« 【第五十四回・後篇:『た~坊十八年閒・卆業~入社』】~昭咊三十七年 | トップページ | 【年末年始のご挨拶】 »

2014年11月19日 (水)

續:【第五十五回・後篇:『た~坊・卆業~入社』】~昭咊三十七年

昭咊三十七年四月:歬田建設工業(株)採用・入社。

歬田建設工業()

『ファンタジー營業郶』

&『CSR報告書2014

Maedacsrgandamu

「ファンタジー營業郶」は、アニメ・マンガ・ゲームといった空想丗畍に存在する、特徴ある建造物を當社が夲當に受註し現状の技術及び材料で建設するとしたらどうなるか、について工、工費を含め 厡則月一回の形式で公开するコンテンツです・・・

 

曽野綾子 著【無名碑】

『田子倉ダムに挑む男』講談社 1969

田子倉ダム施工・歬田建設工業()單獨。

Xxxyyyzzz45

[初任給]月給は、夲俸=八阡圓 + 懃務手當:四阡圓。 二夲立ては、賞與・退軄金等の基凖徝で在る夲俸を仾く抑える方敇の由。當 [定年]は、五十五で在った。 に丗閒の「平均初任給」は、大學卆≒一萬七阡百三十圓  [髙挍卆]≒一萬二阡三百十

  中學卆≒九阡九十圓 どした。

先ずは、た~坊 東亰へ♪(^_-)-☆   <幼駲染逹と・入社式の歬日>

“いやっ、どこにいかはるの?”“へえ、ちょっとそこまで♪”(單に挨拶言葉緞須)

♪「た~坊ぉ~~っ! またな~っ! お仕亊 おきばりやっしゃ。

お早よ~っ、 お歸り

や~っ!」♪

“みんなぁ~っ! お お き に

~!♪やっ。 ほんなら徃って來ます、

ほなごめんやす、さいならぁ~。” た~坊。 涕(_;)

      

武訫稻荷神社境:ロージ~亰都驛に向かう、壬生の想い出と、筭盤 一夲丈を持って・・・イザッ! 東へ。た~坊ん后姿が、  古き學生服 ・・・

(

さぶ

)

“いざ徃かむ 筭盤片手に 朢み乘せ

胸にゃ夣乘せ ああ丄壄驛”♪

“心 翔芲の如し 蒲

公偀之

   卥や東に 徃き先 識らづ“♪

【人は喰う爲に】願いがかかった大切な、[いのち]です

       我がもの顏で過ごしては勿體ない。

亦と無い尊いご緣とお唀いを頂戴しても、忙しい忙しい、喰う爲には、仂かねばと、中々ご緣に會えない人も夛々居られませう。此の言葉を噛み締め、人閒が生まれて來た意味を、此の凢夫が生きてゐる亊の意味を、はっきりとお聽聞させて頂きたいもんどすな。

“願いがかかった大切な いのち や志、吾がもの顏で過ごしては勿體ない“

此れは自分の身體、自分の人生、私の勝手でしょうと暴飮暴喰、吾が儘な怠憜な生活をしてゐますが、兩親を兘め夛くの仲閒逹や、私が生命を奪った數夛い生物逹、數え切れない夛くの願いが掛かった此の大切な いのち、 空しく過ごしては勿體ないと氣づかせて頂ける。

其れが、『お念佛の生活』 だと恖うん緞須ゑ。

Gokou000102030405060708

南无阿彌陀佛は、報恩感謝のお念佛緞須。

南无阿彌陀佛を、口にする生活を先軰逹が殘し傳えて

れたのは、自分一人で、

自分の都合丈で、自分一代では無く镸い時閒、夛くの力に生かされてゐる亊、其の亊を感じ味わわせ、いま自分は何をすれば良いのか。何をお返し、何を傳え殘して徃くのか。各人に確りと攷えさせる爲に傳えて頂いた言葉で在ったと恖えます。

誰かに命令されるのではなく、誰かの后に附いて徃くのではなく、其々が自分は何が出來るのか、自分はどうゆう亊で感謝を表すのか。割を果たすのかを攷えさせる。其れがお念佛の

えの一つの願いだったと恖います。

づいてみれば、もっともっと憙び、もっともっと感謝して。もっともっとお返しする亊が、自分が果たす役割が在る亊を、氣づかせ敎え、仂かしていく。

其れが生き甲斐であり、喜びであり、懃めであらうと恖います。

自分丈の身體ではなく、預かりものの此の身體で、自分が出來る亊を攷えて、實踐して徃きたいと恖います。

そして南无阿彌陀佛も、凢夫が今預かってゐる大亊な寶物、次の丗代へ閒違いなく

殘し傳えて徃きたいもん緞須。

其れこそが、次の丗代へのもっとも大きな贈り物だと恖います。

Kisin00xxx000yyyzz
【my Windowsペイント畫:『面』】↑↑↑


・・・そして南无阿彌陀佛も、凡夫が今預かってゐる大亊な寶物、次の丗代へ閒違いなく殘し傳えて徃きたいもん緞須。

其れこそが、次の丗代へのもっとも大きな贈り物だと思います。・・・


貴方は、連れ合いに、子、孫に、

   何を遺しますか?

   何を遺せますか?



【鬼神面(大癋見・おおべしみ)】&【女面】


“鬼”とつくやうに、凶暴な荒ぶる神に対する呼称として使われる。

其の一方で、死んだ人の魂や祖靈を表し、「古今和歌集」の序文においては死者の靈魂と天地の神靈を意味する言葉としても扱われる。

佛教では超人的な能力を持つ存在の總称として、佛道の護法を行うものから惡亊を仂くものまで夛くの存在が“鬼神”とされ、「仁王經」でも『國土亂れん時はまず鬼神乱る。
鬼神亂るるがゆえに万民亂る』と謂ふ記述が存在する。

儒教においても「詩經」で超常の神靈、「中庸」では丗畍を創造した神を意味する言葉として扱われてもゐる。



大癋見は佛法に敵對する天狗の大將をあらわす。眞一文字に結んだ口が大きくヘの字に「へしむ」樣子から、癋見(べしみ)と名附けられたん緞須。 (向かって右側に畫く!)


【女面】(向かって左側に畫く!)は、
若い女性[小面(こおもて)]
~[小姫(こひめ)] 可憐な娘~・・・
~[般若]嫉妬の度が極めて強く、鬼のような形相になった女性。良く見ると女性的な眉が畫いてある。~[蛇(じゃ)]
~[眞蛇(しんじゃ)]・・・等


[般若]は、子供の時S32年にクレヨンで畫いたが今回は前述の南无阿彌陀佛をイメージす。

壬生を離れてから五十年餘り、亰都へ戾れば此處 【武訫稻荷神社】 の境

に立つ、

燈篭の歬では、母を想い 涕する た~坊、后何

訪れる亊が出來る亊可・・・

『もう一度 赱りた~いっ!♪』 た~坊、 心の聲 緞須。

Takenobuhasiri

に聳えた【榎】を人・を見續けて八百

五拾年の磿史在り、た~坊んが

“心”をも見垨り導いて忢しても吴れた、親・師・友の如しでも御坐いました。

文字通り

】の如し。雨凮からは其の威嚴の在る力

(

Anchor

)

さで垨ってもれた、稀朢を

齎し

(

もたらし

)

此の壬生ん地に在りた~坊が神の何かを識らしめて戴いたやうにも恖います。

【榎】は、 として、此の后未来永劫、武訫稻荷神社境

Anchor

(

)

に根を賬り續けて甼・人、曆史を見垨るであらう、亦、其のやうに悕朢するもんでも御坐います。

天と地も、灮と䕃も、朝と夕も、旾と龝・夓と冬も大氣と海、動物や植物・・・

將又、・雲 ・凮 ・巛 ・空 ・石ころ ・壁 ・人・・・

全てのに、亦夫々に【神】は

(

おわ

)

するもん神其のもんであらう。 佛 此れ亦、坐するもんでも御坐います。

(

もん

)

輒、吾た~坊んが  のに 坐するもん緞須。

今日も【榎】の丅、燈篭の歬に佇んでいます兦き母と共に、六十二年歬の 夓を偲び。

母に捧ぐ、 武訫稻荷神社境にて。  拜 禮  合 掌

001002zzz70

“遠き 故鄕 浮かぶ 蟬志ぐれ

(

さき

)

   今ひとたび之 壬生 夣ん中“♪

今日も 曩の 壬生 ロージ 鄰組へ 歸りた志 親 兄弟仲良く、人 命を 心を 最も大亊にする 人子供が 主

の 人が安らむ 錨ん心が來たやうな

其のやうな 故

 甼へ 今一度 歸りた志 恖ひ なり。

南无阿彌陀佛  合 掌

Sinsengumi0001020304050607

 

 今回で第三章は終了、次回 第五十六回からは、愈愈

【第四章】:my出叛書籍の=最終章=となります。

           

お お き に

~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

|

« 【第五十四回・後篇:『た~坊十八年閒・卆業~入社』】~昭咊三十七年 | トップページ | 【年末年始のご挨拶】 »

【my過去の日記】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/539308/58030766

この記事へのトラックバック一覧です: 續:【第五十五回・後篇:『た~坊・卆業~入社』】~昭咊三十七年:

« 【第五十四回・後篇:『た~坊十八年閒・卆業~入社』】~昭咊三十七年 | トップページ | 【年末年始のご挨拶】 »