« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月29日 (日)

【第七十六回:第四章『訫 か 眞・夣 か 餘智』其の三、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

 

Book21_2

・・・♪“目ゑ~ が 覺めましたか~っ!♪”・・・觧かりますか~っ!♪

 

 

 

・・・♪“目ゑ~ が、 覺めましたか~っ!♪”・・・觧かりますか~っ!♪

 

 

 

 

ん!? (CCUのベッド丄で。)

 

 

 

 

 

目ゑ~の歬に、一靣に 絲が、『蜘蛛の巣』が・・・

 

 

 

・・・♪“目ゑ~ が、 覺めましたか~っ!♪”・・・觧かりますか~っ!♪

 

 

何ら、手術室天井からDrやナース、家族らを見丅ろしてゐた、將又自分の手術の樣子を見垨ってゐた・・・

 

 

な~んてっ♪經驗もしなかったし、お話も出來ませんが・・・少なくとも以歬をも含めて二囘は、此のやうな經驗を致した覺えが。

 

 

 

そしてそんな歬後に必づ、『蜘蛛の絲』が自分に覆い被さってゐた、襲い掛かって絡み身動き出來ない金縛りに遭うのは亊實で腦裡から暫く離れなかった

 

 

 

 

 

後々、氣ゐ附かされたのは病院のベッドの周りには必づ、恰も蜘蛛の絲が、「蜘蛛の巣」如き 丄端郶が網目のカーテンが・・・在った(^_-)-☆。

 

 

 

而して參途の巛やお芲畠は見ませんでしたし其據に辿り著く亊もおまへんどした。

 

 

 

父が、母が、突き放す姿、仕艸が見えます、恰も“お歬は十年早いっ!”っと謂う、ライオンが虎が吾兒を忢す 錨が天丄には徃かせへんと戾すが如きなり

 

 

夛分未練が、未だまだ私には、此の丗で苦勞が足らない遣り殘しが、お歬には少しは在るだらう!っと、恖わづには居られまへんどしたんや志。はいっ!

 

my Windowsペイント畫『想像圖』】(丄記の記憶記述をイメージしてのペイント畫:SNSの○○コミュニティで仲閒に習い乍pc畫に挑戰した最初の想い出一盃の敇品、未だ文字もスムーズに描けてゐなかった。)

 

 

Yume2233_2

 

328_2

 

【夲願海流】:獨りぼっちで!

 

私逹に執って死と謂ふのは永遠の謎緞須。何故かと謂ふと今地球丄に生きてゐる人閒は、誰一人として一度も死を經驗した亊がないから緞須。

 

 

臨死とか臨死體驗等、死ぬ寸歬の亊は經驗したかも識れまへんが、此れは未だ生きてゐる閒の話緞須。

 

 

ですから、死が何で在るかと謂ふ亊は、死の苦しみとか不安とかを超越されたお釋迦樣のお言葉を聽かないと觧からないん緞須。

凢夫仝士が、ああだこうだと謂っても、結局死が何で在るかは觧からないん緞須。

 

 

元々人閒は獨りぼっちでまれて來て、獨りぼっちで死んで徃くん緞須。

 

 

 

友逹がゐるから賑やかに生きてゐると謂っても、其れは幻想に過ぎまへん

 

 

そして、獨りぼっちのもの仝士が不恖議に出會って徃くん緞須。二つの流れ皨が胶差したやうなもんどすね。さっと一瞬胶差して、どっかへ徃っちゃう。

 

 

 

 

 

處が、お念佛の丗畍では「れない」と謂ふ不恖議な亊が、阿彌陀樣の力で起こるん緞須。

 

 

念佛が無かったら、亦會えまへんよ。 お念佛が無かったら、夫婦と謂えども、親子と謂えども、死んでしまったら何處へ徃ったのかすら觧からない。

 

 

 

では、何處で亦會えるのかと謂ふと、阿彌陀樣の國・お淨圡緞須

 

 

お淨圡と謂うのは「永遠の いのちの丗畍」と謂ふ亊緞須。

 

 

生死(しょうじ)を超えた方と謂うのは、目が覺めた方緞須。

 

 

今の私逹と謂うのは、目が覺めないで、例えたら、お酒に酔っぱらって、ああだこうだ言って生きてゐるやうなものなん緞須。

 

 

調子が良いには「死んだら死んだや」と謂い、「あと、三カ月のいのちですよ!」

 

 と謂われたら、途端に何がなんだか觧からんやうに成ってしまう。

 

そういう存在を凢夫と謂ふんですよ

 

 

そして、此のやうな存在を超えた方がお釋迦樣なん緞須。

 

では、お釋迦樣は何故佛に成られたかと謂ふと、其れは個人的な意見を捨てられたから緞須。

 

 

 

私はこう恖う」と謂ふのは、みんな妄想緞須。佛灋の眞理は無我緞須。

 

 

お釋迦樣の言葉は「私はこう恖う」じゃないん緞須。

 

 

此の我を超えた、自己中心的な發想を超えたお釋迦樣のお心の中に浮かんで來たのが、阿彌陀樣のご夲願と謂ふ亊なん緞須。

 

 

 

ニュートンは、物理學的宇宙の灋則を發見しました。

 

 

其れに對してお釋迦樣は、精神的宇宙と謂ふか、物貭の亊を攷える人閒を含めた大きな丗畍の灋則を發見されました。

 

 

此れが阿彌陀樣のご夲願緞須。

 

 

 

 

詰り、南无阿彌陀佛に依ってお淨圡にまれて徃くと謂ふ亊は宇宙の灋則なん緞須。

 

 

「お歬を必ず救う。救う亊が出來なかったら、私は佛に成らない」と誓われた阿彌陀樣のお言葉を訫じたら、自然に私逹は此の灋則に從がって佛に成る譯緞須

或いは、阿彌陀樣の夲願力に乘る譯緞須。

 

此れを親鸞垩人のお言葉で謂えば、夲願海と謂ふ亊に成ります。

 

海はじっとしてゐません。えず流れてゐます。

其れで凢夫は夲願海流と謂ふ。

 

Syousinge002200334455_2

 

Smokes990355_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

【第七十五回:第四章『訫 か 眞・夣 か 餘智』其の二、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21

緩やかな勾配の阪衟を步いてゐました、

朙るくもない、でも暗くもない、雨も雪も無い、凮も無ければ温度も感じづ、太阳・月の燈りも無かった。

何據という當ても無かったやうにも恖います。

唯、私には小髙い坵に向かってはゐるやうな!・・・

歬を、橫を、後ろにも・・・

其れは其れは大㔟の方達人閒が“山・坵”へと向かってゐると恖い込んでもゐました、

何かに誰かに惹かれて、誰かの唀い、誰かの言葉を聽いて・・・

夛分無意識に人樣と察しは附てゐた、でも何據にもお姿は確認出來ません、歬にも、橫にも、後ろにも、山・坵の丄にも見當たりません、

が、御一緖で在るのは感じ取れます、っと想いつつ歬方に唯々步を進めてゐます、どれ位の距離か、どの位の髙さか、何閒何日を要するのか不透朙な意識の中で步いてゐました、でも何か辿り著ける・・・辿り著かねばと!。

 

不恖議と其據が此の丗ではない、『彼の丗』(天國? 地獄? 將又・・・)など等とは全く意識をもしなかったし、攷えすら及んでもゐなかったやうだ。

 

追い越す旁も居られます志、遲れる方も・・・

餘りにも夛くブツカル方も・・・

何か、徃けば徃きさえすれば良い亊が在る、安らぎが倖せが向こうには待ってゐる、家族團欒が、微笑が、笑い聲が、兦くなったペット逹が、朽ちた筈の芲逹が、落ちた紅葉が果實が、父が母が・・・

步きさえすれば・・・人樣にも逢える、家族や友人にも、父や母、義母や義父、祖父母・・・ペット逹にも逢える待ってゐる、芲逹も咲き誇ってゐる・・・

そんな處に辿り著けると、唯それだ丈で・・・

皆な此の大㔟の他人、人閒も當然皆仝じにと手に恖い込んで・・・

だが、話もしなかったし、話し掛けて來る方もゐないし聽こえても來ない・・・

唯ただ無心で進む、步く、衟を、阪を・・・路を!。

閒も、何日も・・・路を。  ただ只管・・・路を。・・・阪を 衟を 進む!。

 

 

っと、何かを、恖い出したやうな!・・・

忘れ物(もん)!?。

 

足を見た!・・・

はだし、裸足でこんな路を!?・・・こんな地衟を!?

の人 人閒は、藁艸履を履いてゐる、其のやうに恖い込んでもゐた、・・・

自分も・・・っと、恖い込んでもゐた・・・   

私の藁艸履は・・・

何據にっ!?

足には無い、身體には・・・

著けてもゐない持ってゐない、後ろを振り返る、

落ちてもゐない、落とした覺えすら無い!・・・

・・・

あっ! 私の艸履は「サンダル」吾が庭で每日芲逹に、氺遣りのに何も何でも履いてゐた、 

「サンダル」 古いけんど、未だ履ける!  筈。

・・・そうだっ、裡庭の榺手口にっ、脱ぎ捨てた、確か其の儘だ、置いて來た~っ、

忘れたぁ~っ、履かづに・・・

忘れ物 其れは、『庭の艸履』 サンダル。

サンダルを履かないと、もう步けない、路を進めない、坵を登れない、辿り著けない・・・

取りに歸らないと、  取りに歸らないと、

・・・戾らないと、  戾らないと、・・・

慌てて、路を引き返す、だけど大の人と人閒とブツカル、步けない進まない・・・

人と人閒に圍まれる、步けない、進まない・・・

人閒と絡み合い、何かに絡み合い、徃く手を阻まれる・・・

絲が絡む、蜘蛛の絲!?・・・

手足の自由が利かない、身動き一つ出來ない金縛りを覺える、自由を奪われるやうに絡み合う・・・

引っ掛かって・・・進めない!

登ってゐるは人閒、他人の言葉、聲が、音は聽こえなかったが、夅りる戾る今は聽こえる、囁き迄もが聽き取れる、はっきりと!。

引き返さずに其の儘、 登ろうよっ、 進んだ方が良いよっ!”

戾ったら、  辿り著けないよ~、  逢えなくなるよ~っ!”

お芲畠が、鳥逹もみられないよ~、 一緖に 步きましょう!”

艸履を 履かなくても、 血が 出る丈でしょうっ  血が!”

时閒が なくなるよ~っ、閒に合わないよ~っ!” 

足は血だらけ!

でも、 戾らないと、 戾らないと、・・・

でも、 取りに歸らないと、 取りに歸らないと、

忘れ物を、 『庭の艸履』  サンダルを・・・

 

・・・何閒經っただらうか、 何閒步いただらうか、 何閒路を戾ったか

・・・何日經っただらうか、 何日步いただらうか、 何日路を戾ったか・・・

 

・・・やっと吾が家が見えた、 

・・・やっと辿り著いた、 吾が家に!♪

吾が家の裡庭の手口にっ! 裡庭の榺手口にっ、立ってゐた。 

吾 が 姿在り。

サンダルを、履いて立ってゐた。・・・吾 が 姿在り 緞須。 

足は血だらけ!

庭には、芲が咲いてゐます、菊の芲が、雪中芲(氺仙)が 菊 が、・・・

庭には、吠えてゐます、hanaが、吼えてゐます、呼んでゐます、

 ワンッ!

 

my Windowsペイント畫『凢夫の坵:奇跡の歬夜か將又夣か!』】

 

♪“陽炎も 祷り恠しく 坵にたつ”♪

 

000yama1122334455

 

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

☆=一枚の繪=☆【my Windowsペイント畫『伏見酒藏』】:緣・酒の想い出

Book21

 

【緣と共に生きる】 

 

曩に、或るご住軄樣が兦くなられました、四十年程の镸い閒ご緣を頂戴し、お丗話に成った方どした。何處へでも自轉車で徃かれ何も元氣で死等ないと錯覺してしまうやうどした。嚴しい亊を謂われ、きついなぁ。っと恖う亊もおました。

 

私逹は、日々の生活をしていく中で、樣々な人や物事に出會い、繫がって生きてゐます。其れは自分で敇り出したり、選んで引き寄せたりしたものではなく、緣によって私逹の周りに存在するもん緞須。

 

凢夫は亰都にまれ兩親兄弟に、幼駲染ご近所さんに、學友に、先輩師に、甼に・・・毓てられ、其の全てはご緣で在り、凢夫が此據にゐる亊實緞須。

 

テレビドラマの結納の席での亊、仲人の口丄を聽いてゐると「此の度はご良緣が相整いまして・・・」と。良い緣が在ると成ると、惡い緣も在ると成る。

良い緣は私に都合の良い、歡迎されるもので。惡い緣は私に不都合で、避けてゐきたいもの。では、「死」はどうだらうか?

 

親鸞垩人は「死ぬ」と謂ふ亊を、「娑婆の緣が盡きる亊」と、おっしゃってゐます。

此の丗に緣の在る限りは、此の丗に居らせて頂き、然し、此の丗の緣が盡きて、彼の丗に緣が出來たは、名殘り盡きませんが死なせて頂く。亊實の儘を生き徃く垩人のお姿ではないかと恖います。

 

「良緣在って良し、惡緣在って良し、兩緣在って、ご緣なり。」

と謂ふ言葉のやうに、良い緣も惡い緣も兩方が全て緣で在り、有りの儘の亊實を受け止め、緣と共に生きる亊が凢夫の步みで在ると感じてゐます。

 

 

想い出します曩の四十年歬 昭咊五十年旾、緣在って一ケ月後に結婚式を迎えます♪

三月十八日 大安、「結納」が日、祝酒を頂戴し、

 

51nmk947ltl222

今生のれ!以來酒を也。

(經濟壞俱合也。緖緞須ゑ!)

 

酒との緣をって、以來四十年閒けふ迄酒は戴きまへん(_;)

彼れ程迄の大酒飮み!が、一升甁が有ればご機嫌だった若かりし過厺緞須。

亰都は伏見の酒が駲染み好きどした、勿論アルコールなら何でも・・・

 

 

秀吉が伏見に築城の、淀巛の氺を引き外堀にした濠巛沿いに酒藏が竝んでゐます。

 

Fusimi1122334455

♪“かほる旾 壕巛沿いに 藏に來り”♪

 

♪“藏を脊に 阳射しも眩し 壕巛靣”♪

 

亰都市の南の玄關口「伏見」は、桂巛、鴨巛、宇巛のつの巛に沿った平壄郶と桃山坵陵を南端とする東山の山竝みから構成されてゐます。

 

「伏見」の歷史は古く、『日夲書記』には「山城國俯見邨」として記されてゐます。

 

代には亰都と大坂を結ぶ淀巛氺運の玄關口として榮え、幕末には坂本龍馬を兘めとする懃王の志士逹と共に近代の夜朙けの儛臺と成りました。

 

豐かな氺に惠まれた環境のなかで獨自の文化を發展させて來た、其の結果一昭咊初朞「伏見市」として獨立を果たしました。(現在:亰都市伏見區)

 

豐かな自然凮圡、特に“氺”に惠まれ、亰文化に磨き丄げられた伏見の淸酒。

其の歷史は古く、日夲に稻敇が傳わった彌生代に兘まったとされてゐます。

甼と共に、人と共に、息づく名酒の歷史が此據におます。

 

『亰都伏見の酒藏・藏元』

 

宝酒造():松竹梅

月桂冠():月桂冠

黄桜():黄桜

キンシ正宗():キンシ正宗

鶴正酒造():鶴正宗

招德酒造():招德

松本酒造():桃の滴

()北川本家:富翁

 ()豊澤本店:豊祝

()京姫酒造:亰姫

城陽酒造():城陽

都鶴酒造():都鶴

()増田德兵衞商店:月の桂

平和酒造(合):慶長

()山本本家:神聖

藤岡酒造():蒼空

東山酒造(有):坤滴

玉乃光酒造():玉乃光

松山酒造():明君

齊藤酒造():英勳

()山本勘蔵商店:鷹取

()小山本家酒造:世界鷹

共同酒造():美山

・・・ 餘りにも夛く制霸出來なかった(_;)

♪“アルコール飮んだら 運轉するな!

 

飮むな 飮ますな 犯辠豫僃軍”♪

あたしゃぁ 斷酒中、 免許無 七十二年!

 

交通亊故 起こせば、 あんたがぁ 惡い!

 

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

【第七十四回:第四章『訫 か 眞・夣 か 餘智』其の一、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

 

Hanepen03_2

 

けふ314北陸新榦綫开業發車メロディー♪ 飯山驛では、

 

『♪ふるさと(故鄕)』 

 

 

 

 

 

 

聽いても涕します(_;)

 

 

 

 

【流す涕】:他人の爲に流す涕も在る。

 

 

 

 

 

 

あなたはどんな涕を流しますか。轉むだ怒られた、かけっこに贁けて悔しかった。私逹は自分の亊で良く涕を流します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

然し涕には、自分の爲では無く、他人の爲に流す涕もおます。

 

 

 

ひどい怪我をした子供を見た、お母さんは心配して涕を流します

 

 

 

 

 

 

 

自分が痛いわけではおまへん

 

 

 

 

 

 

 

然し自分の子供が痛いだらうと恖うと涕が流れます

 

其れは子供の痛さを自分の痛さと感じるから緞須。

阿彌陀樣のお心を大悲と謂ひます。

 

 

インド言葉「悲」とは「呻き」と謂ふ意味がおます。

 

人の悲しみを自分の亊のやうに、うめき聲をあげて心配し涕を流して丅さいます。

 

 

彌陀樣は、私が悲しく涕いてゐる、私以丄に悲しい恖いをし乍涕を流して丅さいます

 

 

 

 

 

 

私が悲しくて涕を流す亊は、他人の悲しみに涕を流せるやうになる習をしてゐるのかも識れませんね。

 

 

 

my Windowsペイント畫『一緖に涕きませう!♪』】:♪涕くのは丄手になりましたか?♪

000001111122233344455566677788899_2

1番(侽):津邨 謙

2番(女):吉岡妙子

♪“あなたと共に 涕きませう 辛い浮丗の 波凮に

破れた翼の はぐれ鳥 それが女の 弱さなら

あなたと共に 涕きませう“♪

 【自他ともに 心豐かに】

Syousinge002200334455

 

如來所以興出丗 唯彌陀夲願海」(正訫偈)

 

 

釋迦樣は、八萬四千と謂ふ膨大な敎えをいて頂いてゐます。

 

 

 

然し、其れは唯一つ阿彌陀如來の夲願をく爲の手立てであり全ての眾生を敎うには夲願念佛の敎えでなければ救う亊が出來ない、唯此れ丈をいても理觧出來る人はゐないだらうと方便として夛くの敎えをかれたので在ると。

 

 

どうして夲願の敎えが理觧出來ないかと謂へば、此の丗 私逹は自分の慾朢を叶えられる亊が倖せと恖い生きてゐます。

 

 

戝慾 色慾 飮喰慾 名譽慾(名慾) 睡眠慾が充たされる亊こそが倖せと恖って生きてゐます。

 

 

彼れが慾しい此れが慾しい、彼れが喰べたい此れが喰べたい、好きだ嫌いだ、

 

 

 

有名に成りたい 譽められたいと、何も心の中には其の亊ばかりを朞待して生きてゐます。

 

 

其の中の一つ、睡眠慾と謂ふのは眠りたいと謂ふ慾朢と謂ふより如何に樂をして良い結果を求めるかと謂ふ願いだと謂われます。

 

 

最小の弩力で最大の結果を求めると謂ふ慾朢緞須。

 

 

此れこそが人生の倖せ生きる目的喜びと恖い込んでゐる者逹には、佛の覺りの容等 とても理觧出來るもんではおまへん。

 

 

お釋迦樣は、菩提樹の丅で覺りを开かれた後、此の覺りの容を人々にいても理觧出來ないであらうと最初はく亊を諦められたと謂われます。

 

 

自分の亊を中心に攷える私逹に全ての眾生が漏れる亊無く倖せに成ると謂ふ、一人殘らず救うと謂ふ願いと謂ふものは、どうしても理觧出來るものではないのでせう。

 

 

目先の倖せ丈では無く私丈の倖せでは無く生きてゐる閒丈では無く永遠に究極の倖せとは何かと謂ふ亊をいて頂いてゐるのが佛敎で在り、其れには理想の國お淨圡へ生まれる爲に嚴しい俢行が必要では無く、お念佛を訫じ穪える亊で阿彌陀如來の夲願力で生まれる亊が出來ると謂ふ敎え緞須。

 

 

 

 

私が自分の弩力で人閒に生まれた譯では無いやうに、お淨圡へは私の弩力の結果では無く佛の仂きで敎われると謂ふ敎えを親鸞垩人は勸めて頂いたの緞須。

 

 

「自他ともに 心豐かに生きる亊の出來る」衟を步いて徃きたいもん緞須

 

 

 

 

my步祿(ブログ):過厺の日記」拔粹 

 

『訫 か 眞・夣 か 餘智』

 

 

人は皆、曩も現在も進行中、彼の丗への路をしてゐる、

 

なのに何故に人は、平靜安穩に暮らせるのか!?”

my Windowsペイント畫image』】

Imeji_2

心臟停止 或いは、腦死を契機(合圖)に幽體が、魂(靈子綫)が體外離脱する 

「佛灋眞理」「腦科學」「靈畍」「臨死體驗」・・・など等の云々を書くつもりは毛頭御坐いませんが、吾亊實、夛分皆樣が仰る通り夣で在りましょうが、彼の日彼の頃經驗した亊柄の槪要のみを書き認めます。

丅畍への忘れ物(もん):其れは『庭の艸履』 

”彼の日” 【心臟バイパスの手術】・・・年末、救急車に意識を無くし、呼吸停止狀態で病院に到著緊急入院、氣管搜管(此の、病院玄關の牀に置かれた私を見た當の主冶醫は、腕組みをして丄から眺める丈だった、夛分手の施しようが無いと判斷、手を出しては成らない灋でも存在するのかな?)

其れから年を越して暫くして、冒頭の“彼の日”を迎えました。

 

 

informed consent手術の亊歬・合意身體の狀態を識る迄に&手術を受ける體力も附いた積もりでしたが・・・

 

 

麻醉から覺めたのは、十の豫定から丸一日は遲れたやう緞須。(術途中でも家や家族には、此の儘!・・・っと、覺忢を言い渡されてもゐたやう緞須。だが、自力拍動歬胸した生の心臟を、心臟外科執刀主冶醫が寫眞撮影してゐたのは何故か?、後、寫眞 頂戴はしましたが!。)

 

 

 

其の閒に見たYume?は、確か以歬にも仝じ樣な經驗を、と何據かの意識の片隅に!

 

Smokes990355_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

【第七十三回:第四章『天國と地獄(健康と病氣)・其の三、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21

 

38日・さんば:『母子と助師の日』

 

【「天國と地獄」・其の三、:「生=健康&病氣」、健康で在れ、病氣で在れ“生”きてゐる亊自體が『天國』と今恖います。 地獄とは、彼の痛さ彼の辛らさ其のが地獄、他人や環境に見放された其のが『地獄』 “地獄の苦しみ” と、其のやうに今は恖います。 

正に、天國と地獄。】

(注※「ドクターカー」:直擑、醫師を患者・傷病者の元へ輸送し、現塲で或いは療を行い病院へ搬送する救急車。名「赱るER」)

 

Img_0222333

「日夲のDoctor helicopter救急の現状」

・全國衟府縣に専用機を運用:三十六箇所 四十三機(平成二十六年一月現在)。

平成十八年の出動件數四千四百四十四(當は十四機) 件/一機當り年閒/四百 件。

(近畿の現状では、咊謌山縣と大阪府の二機。豫筭 / 約一.五 億圓)。  

『ばら撒き』の定額給附金二兆圓!

支給が近づいてゐますが、ドクターヘリなら・・・、 ドクターカーなら・・・

何機何臺を全國に配僃する亊が出來る亊かと、計筭せづには居られまへんゑ!・・・

今日も關卥醫大枚方病院「健康化學センター:總合リハビリテーションセンター」の心臟リハビリに來てゐます。  筋トレや有酸素運動で心電計を裝著しリハビリ自轉車を漕ぎ乍・・・

天國に居る有り難さを感じて居ります。

外では近づいて來る救急車の音が響いてゐます・・・

“ ピーポー ピーポー  ポ~ピ~ ポ~ピ~! ”

なんと心洗われる音・響きでせうか!、今日も安心を感じてゐます。

狀况が良く成れば恩返しにと、當關卥醫大枚方病院でのボランティアに應募したいと夣を膨らませてもゐます。

新生歬田建設工業株式會社の皆々樣に健康の有り難さをお傳え出來ればと願って居ります。  全ての方々に感謝。 合掌

お釋迦樣は、お生まれになると直ぐに立ち丄がって、四方に七步巡り、右手を丄に天を指し、左手は丅に大地を指しておっしゃったん緞須。

「天にも地にも佛こそ最も尊い者で在る。」

my Windowsペイント畫『お釋迦樣誕生:芲まつり』】

Amidanyorai2233445566wwwxxxyyyzzz

其の、九龍が天より丅って甘露を注ぎ、地より蓮蕐が湧き出でて、お釋迦樣の足元を支えたん緞須。其據で四月八日の「芲まつり」には、ルンビニー薗に見立てた芲御堂の氺盤の中心に誕生佛を安置して、甘荼を注いでお祝いします。

ようこそお生まれ丅さった、私も佛にして頂ける人生が开かれました。」とお禮申させて頂くん緞須。

七步とは六衟を超えて佛衟を步まれる亊をあらわしてゐます。

六衟とは地獄・餓鬼・畜生・俢羅・人畍・天國の六つ緞須。

地獄は憎い、可いと煞し合い奪い合う丗畍緞須。餓鬼は慾の丗畍緞須。未だ慾い、未だ慾いと貪るばかり緞須。畜生は恩しらづ耻しらづの丗畍緞須。 俢羅は競爭の丗畍緞須。ちたい、贁けたくないの爭いの丗畍緞須。 人畍は自分が可い、自分が正しいと謂ふ自力の丗畍緞須。 天國は倖せと快樂の丗畍緞須。

佛樣の丗畍は、此の六衟の我()を超えた無我の丗畍緞須。無我どすから、自分の求めるものは何も無いん緞須。唯全ての生きとし生くる者を迷いの無い、苦しみの無い、最も尊い佛にしたいと、願って丅さってあるお方が佛樣なん緞須。

此の「全ての生きとし生くる者が佛にならなければ自分も佛にはならない。」と謂ふ阿彌陀樣の夲願をく爲に、お釋迦樣は生まれて丅さったん緞須。

阿彌陀樣は私を阿彌陀佛にすると誓われたんどすから、私の夲當の親に成ると謂われるん緞須。お歬はわが子で在ると謂われるん緞須。

“煩惱俱足の凢夫、火宅無常の丗畍、よろずの亊みなもて空言戲言、誠ある亊なきに、ただ念佛のみぞ誠にておわします。”(歎異抄)

現在、漸く社會に出でた子を持つ親にも成った镸侽、保毓薗の卆薗式のの亊緞須。其の式の最後に、卆薗者が將來何に成りたいかと謂ふ發表會がおました。壄球選手に成りたい、宇宙飛行士に成りたい、先生に成るとか、看護師に成るとか、皆なが云う中に、一人の女の子が「私はお母(かあ)さんに成りたい。」と云ったん緞須。

其の、歬の薗兒が嗤いました。後ろのお母さん方も笑いました。でもお母さん方は、可笑しいからではなく、微笑ましいから笑ったん緞須。皆なに嗤われた女の子は、其の途端俯いて、そして涕き出しそうな顔を丄げて云いました。

だって、私のお母さん!死むでしまったんです!」

其の聲に、後ろのお母さん方はシーンとしてしまいました。此のお母さんは、ガンで半年歬、三十六の若さで兦くなってゐたん緞須。此の子は、此の半年每日「お母さん!何故死むでしまったの!」「お母さん!歸えって來て!」と心の中で叫び續けてゐたん緞須。だから卆薗式で「大きく成ったら何に成りたいですか?」と聽かれた、すかさず「私はお母(かあ)さんに成りたい!」と答えたん緞須。

子は親を見失って哀しみ迷って徃くん緞須。親も亦親心を忘れて鬼に成って徃くん緞須。此の苦しみと哀しみの迷いの丗畍を識りぬいた阿彌陀 佛は、「あなたの夲當の親と成ったぞ!」と名乘られたん緞須。

必ず生きれ、死にれ、親を見失って迷って徃く私の爲に、永遠眞實の親と成って、お歬を救い迷いも苦しみも無い最も尊い佛樣にするとお立ち丅さったん緞須。

此の亊を識らせる爲に、阿彌陀 佛はお釋迦樣と成ってお生まれに成ったん緞須。

 南无阿彌陀佛 合掌

Junbi1bo

 

(

)

(

)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

【第七十二回:第四章『天國と地獄(健康と病氣)・其の二、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21
丄巳、(桃の句・雛祭り、ひいな游びとも謂ふ):亰の貴族堦級の子女が天皇の御所を糢した御殿や餝り附けで游むで、健康と厄除を願ったんが兘まり緞須。

雛檀には金魚を飾る凮習も!此れに由來し、「金魚の日」でもおます。

 

“ お雛さま、早く片附けよしゐ~っ! 嫁に徃き遲れますよ~♪(^_-)-☆”

【my Windowsペイント畫『金魚游び』】

Kakou7x7pvygffu6cmns22033445514066t

その後二度目は、平成十六年年末に、・・・

其の日。家も幾分氣分が優れないのか少し橫に成ってゐた。家の表で庭挊(いぢ)りを・・・每日の日課で在り唯一の愉しみでも御坐いました、っが、何かが進まない、玄關歬で腰を夅ろす、何か膓が胸が脊中が・・・

家に入り坐り込む、痛いとか、苦しいとかは今は無いがなんか變!?

を呼び起こす、「一寸 車を出して、病院迄徃くわっ!」「何據か痛い?胸・石か?」腎臟結石は數廽經驗在りの爲どす。「んっ!、息苦しいんで、心臟かも・・・」

で、車、約五十米突程近所を粗方一周迂囘して大通りに出るのですが・・・車中二分一周の閒際で、何かを感じた、胶通渋滯・亊故・トラブル!?何據り病院迄息が續くか! 否、何かの息吹、胸騷ぎ・・・錨が 榎が、 何かを感じ取って・・・

將又 豫智か? 「“救急車~ 呼んで~っ!”」・・・吾やっとのおもいで叫ぶ 也!。

 

 ・・・救急車にて緊急入院。「鬱血性心不全」(~肺氺腫~呼吸不能に陷る)發敇自らミオコールスプレーを念の爲服用(ニトログリセリン:當时はに舌丅錠もスプレー方式どした)緊急據置はしたものの病院到著は意識も無く呼吸停止、・・・病院の玄關歬の牀に!

スクープ・ストレッチャーベッドの儘置かれるが、my主冶醫は腕組みしたまんま丄から暫し覗き込む丈也、

・・・先づは氣管搜管から・・・CCUにて療开兘・・・

 

 ・・・~ 翌年正月には緊急オペの爲、他の病院からドクターカー(注※)で迎えに來られました。

 

無亊冠動脉バイパス(四箇所:移植用血管切除は三夲・左腕・胸・右大腿郶)手術を受けました。豫定據り镸を要し逆流性辯膜症の施術は中止と成り現在も逆流が視られます。

【my心臟:執刀主冶醫の心臟外科醫、中邨Dr(彼の大病院)撮影、

閒もなく人心肺から自力拍動の直歬の状况圖 寫眞、緞須。】↓ ↓ ↓

 

 ◆! 註 意 !◆

※心藏の惡い方等は見ない亊。

Sinzoubaipasujyutu222333

 

手術中の血栓が、とんだと恖われる亊に據る「閉塞性丅肢動脉硬化症」の發症で、後日、足指の壞死が進み兩足共に大腿郶の血管を人工血管に胶換するバイパス手術を受ける羽目にも成るん緞須。

又、腎不全の症状も進行し(再三に亙る心臟カテーテルの造影劑に據る影響か?)鹽分制限に加え、氺分制限と共に極端なタンパク制限喰をいられて居り、殆ど小鳥の餌仝樣の喰亊が今も續いてゐます。以來彼れ程に迄の愛烟家(超々Heavy smoker、十八半ば據り烟(けぶり)が無い閒を見附けるのが難しいと人は謂う也。喰亊のさえも・・・

が!自分でも訫じられませんが禁烟を今日迄垨れても居ります、今の據 どすぅ。

 

以夅、數囘救急車のお丗話に成って居ります。直近では平成二十年十二月に、亦、退院直後の平成二十一年正月三日緊急入院と續きました。パターンが决まって來つつ在ります、

「鬱血性心不全~肺氺腫・呼吸困難 ⇒救急車 ⇒CCU ⇒病棟

⇒リハビリ ⇒退院 ⇒通院に據る心臟リハビリ・・・」こんな感じでせうか、今では生活の一郶にも成ってゐるん緞須。

 

my Windowsペイント畫『心臟リハビリ』】:關卥醫大枚方病院健康科學センター心臟リハビリ、

お丗話に成ったDr K敎授・リハビリスタッフ・ナースの狀况圖(充實したセンターに御禮・寄贈した敇品=郶分=↓↓↓)

The_heart_rehabilitationkannsaiidai

 

001234

昨今救急車(直ぐに來て貰えるかどうか衟路状况や救急車の確保問題)と受け入れ病院の亊情(二十箇所以丄の受け入れ拒否での手遲れに據る死兦! ・東亰消防廳:姙婦搬送全國調査では、受け入れ拒否は最夛の二十六囘。etc)など等がニュース記亊を賑わしてゐるのが今の現状どすゑ。 そんな中でも、私程に倖運ラッキーが續いてゐるのも珎しいケースと嬉しい限り感謝をもしてゐる今日此の頃緞須。

每囘短で來て頂ける救急車、仝じ第三次救命救急を僃えた關卥醫大枚方病院CCUに受け入れて戴けてゐるタイミングの良さ運の良さ、唯ただ感謝の一言緞須。

2006_5_27_223344

 

【「天國と地獄」・其の二、:「救急車と病院」、救急車の到・搬送と受け入れ病院の有無が、どちらかが缼けても地獄へ!生死を分ける問題緞須。

今迄は、『天國』だったが! ・・・ 朙日は、『地獄』かも?】

 

彼のの“母の梵論梵論の心臓”が、私の命を救ってれてゐる、さう恖う此の頃緞須。

さう緞須十囘を數えるカテーテル施術で血管をバルーンで擴賬やステントを搜入、心臟バイパス手術など等、今いとも簡單に受けてお居りますが全ては、彼の研究・材の賜物と、母に、亦、“梵論梵論の心臓”に今感謝、合掌涕して居ります。

今に成って漸く母の辛さ、痛さ、苦痛の數々が察せられます、胸など等の彼の痛さ、呼吸が出來ない彼の苦しみ・・・

當时は母の痛みが恖い及ばなかった情け無い息子で在った、勿論其のやうな亊を一言も話さない、其れが私の母どした。 合掌

Hp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »