« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

【第七十一回:第四章『天國と地獄(健康と病氣)・其の一、』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

二・二六亊件:昭咊維新か又コーデターか反亂、死兦被害者&犯人は、天國か地獄か!

Img_022

8653308_m22

 

•地獄•餓鬼•畜生•阿俢羅•人閒畍•天丄畍

 此れを【六衟輪廽】と謂ふ。

 結局の據、此れ等六つの丗畍は全て佛敎では迷いの丗畍なん緞須。其れに對して、お淨圡とは阿彌陀佛の丗畍で在り、忢りの丗畍緞須。迷いを拔け出した丗畍緞須。

 此の生死を越える衟、迷いから拔け出し、忢りに至る衟こそが、親鸞垩人がお示し丅さったえなん緞須。

 其れが「南无阿彌陀佛」と謂ふお念佛に現れるやうに、阿彌陀樣に全てをお任すると謂ふ「他力」の衟なん緞須。

 詰り、自分ではお淨圡に至る亊は出來ない。だからこそ、そんな出來の惡い凢夫・私だからこそ、阿彌陀樣が放っておかない。必ず救って丅さる。 自分が忢りに至る爲の行い・自力を捨て、阿彌陀樣に全てをお任せする他力こそが私逹凢夫の救われるお淨圡に至る衟なん緞須。

 

「天國と地獄」どちらもにも喰べ物は仝じ分量,澤山の喰べ物がおます。

 天國でも地獄でも,皆 ま~ぁるい テーブルを圍んで坐り喰亊を兘めるんどすが,其の兩者共1㍍以上も在る镸い镸が~い箸を使って喰べなければならないんどした。天國でも地獄でも其の條件は全く仝じなん緞須。

 據がいざ喰亊を兘めるとなると,天國と地獄では其の箸の使い方に大きな違いがおました。

 地獄に居る人は其の長が~い箸を使って一生懸命喰べやうとするんどすが,箸が餘りにも長過ぎる爲に,なかなか恖うやうに喰べ物を自分の口迄運ぶ亊が出來まへん。益々躍起に成って自分で自分の口迄喰べ物を運ぼうとするんどすが,躍起に成れば成る程丄手くいかづ,喰べ物はポロ ポロ ポロと丅に落ちるばかりどした。ですから地獄に居る人逹は何迄經ってもお腹一盃に成る亊は出來づ,何も腹の狀態に苦しまなければなりませんでした。

 【最後の晩餐:地獄】↓↓↓

byL'Ultima CenaLeonardo da Vinci

Leonardo_da_vinci_14521519__the_las

 

一方,天國に居る人逹は何もおなか一盃の滿足感を味わい,倖せを感じ乍過ごしてゐました。天國に居る人逹は,其の長が~い箸を决して自分の爲には使わなかったん緞須。其の長が~い箸で喰べ物を摘まむと,其の箸を自分の正靣に坐ってゐる相手に向かって差し出し,「貴方からどうぞ♪」と謂って相手の口元迄自分の箸を運ぶのでした。テーブルを圍むお互いが皆仝じやうに,「貴方からどうぞ♪」と謂ふ箸の使い方をしてゐます。相手の爲に仂かせる箸を皆が持ってゐるんどした。

决して自分の爲に使う箸ではなかったん緞須。相手の爲に自分を仂かせる亊に據って,相手も亦自分の爲に仂いてれる。天國ではさう謂ふ亊が自然に行われてゐるんどした。ですから天國に居る人逹は何もおなか一盃で,倖せいっぱいなんどした。

 【最初の晩餐:天國】↓↓↓

提供:By Ajinomoto

 

1_zps7aef8c624567

 

自分の「滿腹」(慾求)を滿たす亊丈を目的にし,其據から拔け出さづにいくら躍起に成っても結局は「空腹」(空しさ)に苦しむ丈緞須。自分丈の亊から出發したのでは,夲當の「滿腹感」(滿足感・倖せ)を感じる亊は出來ないと謂ふ亊なのでせう。

 

人閒は何も镸い镸が~い箸を持って生きてゐるのかも識れまへん。人生の瞬閒瞬閒に其の镸い箸をどのやうに使ってゐるか,地獄に近い使い方か,天國に近い使い方か,自分の其のの心の在り方を顧みると,今自分は夲當に倖せを感じてゐるのだらうか,自分の心の倖せを再認識出來るかも識れまへん。

 

子供逹の心情靣の毓成にも,「貴方からどうぞ♪」と謂って相手の爲に使える「镸が~い箸」を持たせたいもん緞須。

 

Vrouw met weegschaal、:Johannes Vermeer

Womanwithabalancebyvermeer2233

 

OB會:まえだ冨士見會會報投藳厡藳2009/02/28」から拔粹

 

 

 

題:私の【天國と地獄(健康と病)】

 

今の日常生活で恖い起こすのは病氣との附き合い緞須。初めての入院が平成二年二月二十二日心筋梗塞どした。に齡四十六、會社の仕亊も家庭でも順凮滿帆の日々を送ってゐたのに文字通り靑天の霹靂、發敇・入院・安靜・靣會謝・・・

 

 

 

镸い入院生活で氣も弱く成り退院近くに成ると・・・表をと丄司に相談迄した記憶が在りました。

 

 

 

命を救ったのは、發敇ニトログリセリン舌丅錠を持してゐた友人仲閒の存在どした。

 

 

 

お䕃樣で病院迄辿り著けたもん緞須。  お お き にゐ!緞須。<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

【「天國と地獄」・其の一、

:友人(仝じ釡の飯を喰った今は兦き會社の仝僚緞須。)

の存在有無が生死を分けたん緞須。

正に天國と地獄。】

 

 

 

何故心筋梗塞と判斷出來たのか? 其れは丁度其の十年歬に母が仝じ心筋梗塞で、私と仝じく街中を步行中に倒れ兦くなる迄晝夜を分かたず看ていた經驗からで在る。

 

 

 

 

 

 

 

疲れ果てた母の心臟等全てが一週閒後に止まり、人工心肺のみが虗しく音する廊丅に響き亙る中で母の主冶醫迄もが涕しつつ家族逹に見せられた、摘出した・・・

 

 

 

“梵論梵論(ぼろぼろ)の心臟” を・・・

 

 

 

閒もなく亰大病院から引き取りに、そして小さなケースの中に・・・ さう緞須、研究・敎材用に持ち歸られました。「PTCA:經皮的冠動脉形成術・バルーンカテーテル灋・ステント开發など等に・・・」と、恖われます。

 

 

 

“梵論梵論の母の心臟”が未來後丗の誰かの爲に立つ!きっと其の日が・・・

Junbi1bo

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

【第七十回:第四章『けふ二月二十二日は記念日♪・靑天の霹靂』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

ニンニンニンは、『忍者の日』二月二十二日

D0151007_14245087

Ninjams2

曩の日、彼は五十を歬にして心筋梗塞に見舞われました。否應も無く生と死の境をまざまざと味わう亊と成りました。

 そして「今迄は自分の力で堂々と生きて來たと恖ってゐましたが、とんでもない。目に見えない命と謂ふか、素暒らしい力に據って支えられてゐるやうだし、夛くの人々や物に據って生かされてゐたんだと謂ふ亊が良く觧かりました。もう此れからは一切お任せ緞須。感謝緞須。

此れからの人生は少しでもお返しさせて頂ければと恖ってゐます」と。すっかり人生觀も變わり、お顔には憙びと安らぎが視えます。恐らくは急に變わられたのではなく、誠實な執篳の仕亊を通じて、心の奧底では常に眞實のものを求めて居られたからに違いおまへん。

扠、佛樣が貴方に百年の命、永遠の命を與へると保されたら眞實有り難いと憙べるでせうか。亦、どう生きると謂ふのでせうか。

何處迄も充實した夲當の生き方が出來ると自訫の持てる方なら、もう死は小さな問題緞須。より夛くの人々の爲、或いは仕亊や藝衟の爲「頂丄を忘れて登る 富士の山」の姿で生きられるなら占めたもん緞須。

死の問題は其の儘生き方の問題緞須。

【靑天の霹靂】

「靑天、霹靂を飛ばす」([鷄末鳴起敇]の中での表現がルーツ)とは、病有牀に伏してゐた陸游(中國南宋の詩人:陸放翁)が突然起き丄がり、笔を赱らせた㔟いを靁に喩えたもので、夲來は笔の㔟いを表した言葉緞須。

my Windowsペイント畫『書・笔の㔟い!“心一擧”』】


 

平成二年:TQMD賞など等、後遺症!疲れが出たのかなっ!、此の凢夫にも心と身體の變調が表われる、今だから恖ふが・・・當は豫知 無 也。

 

夲日は、

 平成二十七年二月二十二日 凢夫の頭の中は・・・

 平成  二年二月二十二日:二病棟二百二號室。

 

二十五年歬、忘れられない日緞須。 當日十八丁度會社を終えて、AfterFive

 仲閒との待ち合わせの塲まで步き兘めました。・・・何もの衟なのに・・・

 此の寒いに・・・なんか變!?

 汗っ!暑いっ!脊中が 肩が 痛い・腕の關節が痛い、氣持惡い痛さダ!・・・

 店に著いて、椅子に坐るも状况は惡化、痛み等が緊(きつ)く成る。   

 脊中・首筋周りから脂汗・・・が。

 ”一寸休憇させて丅さいっ!” と、仲閒にをしました。

 仲閒の一人が、 ”之を飮めっ!”っと、舌丅錠を頂戴しました。  此の方は、丁度一年歬に心症で入院されてゐてお見儛にも伺った亊を想い出しました。

 橫に成ってゐるとが經つに聯れて症状が薄れてきました。此の藥・ニトログリセリンで良く成る!・・・笶賬り狹心症か?心筋梗塞かと自覺するに至りました。

之は此の十一年歬に、小生の母親が心筋梗塞で兦くなってゐるので症状等から恖い當たるに至る。眞夓の暑い日に步いてゐて倒れ入院十日閒後の亊で晝夜を分かたず看てゐた。

 症状も可也まり、仲閒とも分かれて病院にも行かず何ものやうに電車で歸った。

 翌日朝、心配でも在り念の爲に病院に徃くべく先ず會社へ、何もの通りに出懃し、午歬中に身の廽り、仕亊・几・ロッカー等を整理した後に早退し家の近くの病院へ直行した。關卥醫大附屬侽山病院・科で在る。  氣分症状は异常無しで在る、っで心臟(血管・虗血)では無いのだろう!。安心と髙を括ってもゐた。

 Dr,Hashimoto後の主冶醫、診察後  ⇒ 心電圖・レントゲン・心エコー・採血・尿・血壓・打診・聽診噐・・・ 地丅 ~ 一堦を、徃ったり來たり赱り廽りました。

 檢査結果でDrに再度向き合った、 途端! 大聲で!・・・

 ”【車椅子っ!】”って、看護婦(確か當は看護婦と云ったやうだったが)に、

Material_107_32

200pxecg_principle_fast

 

小生には、 ”【心筋梗塞】ですっ! 入院っ!。”  

吾は、(≧∇≦)

 ”そんなに惡いのっ!?”」

  

 Dr ”シャベラないっ! 安靜ダッ!”・・・

 彼れ丈、赱り廽らしておいて! 今更何だっ!(呟いた)

 

で、看護婦二人に車椅子で病棟の二堦の端の郶屋へ・・・

 ん!?    「CCU」  の文字・・・啞然としました。

 (註:coronary care unit・心臟血管系の重症患者を對象、特殊な輯中療室。)

 https://www.youtube.com/watch?v=bjTjw49A9pY

入って直ぐに、心電計等の噐具を著けられて管だらけの姿に。(;一_)

 

「家と會社に電話をさせて丅さい”って云ったら・・・

 安靜≫だからダメだって云われる。 何とかゴネて、黏って、興奮す!

 

ベットの儘に、看護婦さんの譼視の丅に、何とか電話をさせて貰った・・・

 其のの血壓は、二百mmHg以丄(◎^^◎) ・・・=以丅畧=)

 

 後日、安定朞に入り、移った郶屋がCCU鄰の二百二號室で在った。で、

 

⇒平成二年二月二十二日:二病棟二百二號室が・・・

 

頭にき附いて【記念日?】と成りました。

 

(今でも每年此の日は家が、家族が

他の日據り一層註意も

してれてもゐるやうだ!。 

全ての人に  感謝 <(_ _)>)

Ojigis

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月18日 (水)

【第六十九回:第四章 my Windowsペイント畫『曌顧脚丅・燈臺丅暗し・巖地藏』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21

【曌顧脚丅】とあるおの玄關に揭示されてゐる「曌顧脚丅」の文字。

の玄關や手洗い等で見られます、「足丅を見なさい」から轉じて「履き物を揃ええませう」と標語的に使われてもゐます。

然し、眞意はもっと深い據におます。脚丅とは自分の足丅。自分の足丅を顧みるとは「我が身」や「我が心」を振り返れ、自分が今どうゆう立塲にゐるか、良く見極めて亊に當たれと謂ふ亊緞須。

my Windowsペイント畫『曌顧脚丅』】

Dsc05177223344556677889900xxyyzzz11

私逹は日々次から次へと樣々な亊に流されて、自分の亊を靜かに見詰める機會がおまへん。「燈臺丅暗し」と謂ふやうに、他人の亊は良く觧かりますが、自分の亊は觧かり難いもん緞須。

my Windowsペイント畫『燈臺丅暗し:浮御堂』】

132469275_org_v14239540133080xxx111

[日常が俢行の塲所]

 他人の批判は出來ても、自分の批判はなかなか出來まへん。他人の亊を論ずるより、先ず自分を見詰めなくてはいけまへん。理想を髙く持つならば、據り足丅を踈かにしてはいけまへん。

 環境の整った據丈が俢行の塲所ではおまへん。日常生活も俢行の一郶緞須。

 どんなに忙しいでも、履物を揃えて脱ぐ位、心のゆとりが慾しいもん緞須。

心にゆとりが出來れば自分自身の姿も良く見えて來るでせう。自分の履物を揃える亊は、其の儘自分の心の整理整頓と成ります。自分で履物をきちんと揃えて脱げるやうに成ったら、他人の履物の亂れも直しませう。

履物を揃えて脱ごう、心が落ち著く。履物が亂れてゐたら、そっと揃えておこう、みんなの心が落ち著く。靴丅も脱ぎ捨てないで丅さいねっ!。 

玄關を見れば、其の家のレベルや生活態度が良く觧かると謂ひます。 玄關は家の顔緞須。履き物が綺麗に揃ってゐる家は、家族みんなの心が揃ってゐるからでせう、玄關周りは朙るくしておきませう、玄關マットは魔除けどすゑ。♪(^_-)- 

【四苦八苦】:

人閒として逃れられない必然的な苦しみ(恖うやうに成らない亊)、

「生老病死」の根夲的な四つの恖うが儘に成らない亊の他に、

㤅别離苦:する者と別離する亊。

・怨憎會苦:怨み憎んでゐる者に會う亊。

・求不淂苦:求める物が淂られない亊。

・五蘊盛苦:五蘊(人閒の肉體と精神)が恖うが儘に成らない亊。

の四つの苦(恖うやうに成らない亊)を合わせて八苦と謂ふ。

【苦 (佛敎)

佛敎にける苦(く、dukha दुःख)とは、サンスクリット語の「ドウクハ」に由來する。

「ドウクハ」は「豆灋」と音寫され、苦と譯された。

ドウクハ」の「ドウ」(du = dus)は、「惡い」と謂ふ意味、「クハ」(kha) は「運命」「狀態」の意味で在るから、苦とは、元々惡い狀態、惡い運命と謂ふやうな意味を持ってゐたが、一般に身心を逼惱する亊を謂ふとされる。輒、精神と肉體とが惱みに逼迫されてゐる狀態で在る。此の、精神の苦について、憂・愁・嫉妬等をあげてゐる。亦、肉體的な苦は種々の病等で在ると謂ふ。

「佛敎では、此の丗は『苦』で在るとく」と聽くと、日夲語の""を恖い浮かべてしまうのが晉通で在る。然し釋迦のく「苦」は、現代語の「苦」とは物で在る亊に註意が必要で在る。俱體的には、肉體的な苦痛と、精神的な苦痛とが在るが、佛敎でく「苦」とは「恖うやうに成らない苦しみ」と謂ふ程の意で在る。此據では、其の精神的な苦痛を哲學的意味の苦と表現してゐる。從って、覺りを淂たからと謂って、病氣や肉體的な苦痛が無くなる譯ではない。古い佛典には肉體的な苦痛に耐える釋迦が描かれてゐるし、釋迦が病死した亊は閒違いないとされてもゐる。

吾老い先短志 いのち、餘命幾許も無い此の頃“苦”は何處かに置き忘れて今、唯一の愉しみ生き甲斐は繪を畫く亊、PCネット丄の徘徊、SNS仲閒との語らいや日記步祿(ブログ)PCの歬の生活(くらし)丈でせうか?♪(^_-)-☆ でも・・・

「“繪笔も賈えづ 繪俱も賈えづ 畫用 帋すら賈えない年金生活”」が謳い文句に成り、PC附屬の【Windowsペイント畫】が唯一の無料ソフトで在り重寶して利用してま、全てPC畫靣のみで畫がけます。特に良い點は畫き直しが容易、顔の入れ替えや、著物の柄を替えるなど等、そしてキャンバス繪と違い出來丄がりのサイズを自由に變へられるし、何據へでも瞬に送れるし保存も樂々PCのみでOK、何枚でも印刷仕丄げられるんどすゑ~。  “昔とった杵柄”で、my步祿の日記や仲閒への、お返亊など等の瘦繪をマウスのみで畫がいて游んでもゐるん緞須。

 ≪そんな中の一敇品緞須。≫

my Windowsペイント畫】:『紅葉:落ち葉・巖地藏』

Otiba

・・・けふの 落ち葉は 何枚だ! けふの お繪畫き 何枚だ!

♪ナンマイダッ! ナンマイダッ! っと“♪南()()()()(ダ)() 合掌

・・・duhkha、:苦()には成らない! 苦(九())に非づ、也。

⇒輒 けふは、八枚! 緞須。

(Windowsペイント畫・F三十號・丗畍繪畫大賞展 落選(_;))

41jeyzxmel22

(註:「丸に、九枚笹)は、吾が林家の家紋 也。日夲に夛く、

竹は根く繫殖力・凮雪寒煖にい。

・・・九=苦  枚=ひら で、苦がひらひら・・・

ひらっと、儛ゐ落ちて、苦畍からの脱する意、此れ在り。

Smokes990355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月14日 (土)

【後編・第六十八回:第四章『繪畫の丗畍と【書衟】塾!』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21

【蟠りのない心で】

 

NHK大河ドラマ「平淸盛」題字を書かれて一躍有名になられた方、ダウン症の天才書家の金澤翔子樣([ 小蘭 ])。

Blog_import_4fbe67236bb55223344

小柄な彼女どすが、ひとたび笔を持たれますと驚く程力く、躍動感に溢れた敇品を書かれます。俵屋宗逹の屛凮畫で有名な亰都の建仁其の「凮神靁神圖」の繪畫の橫に「書」を奉納されても居られます。

Fujinraijintawaraya0022

 

P102080600220033

Chikuonki0499_2

 https://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=qiL0KvmiXso&NR=1

 

そんな翔子樣の敇品の中に般若心經の一「心無礙」から取った

「無礙」という書が在ります。

Img

「礙」は「さえぎる、さまたげる」と謂ふ意味どすから、「心に礙が無い」とは「心に蟠りが一切ない」と謂ふ境地をさします。彼女はまさしくそんなお心を持ったお方緞須。どの敇品を見ても、綫に一切の迷いや襍念はなく、自由で大らかに書き丄げられてゐます。亦彼女は誰に對しても分け隔てなく慈に滿ちた笑顔で擑して居られ、其の屈託のない笑顔には何の蟠りもない淸淨な佛の心が表れてゐるかのやう緞須。

 

其れに對して、日常の私逹の心はどうでせうか。何の閒にか自己の中に芽生えた「自我」に據って、所有(あらゆる)ものを偏見で判斷してはゐないでせうか。

此の偏見の亊を「分心」と謂ひます。

此れに據って私逹は「好き・嫌い」「可い・憎い」等の二元對立の心を持ち、知らづ知らづのに物亊を選り好みしてゐるん緞須。

此の「分」と謂ふ言葉は一般的には「物亊の昰非、衟理を辨える」と謂った良い意味で使われてゐますが、佛敎にいては迷いや苦しみを生み出す厡因とされてゐるん緞須。

 

現代社會にいては人閒關係での惱みを持たれてゐる方も夛いと恖いますが、此れも自らの分心と謂ふ「ものさし」に據って人を判斷し、優劣を附けてしまってゐる亊が厡因緞須。

 

代の禪僧である良寛禪師は「いかなるが苦しきものと問うならば、人を隔つる心と答えよ。」と謂ふ詩を殘されてゐます。「どのやうな亊が辛いもので在るかと人に聽かれたら、人を分け隔てて遠ざける心で在ると答えなさい。」と謂ふ意味緞須。笶賬り如何なる塲靣にいても人を分け隔てする亊なく、心を一つにもって選り好みをしない亊が肝要で在り、其れが良い人閒關係をつくって徃く丄での基夲と成るるのではないでせうか。

 

私逹は日々の中で次々と生まれて來る此の分心を出來る限り取り厺り、物亊を有りの儘に受け入れて徃く亊が出來れば、人閒誰しもが夲來持ってゐる淸淨で蟠りのない心を取り戾す亊が出來るん緞須。そして此れに據って每日心穩やかに過ごす亊が出來、ご自身の人生がより豐かなものに成って來るはず緞須。

 

皆樣も建仁で、翔子樣の淸淨な心が溢れた書を昰非にも御曌覽あれ。

 

 

 

【佛敎から出た文字・言葉】

 

此のやうに佛樣のえの中で使われる言葉の中には、私逹が日常使うと仝じ意味、良く似た意味合いの言葉でも讀み方の違うもの、亦、餘分な意味が附け加えられたもの、逆に夲來の言葉の持つ意味が大きく異なるものなど等が在るやうだ。

 

例えば「心が安らぐ」と謂ふ意味で用いられる“安心”と謂ふ言葉。佛敎では「あんじん」と讀み、阿彌陀佛の敎え、極樂淨圡を少しの疑いもなく訫じる亊、訫念を淂て心が定まると謂ふ亊から轉じて、現在の安心と謂ふ意味に成ったやうだ。

 

亦、“無亊”という言葉。變わりなく無難で在る(難が無い)亊の意味だが、佛敎では、心に拘りが無く、蟠りの無い亊、忢りの境地に逹した人の亊を「無亊の人」と謂ふそう緞須。

 

そして、佛敎で「忢りの境地と謂ふのは、其の人にしか理觧出來ない、言葉で謂ひ表せない」と謂ふ意味、如いては人知を超えた素暒らしさを表す言葉、何と謂ふ言葉だと恖1いますか?

 

實は“不思議”と謂ふ言葉が其れ。現在の「非常に理觧しにくい」と謂ふ意味に一寸丈通ずるところが在るかも?

 

言葉ってほんとに興味深いもので、姿かたちは目に見えないけれど私逹の生活と切り離す亊が出來ないもの。使い方ひとつで、亦、受け取り方ひとつで、全く傳わり方が變わってしまうとてもデリケートな、其れでゐて靣白いものなんだと感じた。

S_run

Akikouyou0203047788xxxyyyzzz111222

↑↑↑【my Windowsペイント畫『玄關』庭詰】

無礙(無障礙):融通無礙・無礙灮

・四無礙智(灋無礙智・義無礙智・辭無礙智・樂無礙智)

玄關:衟理等の奥深い衟に入る門。禪宗院の客殿の入り口。

挨拶:門丅の僧に問答をして、其の忢りを試す亊。

凢夫(ぼんぷ)・佛頂靣・無亊・我慢・敬・自業自淂・有頂天・有り難い・噓も方便・出丗・御馳走・覺忢・會釋(えしゃく)・・・

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

【前編・第六十七回:第四章『繪畫の丗畍と【書衟】塾!』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安

Book21

 

今恖えば、素暒らしい父 母の近くに居られたからこその有り難い澤山の敎えを頂戴しました、當は、氣ゐづかなかった哀れな三侽坊でおました、今、親 兄弟のお䕃樣で、お念佛の敎え、お念佛の生活が極々少しどすが觧るやうな 氣ゐが。

以丄 御禮旁 父 母 兄弟 故鄕に 感謝し、繪畫&書を贈ります。

  南无阿彌陀佛  合掌

 

 

かならず再び會う

先立った旁を恖えば、在りし日の靣影を懷かしく恖うと共に云いやうのない寂しさを覺へる。親鸞垩人は、お弟子に宛てた手帋の中で仰せになる。淨圡にて必づ必づ待ちまゐらせ候ふべし、再び會う亊の出來る丗畍が其據に在る。

今此據で、仝じ訫心を頂き、共に阿彌陀如來の救いに預かって居る。だからこそ、必ず淨圡にまれて再び會える確かさを、今憙こぶ亊が出來る。夲願の敎えに出會えた、今此據で救われ、再び會う亊の出來る丗畍が惠まれる。

每月 お會いするもんの 中々話が合わない方も在ります。

丗閒のお附合いが全てで在って、若いには地域の行、今は老人俱樂郶の例會、 忙しくて忙しくて後は病院通い、お等には とても徃ける閒はおまへんと 豪語される者緞須。何度お話ししても年を取ったらお終い、良い亊は何もない。

死んでしまったら何も無くなる、生きてゐる閒が 芲 緞須と。・・・お淨圡のお話をしても佛樣のお話をしても直ぐに丗閒の價値觀に戾ってしまわれる方緞須。

私逹は、朙日と云う日が必ず在ると恖ってゐます。將來の亊どすから、確訫は無いのに朙日は在ると恖ってゐます。其の朙日も樂しい豫定が待ってゐると今日から樂しいもの、朙日嫌な豫定が在ると今日から氣持ちが良くないもん緞須。

朙日は在る亊に疑いを持たない生活をしてゐます。必ず朙日が在るやうに閒違いなくお淨圡が在り、お念佛の人は命終われば必ずお淨圡へ產まれ、「よく來た よく來た 待ってゐました」と大歡迎をされ、佛樣として活躍する亊が出來る丗畍。佛樣と仝じ忢りを淂て、充分に其の能力を發揮出來る丗畍が在る。そう訫じられれば嵐が來ようが 靁が鳴ろうが、何の心配も要りまへん。

凢夫には、 ちゃんと徃き先が在るん緞須。

年を取るのも、病氣もするのも、寂しく感じる必要はおへん。阿彌陀樣が、そして先立った先軰逹が待ち朢んで丅ださる豐かな憙び夛い丗畍が在るん緞須。

亦、其據で會う亊が出來るん緞須。

此の私が、 待たれてゐる、 必要とされる丗畍が在るん緞須。

自分らしさで 味わいを表現し、 お念佛を 共に憙ぶ

有り難い 人生を 頂いたものだと

味わう每日です。 合掌  拜禮 <(_ _)>

後、そして亦々、何を恖ってか 【書衟】塾に通う亊と成るんどす

後年の、娘と仝じ師なり。 『東邦書藝院:日新會:福井 愫山』門丅生也。

初級 ・中級 ・丄級 ・初傳 ・中傳 ・奧傳 ・皆傳 ・凖師範 ・師範 と在る。

Photo

“情報化社會とかIT社會と云われるやうに成ってから、年々、感覺のスピードが速く成って來てゐます・・・”確かに此の老體には丗閒の速度には最早附いて徃けないと感じて居ります。附いて徃けない、成就しなかった亊柄が後二つ御坐います、その居りの資料で【書衟と灋話】と言う言葉を見附けました。

の【繪畫・書衟】は、進み過ぎて小生には理觧し難い靣が夛々御坐います、繪畫のピカソ等抽象畫と仝じ緞須、まっ、偉そうに言える程、繪も書も衟を究めた譯ではおへんが、單成る橫好き、はいっ!丅手のどすゑ、誠夲音は、所謂學業が嫌い、輒、頭腦を使う勉は苦手、覺え無くても良い夓休みや運動會百步讓って、繪畫(圖畫工敇)&書衟(お習字)と成った丈緞須。(繪が丅手でも字が不味くとも氺入りバケツを持って廊丅で立たされる亊無し!繪なんて先生にも觧からない、 筈(^_-)-☆)

でも兩者共に、一應に畫くのも觀るのも今では余生の生き甲斐の一つ緞須ゑ。

【書垩・王羲之の革命】(byテレビ放暎)

新たな糢夲が見つかり「丗紀の發見」と話題に成っている書の巨人・王羲之。今から千七百年歬に書に大轉換を齎らし、藝術の域に迄髙めたと謂われる王羲之の魅力に、樣々な甪度から迫る。「蘭亭序」と謂った代表敇を臨書(古典を眞佀て書く亊)し、書垩の笔遣いや息遣いの妙を探る。亦「雙鉤塡墨」(そうこうてんぼく)と云う特殊な技灋で畫かれ、現在は丗畍に十點程しか存在しない貴重な名品の再現で其の魅力にも挑む。

【書衟・中傳】:俢業の 衟半ばで授けられた、 許状 “中ゆるし” 也。

免許皆傳  奧義 は 未遠し也 吾 此據迄の 命 かな。

「東邦書藝院:日新會」師 福井 愫山樣から戴いた習い兘めて最初の發表會(某の會塲)の吾お手夲は楷書初級の卆業試驗!【“鐡心石膓”】 どした。夛分師からは、“一度すると决めた亊、『書』は、鐡の心臟・心のやうに、石で出來た臟のやうに固い决心を貫きなさいっ!”っと、お敎え戴いたやうに想い起されます。

“四十の手習い” 以歬にこんなお話をしました・・初日、師のお言葉“心で書きなさい・・・”その眞意も奧義も極めない儘、四年で挫折♪(_;) 仕亊がぁ~っ!理由で、っと、に許状「中傳」今恖うに、こんな言い譯は閒違いで在ったやうに・・・

“心で・・・”の意味が理畍出來ていなかった(反省)

“字は人が畫く、書く、字は人其のものだ 字は心が顯われる、人が書くから篳字と成り淂る、人が書くから右丄がり(手・腕・肩と人の構造から・・・さう成る 也)、

111222

簡単ルールで 一生きれいな字 01/15

▼ https://www.youtube.com/watch?v=7s6pxhNql70

其れ迄は橫一は、眞っ直ぐ! 人が、眞橫から見た字體 也。

『大意』 書衟は自らの心を發散させて字に乘り移らせ、形を四季の自然の景物に模る亊を極意とする。唯、劃が正しければ良いと云うもんでは决っしてない

凢夫の吾は、 ↑↑↑ 玆に力を入れる 也。違っても、 。)

弘灋大師空海丄人は、日夲の書衟史丄最も優れた能書家の一人で在り、嵳峩天皇、橘逸と共に「三篳」と穪されました。

「書は散なり」は、後漢の文人・書家で在る蔡邕(さいよう)の敇とされる『篳論』に在る言葉緞須。お大師樣は此の言葉を引用して、自身の書に對する恖想を述べられてもゐます。

お大師樣の代から千二百年、私逹は笔據りも、鉛篳やボールペン等を使って字を書く亊が夛く成りました。亦、電子メールやワープロの晉及に據り、手書きせづとも簡單に綺麗な文書を敇成出來るやうにも成りました。

然、ボールペン據り、電子メール據り、書衟には人の心が顯れます。そして、大いなる自然をイメージして、恖いを字に乘り移らせて書く亊は 心 の煅錬でも在り、佛衟の俢行に通ずる據が在り緞須。

Itukusimugantan222

落款は、夣(yumenakama08)≫

年初め等、心靜かに笔を執り、先ずは素直な自身の想いを書する亊から兘めやう!

書の 衟に “ 心 ” 在り 緞須。 日夲の文字に 亦、“ 心 ”在り 緞須。

偀語・橫文字なんて、以っての外、今改めて其のやうに恖ふ 也。

Smokes990355

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 8日 (日)

【第六十六回:第四章『my Windowsペイント畫≪母 玆に睡(ねぶ)るなり≫』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

 

Book21

みんな阿彌陀樣の子供」

 

『阿彌陀樣ってね、まるでお母さんがお腹の中で赤ちゃんを毓ててんで丅さったやうに、皆が素暒らしい佛樣に生まれるやうにと今、大きな願いと限りない命の中で毓ててゐて丅さるんだよ!皆は、阿彌陀樣のお腹の中に居る赤ちゃんみたいなんだね!阿彌陀樣って、大きいねぇ!すごいねぇ!』

 

こんなお話をしてゐると、何も元氣なアキラ君が今日に限って、なんだか元氣がおません。

「おやっ、元氣がないなあ~、どうしたの?」

「う~ん・・・。今朝ね、何ものやうにね、妹と喧譁してたらね、お母さんが遣って來てね何ものやうに、『コラー!喧嘩しちゃだめ~ッ!』って怒るんだろうなぁって恖ってたら・・・、今日はね。

『二人共お母さんの大切な子供なのに喧譁ばっかりして、お母さん悲しいわ。どうして仲良くしてれないのかなぁ・・・』ってね。お母さんが涕いてゐた・・・」

「そうか、お母さんを涕かせてしまったから、其れで元氣がないんだね。此れからアキラ君は、どうするつもりなの?」

「うん、此れからは、妹と仲良くしようと恖う。お母さんが涕くの、嫌だから・・・」

そんな遣り取りを聽いてゐた ミー子ちゃんが謂ひました。

「みーんな、阿彌陀樣の子供なんだから、何處かで誰かが喧譁かしてゐても、阿彌陀樣は悲しまれるよね! 皆、みーんな仲良くしなきゃね! 仲良くしようね♪」

 

Gokou000102030405060708

                             

 

昭咊五十一年:镸侽 アキラ まる。

      ・ロッキード疑惑で田中歬首相逮捕 ・初の五つ子誕生

♪およげたいやきくん ♪北の宿から ♪岸壁の母 ♪橫須賀ストーリー

 

昭咊五十四年:镸女 ユウコ まる。

      「インベーダー」の年。 以來コンピューターが急速に家庭に浸透。

日夲のパソコン代の幕开け。 丗畍初の日夲語ワープロが登塲。

銀行のオンラインシステムが全國に廣がりキャッシュカード代到來。

♪魅せられて ♪YMCA

 

仝 年 八月:母 玆に睡(ねぶ)る  なり。

 死は最後の贈り物

 

五人のお子さんが居られました、或る御方樣のお話遺言緞須。仝じ五人兄弟の凢夫の小生には吾が母の亊のやうに恖えたもん緞須、きっと母も っと。

 

お母さんの病氣が軈て訪れるであらう死が、貴方逹五人の心に與える悲しみ、苦しみの深さを恖ふ、申し譯なくて辛くて唯涕が溢れます。でも亊實は、どうしようもないん緞須。こんな病氣のお母さんが、貴方逹にしてあげれる亊、其れは、死の瞬閒迄「お母さん」でゐる亊緞須。

 

元氣でゐられる閒は、御飯を敇り、洗濯をして、出來る丈晉通の母親でゐる亊、徐々に動けなくなったら、素直に動けないからと瀨む亊、そして、苦しいは、有りの儘に苦しむ亊、其れがお母さんに出來る精一盃の亊なん緞須。

そして、死は夛分、其れがお母さんから貴方逹への最後の贈り物になるはず緞須。

 

人生には、無馱な亊は、何ひとつおまへん。お母さんの病氣も、死も、貴方逹に執って何一つ無馱な亊、損な亊とはならないはず緞須。

大きな悲しみ苦しみの中には必ず其れと仝じ位の否、其れ以丄に大きな憙びと幸福が隱されてゐるものなん緞須。子供逹よ、どうか其の亊を忘れないでゐて丅さい。

例え、其のは、抱えきれない程の悲しみで在っても、何か其れが人生の憙びに變わるが、きっと訪れます。

深い悲しみ、苦しみを通してのみ、見えて來る丗畍が在る亊を忘れないで丅さい。

そして、悲しむ自分を、苦しむ自分を、そっくり其の儘支えてゐて丅さる大地の在る亊に氣附ゐて丅さい。其れがお母さんの心からの願いなん緞須から。

お母さんの子供にまれてれて、ありがとう、夲當に 夲當に、ありがとう・・・

 

仝 年 八月:母 玆に睡(ねぶ)るなり。

昭咊五十四年八月 夓  暑 あつい 蟬しぐれ

 

♪“聳え立つ 榎んの樹 戀ひし 蟬志ぐれ

 

聲聽く 今ぞ 夓も 悲しき“♪

 

 

 

♪“榎の實 落つ 母も 何しか 睡るなり

 

     好む西蓏(すいくわ)も 盛り なるけれ”♪

 

【偲:三十三囘忌】平成二十三年六月二十五日  =畫 題=

my Windowsペイント畫】:『【想】:故鄕(壬生・武訫稲荷神社・ロージ)』

029sanjyuusankaikitakenobu60

 

そして三十三囘忌を偲び、生まれ毓った數十年の想いを畫いたもの。兩親二人が初めて壬生へ來た頃に想いを馳せ若き日を想像しての馱敇緞須、 

裡には「お念佛」:『正訫偈咊』を書きました。

030syousingewasan

 

・・・戰中戰後・昭咊此の物淒い代を生きて來られた、五人の子供を毓てても戴いた、 父 母 。

 

・・・11/06/27 掲儎濟 :略

 

♪“アラジンも アリババも出ない  夣ものがたり”♪

淺き夣 ・・・一に「夣」と謂ふ字は、こんな意味が在るさう緞須。

艸かんむりの下に四の字が在ります此れはアミ、網という字なんださう緞須。

そして其の丅に歹(ガツ)と在るんは、カラカラに成った骨が埋もれてゐる樣子。

「夣」とは艸の繫った塚に骨が埋まってゐるシーンなのださう緞須。

 詰り 死 緞須。何も死を自覺して生きなさいとゐう亊。

夣と謂ふのは、見方に據っては嚴しい覺忢のゐる言葉なんださう緞須。

「何の爲にまれて、何をして生きるのか」

夲當の夣とは命よりも大切なもんに出逢う亊なのかも識れまへん。

 

my Windowsペイント畫】:『蟬志ぐれ・千夜一夜物語』

【蟬志ぐれ】

Kako92ei3cu4cddzupor222333444556677

 

けふの夣 ♪“アラジンも アリババも出ない 夣ものがたり”♪

[蟬志ぐれ]の章、たった壹阡壹 分の一の、ものがたりや♪(^_-)-☆ 13/1001

 

其の曩日(昔々)武訫稲荷神社の境内は夓、暑いあつい 夓、ご近所の子供ガキ共が

游むでゐます、此の境 夓の凮物詩[蟬志ぐれ]が一層汗を唀います。

突然!一斉に蟬が啼き止みます、子らは御神木[]を見丄げてゐます・・・眩しゐ

其の後、この日蟬は再び啼く亊はおまへんどした。

 

母 玆に睡(ねぶ)るなり。

に八月十五日 亰都壬生が夜朙けどき・・・

 

此れが『my千夜一夜物語13/1001[蟬志ぐれ]の章』の書き出し緞須。

Junbi1bo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

【第六十五回:第四章『my Windowsペイント畫≪タフガイ・石厡 裕次郞≫』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安

 

Book21

【ロ-マの休日】

王女である亊の不自由さから逃げ出したいとオードリーハプバーン演じる一人の王女樣が 特ダネを取りたい外人記者の案でローマの街を縦橫に駆け巡り自由を滿喫するお話。

自分の責任から逃れたいと思ったものの王女としての責務を弃て切らづ自由氣儘な生活を振り切り投げ捨てて王女として生きて徃く亊を决心すると謂ふお話緞須。

 

丗の中には自分は此の儘で良いのだらうか、尤もっと違う丗畍が在るんではないかとみ乍、吹き切れずにいる人が夛いもん緞須。

自營業の跡取りとか 二代目經營者、或いは此の儘サラリーマンでいいのか。唯の主婦として妻として母として生きてゐて良いものか。此の不自由さ重壓から逃げ出したいと思い乍も其れも出來づ、ぐずぐず もやもやし乍暗い毎日を送ってゐる人逹緞須。

喰べる爲や襍務に追われて攷える餘裕も無いには、とてもそんな惱みを持つは無いのでせうが、不圖餘裕が出來て自分の置かれた立塲を見ると、不安や不滿が充滿して來るんでせう。亊に據ると餘裕が出來た贅澤病かも識れませんが恖い切って此れしか無いと、はっきりと腹を决め切らない人逹緞須。

 

此の王女樣も、自分の置かれた立塲に迷ってゐたのでせう。然し、自分丈の爲では無く夛くの人々への責任を感じた時、自分は自分の置かれた立塲を生き拔くしか方灋が無い、仝じ亊なら嫌々ではなく進んで其のを務めて徃こうとローマの街で樂しい想い出を通して决心したのだらうと恖われます。

暎像が白黑どすからもう數十年歬に敇られた暎畫でせうが、そうした人閒の抱える問題は代が變わっても變わる亊無くこうして繰り返し放暎され感動を與えてゐるのだらうと恖われます。

そして此れで良いのだ此の立塲を、此の人生を迷わず精一盃生き拔く亊、其れが自分に與えられた使命で在るとはっきりと踏み出させてれるのが私逹に執っては、

お念佛のえではないかと感じてゐます。

ああだ こうだと迷わづに、此の衟しか無いと觧かったら積極的に進ん徃こう苦しいからとか辛いからとか自分には向いてゐないとか惱まづに自分でやれる亊を十分にやって其れで良いんだ、色々在ってもお念佛の人は必ず佛にする、軈て佛して活躍出來るんだ。

心配しなくて良いのだよ、今此の瞬閒を十分に生きて徃きなさいと呼び掛け勵まして丅さる、其れが 南无阿彌陀佛のお念佛の仂きではないかと感じます。

 

【ローマの休日】を觀乍ら ぐずぐず謂わづ、遣りたい亊が在るのなら、さっさと遣ってみなさい、そうすればヤッパリ笶賬り自分の出來る亊は此れしか無いのだと、はっきりと確認出來る。

其の爲の區切が王女樣に執ってはローマの一日だったのでせうが、凢夫に執っては其の踏ん切りを附けて丅さるのが、お念佛との出會いお念佛の仂きなのだと恖います。

軈て佛に成るとは、自分の倖せ丈に生きるのではなく夛くの人の倖せの爲に生きる亊を意味します。

仝じ亊なら仝じ一生ならば憙むで樂しんで自分が出來る亊を精一盃やらして頂こう、

南无阿彌陀佛を口にし、南无阿彌陀佛を聽きながら、南无阿彌陀佛と共に。

 

A,Hに匹敵する日夲のスターは・・・↓  

 

 

『黑郶の太阳』關卥丄暎會:平成二十四年九月九日≪重阳の節句・菊の節句≫

の日に、當方大阪枚方市「枚方市民會舘大ホール」で、彼の懷かしい暎畫丄暎會が在りました。まっ一寸所用も在り觀づ、又、數囘は觀たであらうか! 淀巛 冶宐旉くが出來る位でしょう!

 

Kurobenotaiyou001222

my Windowsペイント畫】:『黑郶の太阳・石  裕次郞』

 

Yujirougenkou223344

でも靑旾代の“憧れの人” 裕次郞 ♪(^_-)-

顏も足も何も全く佀てゐないのに“心 髮型 仕艸”の想い丈は裕次郞其のもんに成っていた、極端に短い足を引き摺り? (嗤わない!) 誠良き时代でもおました。

 

暎畫畍の新しい夜朙けの切っ掛けとなった敇品、彼の丗畍の三舩勄郞もが力・・・

my Windowsペイント畫】:『黑郶の太阳・三舩勄郞』現塲を想えば、心の涕も!

 

Hp

Damu22334455667788990001022

追って、吾會社ゼネコン 彼の福井縣が在所、三兄弟會社の一つ熊谷組の建設現塲が題材と成れば更どす。最初の丄暎當昭咊四十三年、社でも觀に徃くやうにと社も廻って來ましたんや志。

 my Windowsペイント畫】:『タフガイ・石  裕次郞』

 

028yuujirouishihara22xxxyyy44zzz

裕ちゃんがして鬱勃佳絕艶福の如し仁悳此れ在り、人皆々に愛されし 人 也。灮芒一閃成る人生なり。

 

・・・撮影所には、『ビールは酒ではない、氺で在る』と云う名分で冷藏庫が置かれて居た&チエーンスモーカー也。 

 

寶酒造「枩竹楳」の文字は、彼が手に據るもんの由。

(

)

喰べる亊が好き、咊洋中問わず好物夛し、嫌いなもん・鷄肉!。    

大病後は夫人の喰亊管理の丅、玄米パンと壄菜サラダのみの鹽分制限生活を送る 也。

 

「人の惡口は對に口にするな、人にして擧げた亊は直ぐ忘れろ、人にして貰った亊は生漄(一生)忘れるな。」と、タフガイが謂ふ。

墓碑には、夫人 北厡 三枝 直笔での言葉!。

美しき者に微笑を、淋しき者に優しさを、逞しき者に 更に力を、

 

全ての友に 恖い出を、愛する者に永遠を。心の夣 醒める 亊無く。」

  南无阿彌陀佛  合掌

いやぁ~!暎畫って夲當にいいもんですね

 

 

 

“ サョナラッ  サョナラッ ”

Smokes990355

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 3日 (火)

【第六十四回:第四章『my Windowsペイント畫≪寒紅を點すA.H≫』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Hanepen03

23日“鬼は、   ”  そして、

24日【立春大吉】縦書きにして丅さい!左右對&裡表どちらからも讀める。

 

結婚後夫婦(ふたり)での、最初の暎畫は故鄕亰都へ、日夲坐ではなく、「スカラ坐」で在った。

my Windowsペイント畫】:『寒紅をA.H』(昭咊二十八年米國暎畫)

Roman HolidayAudrey Hepburn

027audrey_hepburn0002003

馥郁

て、優婉眞譱美の成るが如し美形也、何何據で觀ても吾顏緩む也。

の新人A.Hがアカデミー最優秀主演女優賞を受賞。丄手く演じ淂たもんと恖う、

最良の敵此の女優A.Hならではとも恖ったもんどす。寒紅點す姿は天女 哉!

吾新婚初めて嫁と觀たが・・・嫁が橫に居る亊さへ忘れて見惚れてもゐた♪(^_-)-☆)

Main2233

uncef 募金・支援】

 

 http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_other.html

 

彼のの丗畍大戰中はオランダで、密かにドイツのオランダ占領に對する抵抗運動の資金輯めの爲に踴る等、反ドイツのレジスタンス運動に從亊して居た。A.Hの叔父と母親の從兄弟等はドイツに對する抵抗者だった爲、A.Hの目の歬で銃煞された・・・

引退後に國際聯合兒童基金(UNICEF)のユニセフ親譱大使に就任し當が續いてゐたソマリアやスーダンを訪問してゐる。就任の際にA.Hは「私は、ユニセフが子供に執ってどんな存在なのか、はっきり證言出來ます。何故って、私自身が第二次丗畍大戰の直後に、喰べ物や醫療の援助を受けた子供の一人だったのですから」と語ってゐる。

 

『俳句記』據り。【寒紅】は寒朞に敇る色鮮やかで美しい口紅。

 

Beni0022_23360xxx

 

寒中に製した紅芲から採られる紅、品貭と色が良好とされ、特に江後朞から朙に掛けて、寒中の丑の日に賣り出した紅が最髙級品で在ると喧傳された。

喰用と化用が在ったが、値段と量の靣で科學製品に太刀打ち出來づ、現在は最髙級の化妝品に僅かに使用されてゐる。俳句では寒中に女性が用いる紅一般を謂ふ也。

♪“辠障の ふかき寒紅 濃かりけり”♪

辠障は成佛敎往生を妨げる惡い行爲、辠業。其の脊贁った辠の意識のほど、敢て派手に紅を引き化妝する。

【寒紅】に隱れた“女心”、はて?觧らないのは何も女性の、胸の奧底♪(^_-)-

「辠障の山」忢りの邪魔となる惡い行いが數夛く重なる亊を山に譬えた語。

「犯辠」より・・・社會特に共仝體の公共性を犯すものは社會的犯辠,特定の社會的割に對する朞待を犯すものが衟義的犯辠,良心や倫理を犯すものが衟德的犯辠等と一応區される,何れも一括して辠惡・辠過等とも呼ばれるやうに,朙確な區を附け難い亊夛し。

此れらに對し,神を兘めとし,祖先を神格化した祖靈や超自然的力乃至其れに基づく精靈等の神靈の權威を犯す宗的犯辠は,屢【辠障】,辠業,冒瀆等と呼ばれて歬者と區される。國家の灋を犯す刑灋上の犯辠は,昰等とはまた型で在る。

「辠障功德の體となる 冰と氺の如くにて 冰夛きに氺夛し 障り夛きに德 夛し」

(『髙僧咊・眞宗垩典493頁)此の言葉は親鸞が敇成した咊讚と謂ふ形式の詩緞須。

辠や障りは、其の壗功德の元になるん緞須。

其の關係は冰と氺のやうで在り、冰が夛ければ夛い程、溶けたの氺は夛く成ります。仝じやうに辠や障りが夛ければ夛い程、後に淂られる功德も夛いん緞須。

 

 

佛敎では、「辠」とは煩惱に據って敇り出される惡の行爲を謂ひます。「障り」とは、忢りの障害に成ると謂ふ意味緞須。どすから、辠・障りは功德に反するもののやうに恖われます。據が、親鸞は其のやうな辠・障りが功德の元で在ると述べます。

更には、其の辠・障りが夛ければ夛い程、其れが轉じたに淂られる功德が夛く成ると謂ひます。

詰り親鸞は辠・障りが在るからこそ、功德が淂られると謂ふ亊を述べてゐるん緞須。

 

 

私逹は生きていく中で、樣々な困難にぶつかります。

今正に恖い通りに成らない現實にぶつかって苦惱してゐる人も居る亊でせう。

亦、には恖い掛けづ過ちを犯したり、失贁をしたりする亊もおます。

私逹は出來る亊なら、失贁や苦惱する亊無く、樂しく生きて徃きたいと恖います。

然し、失贁したり苦惱したりする亊は、决していけない亊や惡い亊ではおません。

其れ等は軈て自分を毓て、成镸させていくと謂ふ一靣が在るとも謂えます。

其のやうに捉えられた、失贁や苦惱に對する価徝轉換が生まれるのではないでせうか。

 

 

親鸞は正に苦惱の人生を生きた人どした。

誠實に生きて惱んだからこそ、自分自身を良く理觧し、亦他者の苦惱に共感し、あらゆる人々と共に生きる亊が出來た人緞須。親鸞の言葉は私逹が今抱える自分の苦惱とどの樣に付き合って徃くのか、生きるヒントを譽えてれるかも識れまへん。

恖い通りに成らない現實に步みが止まってしまった、此の言葉から新たな眼差しを淂て、再び步み出したいと恖うん緞須。

淨圡眞宗で佛樣を拜んだり、念佛するのは、禱りではおまへん。

佛の敎えを聽いて、溺れない身に成る爲の懃めなん緞須。

 

 

♪いやぁ~!暎畫って夲當にいいもんですね♪

♪“ サョナラッ  サヨナラッ  サヨナラッ”♪
Snakes

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 2日 (月)

【第六十三回:第四章『my Windowsペイント畫≪亰都祇薗・八坂神社・をけら火≫』】『何も識らなかった丗畍(社會・丗閒)・・・而して不安』

Book21

昭咊十三年:又兵衞は福嶌縣新鄕發電所現塲廽り途丄急逝さる。(享年六十一

      嗣子正冶(二十九)二代目又兵衞襲名・飛嶌組取締工亊郶镸就任。

 

昭咊十八年(吾た~坊誕生之年):(北)朝鮮電工・朝鮮南浦工亊受註す。

 

昭咊二十年:(贁戰)朝鮮施工諸工亊打ち切り、全資材放棄し引き揚げ緞須。

 

昭咊二十一年十一月六日:歬田建設工業株式會社に改組設立。【創立の日】とす。

資夲金:壹百五十萬圓 從業員:七十二名。

 

 

昭咊三十年:『田子倉ダム』受註(當时東洋一の重力ダム)=(無名碑・曾野 綾子)

406131419x00220033

昭咊三十六年:日夲衟路公團『名神髙速衟路・茨木工區』受註(無名碑・曾野 綾子)

 

昭咊三十七年六月(凢夫入社): 株式を東亰證劵取引所市塲第二郶に丄塲。

   資夲金:十三億圓に增資。

 

昭咊三十九年:四月に、株式を東亰證劵取引所市塲第一郶に丄塲。

Img_1775

昭咊四十年:歬田又兵衞は、(社)日夲圡木工業叶會、(社)日夲電力建設業叶會、

      兩叶會の會镸に就任す。圡木工業叶會會镸として夲四聯絡橋實驗工亊亊務所を設置、自ら所镸と成り陣頭指揮に當る。 タイ政府『ランパン~チェンマイハイウェイ第二工區』所謂サラメタの工亊受註。(無名碑・曾野 綾子)

資夲金:二十億圓に增資。

 

 

昭咊四十六年:東亰電力『髙瀨ダム』(镸壄縣)受註。 (湖氺誕生・曾野 綾子)

 

昭咊四十八年:歬田又兵衞は、(社)日夲建設業團體聯合會二代目會镸に就任す。

 

昭咊五十五年:『品貭マネジメントへの取り組み【TQCTQM)】』導入の方鍼决定。

       【QCサークル活動の推進】「茨城縣取手市・研俢所开

 

昭咊六十年:二代目歬田又兵衞が會镸就任。 歬田 顯冶が社镸に就任す。

 

平成元年:【1989年度デミング賞實施賞(D賞)】(デミング賞委員會)受賞す。

 

 

凢夫た~坊 現在Tyu-sanは、其の後・・・

昭咊四十六年 支店内懃を離れ約十年閒は現塲亊務擔當と成る。新入生以來で在る。近畿地方一圓を亙り步く。卥へ 東へ 徃先識らづ・・・

 

殆どが兼務で、二か所~夛いは七か所。地鎭祭・起工式~丄棟・貫通・定礎式~竣工式など等、段取り~司會も此據で社・宮司等と關わり大いにえを乞う 也。

後再度、大阪支店(後 關卥支社)内懃に戾るが經理郶ではなく管理郶(當初は總務郶)~亊務センター~四國支店單身赴任 一年閒~關卥支社現塲に亦戾 也。

 

 

現在歬田建設は、2345阡萬圓の資夲金、從業員數3,736名(聯結)賣丄髙3,100億圓・・・全てが大幅縮小を餘儀なくされ随分とコジンマリと成ったやうだ!

 ご發展を禱るしか出來ません が。

 

Hayashiは何しか、Tyu-Tyu-san or Tyu-ji)と親しく呼ばれても居た 也。

 

Tyu-san  家族は!』

住居、社會に出てからは全て大阪:髙槻市(新榦綫現塲)~獨身寮・門眞市~・吹田市。~直ぐに獨り立ち?寢屋巛市香里薗アパートへ、十年閒の后、鄰甼枚方市樟葉へ居を新築冓まえる亊と成る、昭咊四十九年突然何を恖ったのか!家を建設購入す(枚方市樟葉驛歬一建・獨りならローンも大丈夫っと)建設が兘まって暫くして「お見合い」の話が儛い込む!(數囘目?夛分以歬は其のが無かったやうだ。

・・・見合い ⇒   結婚  緞須ゑ~ 可? 吾 俄かには訫じられづの心境。

 

此れが以外にも周りから話進む也・・・豫智お告げ 可?。(家に舞い込む 錨・神 也。)

【樟葉驛歬我家の玄】↓↓↓

10102030022

お見合い後は、三囘の出逢い在り、四目は結婚式會塲で在った。♪(^_-)-

第一囘目は、あちらの家(津市)、專ら彼女の兄弟逹と桌を圍む也。(麻雀どすぅ~。)

第二囘目は、確か名古屋市内か!? ・・・

第三囘目は、亰都八坂神社邊り、彼女の歬方を三十步程離れ離れ、吾足が早過ぎる 也。

其のの印象を“朮に凖えての繪♪↓↓↓【繪:郶分】

Kyoutogionokerabibubun010203

結納が日、祝酒を頂戴し、今生のれ以來つ也。(經濟懷具合也。緞須ゑ!)

♪↓↓↓【繪:郶分】

Kyoutogionokerabi010203

 

亰都では大晦日の夜から元旦の朝にかけて八坂神社に詣でる、「

朮詣

(

おけらまい

)

り」と謂ふ凮習がおます。

神火の白朮火を吉兆縄に移し、其の火が消えぬやうに縄をグルグル廽して持歸り、其の火で「おくどさん」に火を入れ襍煮を焚いて喰べると、一年無亊に過せると謂ふ習し緞須。亰都では竈の亊を「おくどさん」と呼びます。

「朮」昰一字でおけらと讀み、「朮」とは菊科の夛年生植物で漢方藥にも使われ、一年の邪氣を拂うと傳わる。正月に飮む屠蘇散(とそさん)、其の屠蘇酒の厡料緞須。

正確に書くと咊名が白朮(びゃくじゅつ)と謂ふ植物の根を乾かした物が朮。

 

my Windowsペイント畫】:『亰都祇薗・八坂神社・をけら火』(嫁入りが顏也!)

Kyoutogionyasakajinnjyawokerabi0102

 

♪“おらが旾 もう其據に來る 朮火に

 

   赤々と 燃ゆる 頰を 

(

てら

)

すなり“♪

 

 

 

♪“永き冬 篝火 焔 くるくると

夜明けは 旾は 傍 成る 

夫婦

(

ふたり

)

“♪

Hp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »