« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月30日 (火)

【年末年始のご挨拶】

皆樣 ご無沙汰をしております、

026522

 

夲年は誠にお丗話に成りました、有難うございます<(_ _)>

良いお年をお迎え下さい。

 

PC年賀状my Windowsペイント畫↓↓↓

Img_1756genkou001002003004005006_2

 

夲年最后の謌 緞須。

 

♪“除夜の鐘 明日まで届けと もう一打

 

税の一字が なお憎らしい“♪

 

 

 

♪“年始なく 年の瀨も無く 早や一年

 

 來る年も又 仝じ いちにち“♪

 

my Windowsペイント畫『東大南大門金剛力士像・阿形像』】

 制作中:年末何かと・・・?で未完成(_;)

002003004_2

 

Junbi1bo

Smokes990355

Snakes

 

【迷惑かけずに】

「迷惑かけずに生きてる」なんてほんとかな

 

「誰にも迷惑をかけてはいけません」

こう言われたら、一日も過ごすことができないでしょうね。

 

誰にも迷惑をかけないで生きることは、不可能なことです。

むしろ、沢山の人や生き物に迷惑をかけながらしか生きられないのが、

私たちです。

 

 私たちが生まれる時、他の人がお世話をしてくれなかったら、

今ここにはいません。

そして、現在にいたるまで他の人がお世話をしてくれなかったら、

今ここにはいません。

 

また、私たちは生き物を食べないと、生きていくことができません。

けれども、どの生き物だって「生きたい」と願って生きています。

でもそれを食べなかったら、今ここにはいません。

 

よくよく考えてみるとこのように沢山の人や生き物に迷惑をかけて

生きています。

それは、多くの命に支えられて生きているということです。

 

 

【相手のよろこびは】

 

相手のよろこびは 私のよろこび

 

君が友だちと一つのケーキを二つに切って食べるとき、

友だちが大きい方を取ったとします。

 

君は「大きい方を食べたかったなあ。損した」と思いますか。

「大きい方を取ってくれた。良かった」と思いますか。

 

君が「損した」と思うなら、それは友だちが大きい方を

食べたせいではなく、「ケーキが食べたい」という君の欲の心のせいです。

 

インドでは昔から、お布施といって、家にたずねてくるお坊さんに

お金や食べ物をあげる習慣があります。

 

これは、「あげる」ことで自分の欲を手放し、穏やかな心という

大切なものを「いただく」行為なのです。

 

君も生活の中で、「あげる」練習をしてみてはどうでしょう。

「あげる」のは、お金やモノでなくてもかまいません。

 

お母さんの手伝いでもいいし、誰かに笑顔で話しかけることでもいいです。

相手が喜ぶことをしてみましょう。

そうすれば、「損した」でなくて「良かった」と思えるようになる

かもしれません。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »