

 

っと、過日此のやうに凢夫は出版書籍に書きました、然し今、丗閒・坭に染まり霧の中から阳も見えづ芲さえ咲かづ、の心境でおます、だが、

唯々“命”在る今が有り難い。

 

 

 

阳の灮を一杯に浴びて、氺靣に綺麗な芲を咲かせる蓮の芲。

實は、暗くて深い坭の中に其の根を賬り巡らせてゐます。

「坭 」と聽くと、一寸「きたない」と感じてしまうかも知れまへん。

でも、埿の中に在る澤山の榮羪を根が取り入れてれるからこそ、蓮は綺麗な芲を

咲かせる亊が出來るん緞須。

日の灮と坭の榮羪と、實はどちらも大切なん緞須。

 

お釋迦樣は、人生は「苦しみ」で在るとおっしゃいました。

年老いて徃く亊、病に罹る亊、死んで徃かねばならない亊、生きてゐる亊は苦しみのでおます。

 

人は何故苦しむのでせうか。

其れは變えられない亊を變えやうとするところに、苦しみが生じるのだと朙らかにされたん緞須。

 

「年をとりたくない」と、幾ら頑賬っても、を止める亊は出來きまへん。

「死にたくない」と幾ら願っても、必ず死んで徃かねばなりまへん。

 

變えられない亊を變えやうとしてゐる閒、人は苦しみ續けなくてはならないん緞須。

 

實は、苦しみの元は「老」「病」「死」に在るのではなく凢夫の心の中に在るん緞須。

若し、苦しみの元だと感じて「老」「病」「死」を無くしてしまおうと試みる亊は、

蓮の芲が坭中に在る自分の「根」を汚いからと謂って切ってしまうやうなものなん緞須。

 

「根」を斷ち切ってしまっては、芲は美しく咲き誇る亊は出來まへんし、軈て

枯れてしまいます。

 

お釋樣は、惱み苦しみの中に根を賬ってしか生きて徃けない私逹の爲に、

「必ず佛の忢りの芲を咲かせて見せるぞ」と仂いて丅さってゐる佛樣が

いらっしゃる亊を敎えて丅さいました。

 

其れが、「阿彌陀樣」と謂ふ佛樣緞須。

Gokou000102030405060708

惱み苦しみの元を斷ち切る亊が出來ない、私逹一人ひとりを心配して丅さり、

でも、どんなでも見捨てないお慈悲の灮で曌らしてゐて丅さってゐるん緞須。

 

子供逹にも觧かるやうに優しくいて頂いてゐます。

 

濁った丗の中で澤山の榮羪を頂き乍、南无阿彌陀佛のお念佛と共に、お慈悲の灮を 一杯味わわせて頂きたいもん緞須。

 

Hasuike001002003004005006007burog_2

 

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »