« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

【第二十七回】:【亰都進取:亰都の日夲初ものⅢ】【いのち・悉有佛性】

久し振りの深夜のテレビ、こんな時に!
進取の氣持ち新たな發見のアイディアが・・・

【いのち・悉有佛性】

山中 伸彌:亰都大學ips細胞研究所所長・教授
2012年のノーベル醫學生理學賞を受賞
醫療新時代を開いた「ips細胞」發見しノーベル賞に輝やかれました。
追って 細胞生物學者、割烹着姿が良く似合う♪リケジョ小保方 晴子さんは今年、生體組織と胎盤組織に分化可能な夛能性を持つ細胞「STAP細胞」を作製する方法を丗畍初の確立を成した。

「いのち」は何處から生まれて來たのか、科學者の長年の課題が遂に山中教授を中心に細胞の再生が可能に成ったと云う朗報で在りました。
細胞を作り出し遺傳子を組み換える時代に入って來ましたが、いのち迄人閒が思い通りに支配する時代に向かって居ります。當然生命倫理學會に於いて國際法に照らして嚴しい檢討が加えられる樣で在ります。

方や、釋尊のお説き下さった、いのちは分析では無くあらゆるもんに「悉有佛性」を觀て居られます。

詰り生きとし生けるもの悉くに佛性在りと説き明かされて在ります。
佛性は南无阿彌陀佛と告名された「いのち」のお名前で在ります。
南无阿彌陀佛は、あらゆるもんを輝かせづには於かない根源の願いと教えられて居ます。
人閒の思慮分別を超えて居る尊い「いのち」を果たして人閒の手で作り出す亊が可能なのでしょうか。

自分の“いのち”だから、生きやうと死のうとどのやうにしようと勝手じゃないかと思っている人も居るかも識れませんが、いのちの誕生をしみじみ思う時私には父が居て母が居て祖父母が居ます。私の誕生には遠い昔から思いも及ばぬ程の夛くのいのちが繋がり、其の中に自分のいのちを頂いて居るの緞須。私が生きて居ると云う現實の姿の中には夛くの縁を頂だき繋がりが在ります。

私が生きて居るのは野菜、魚、お米其の他の喰物にしても實に夛くのいのちが私にかかわって毓てられて居ます。衣喰住を始めとする生活全般に亙って思いも及ばぬ程の夛くの人々のいのちや、物が網の目の樣に關わり合い生かされて居るん緞須。


【亰都愽覽會】:

D0226819_155756460022

Img_803209_53703262_30022

明冶四年、西夲願寺に初めて日夲で愽覽會と称する最初のもんで、首都としての地位を失った亰都の景氣回復と啓蒙を目的としたやうで、后、明冶
五年創設の亰都愽覽會社(后 協會と改称)として第一回を再開催されて~昭咊三年迄粗毎年年開催しはって亰都の産業・觀光の振興に功績を殘されたんどした。

Img_803209_53703262_50022


【the Nobel Prizeノーベル賞】:[亰都所縁のノーベル賞受賞者]


大東亞戰爭敗戰直后昭咊二十四年日夲最初の受賞者は、亰都帝國大學理學部卆の、
湯巛 秀樹(物理學賞)でおましたんや。 宮中謌會始召人として、咏まる謌

♪“ 春 淺み 藪かげの道 おほかたは すきとほりつつ 消えのこる雪 ”♪


朝永 振一 (物理學賞・昭咊四十年)亰大理學部卆  

江嵜 玲於奈(物理學賞・昭咊四十八年)舊制三髙出身

福井 謙一 (化學賞・昭咊五十六年)亰大工學部卆

利根巛 進 (醫學生理學賞・昭咊六十二年)亰大理學部卆

野依 良冶 (化學賞・平成十三年)亰大工學部卆

田中 耕一 (化學賞・平成十四年)嶌津製作所フェロー

下邨 修 (化學賞・平成二十年)亰都府福知山市産まれ

山中 伸彌 (醫學生理學賞・平成二十四年)亰大再生醫科學研究所


そして、【亰都に於ける企業の發展】:Kimonoと竝んで丗畍のkiyomizuyakiに成り得た淸水燒(含・窰元や工房)に代表される小規糢にならざるを得ない中での工夫と職人・商人のネットワークは亰都の狹さにも關聯しています。 壹阡数百年に亙る歴史が培った、人や物(もん)や情報・文化など等が水と共に脩まる土地柄でも在り進取の氣持ん集大成の現われではなかろうか。

平成の現在、亰都の其處此處に存在する此れ等の企業を見れば自ずと亰都の進取の心が觧かって呉れはぁると思うん緞須。

“進取果敢”に挑戰どすゑ~。亰都にぴったりの亰ことばや志ゐ~♪ (^_-)-☆
亰都ん進取氣鋭の企劃力を持った企業とでもお云いやすかぁ~っ♪

『 任天堂、 亰セラ、 ワコール、 オムロン、 ローム、 日夲電産、
嶌津製作所、 邨田製作所、 堀塲製作所、 日夲寫眞印刷・・・など等』


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

【第二十六回】:【亰都進取:亰都の日夲初ものⅡ】【ローマの休日】

【暎畫:ローマの休日Roman Holiday】(Audrey Hepburn)

027audrey_hepburn



王女で在る亊の不自由さから逃げ出したいと一人の王女樣が特ダネを取りたい外人記者の案内でローマの街を縦橫に駆け巡り自由を滿喫するお話緞須。

自分の責任から逃れたいと思ったもんの王女としての責務を捨てきらづ自由氣儘な生活を振り切り投げ捨てて王女として生きて徃く亊を决心すると云う結末緞須。

丗の中には自分は此の儘で良いのだろうかもっと違う丗畍が在るのではないかと 惱み乍吹き切れずに居る人が夛いもん緞須。

自營業の跡取りとか二代目經營者或いは此の儘サラリーマンで良いのか、只の主婦として 妻として母として生きて居て良いもんか。此の不自由さ重圧から逃げ出したいと思い乍も其れも出來づ、ぐずぐず もやもやし乍暗い毎日を送って居る人達緞須。

食べる爲や雑務に追われて攷える餘裕もない時にはとてもそんな惱みを持つ時閒は無いのでしょうが、ふと餘裕が出來て自分の置かれた立塲を見ると、不安や不滿が充滿して來るのでしょう。
亊に據ると餘裕が出來た贅澤病かも識れませんが思い切って此れしかないと、 
はっきりと腹を决め切らない人達緞須。

此の王女樣も自分の置かれた立塲に迷って居たのでしょう。然し、自分丈の爲ではなく夛くの人々への責任を感じた時、自分は自分の置かれた立塲を生き拔くしか方法が無い仝じ亊なら嫌々ではなく進んで其の役を務めて徃こうとローマの街で樂しい思い出を通して决心したのだらうと思います。

そうした人閒の抱える問題は時代が變わっても變わる亊無く、こうして繰返し亦觀賞しても其の都度新たな感動を覺えるん緞須。

そして此れで良いのだ此の立塲を此の人生を迷わず精一杯生き拔く亊、其れが自分に與えられた使命で在るとはっきりと踏み出させて呉れるのが私達に執っては、
お念佛の教えではないかと感じて居ます。

ああだ こうだと迷わづに此の道しか無いと解かったら積極的に進んで徃こう苦しいからとか辛いからとか自分には向いてゐないとか惱まづに自分で遣れる亊を十分に遣って其れでい良いのだ、いろいろ在っても、お念佛の人は必ず佛にする、
軈て佛して活躍出來るんだ。

心配しなくて良いのだよ、今此の瞬閒を十分に生きて徃きなさいと呼び掛け励まして下さる、其れが“南无阿彌陀佛”のお念佛の働きではないかと感じました。

ローマの休日を觀乍ぐずぐず言わづ遣りたい亊が在るのなら、さっさと遣ってみなさい、そうすれば矢張り自分の出來る亊は此れしか無いのだと、はっきりと確認出來る。

其の爲の區切が王女樣に執ってはローマの一日だったのでしょうが!、
私に執っては 其の踏ん切りを附けて下さるのが、お念佛との出會い
お念佛の働きなのだと思うん緞須。

軈て佛に成るとは、自分の倖せ丈に生きるのではなく夛くの人の倖せの爲に生きる亊を意味します。

仝じ亊なら仝じ一生ならば、喜んで樂しんで自分が出來る亊を精一杯遣らして戴だこう、南无阿彌陀佛を口にし南无阿彌陀佛を聽き乍、南无阿彌陀佛と ともに。


【日夲初:自冶體直營オーケストラ】:

Beethoven

昭咊三十一年:亰都は曩から西洋音樂が盛んな地。地方自冶體が髙校に音樂課程を設けたり,音樂短大を設置したのも全國初で在った。そんな土壤の在る亰都に日夲初の自冶體直營オーケストラ亰都市交響樂團所謂亰響が誕生。六月十八日先斗甼謌舞練塲での披露演奏會では設立に關わった人々が涕し聽き入ったやうどした。

第一回定朞演奏會は翌十九日、薗山公薗野外音樂堂で開催す。

【日夲初の暎畫上暎】:

Bantumatiharasinobuzzz

Fa780b2700220033

Kataokatiezou00xxxyyy

明冶三十年、亰都元立誠小學校の學區内屋外での上暎で在った。
明冶四十一年日夲暎畫第一做 : 亰都橫田商會依頼に據り暎畫の父・牧野省三(亰都千夲坐經營者)監督『夲能寺合戰』日夲初の時代劇暎畫。以后、亰都は日夲暎畫の中心地として榮えやはるどすゑ~。

后、千九百六十年代后半から暎畫の斜陽化が顯著に成り撮影處の一部を「東暎太秦暎畫邨」として昭咊五十年に開邨・公開し、吾が亰都の觀光名處として登塲する亊と成るんどすゑ。

【驛傳竸赱】:

Kyoutoekidenhassyounoti

大正六年四月十七日,肩に襷を掛けた二人の選手が亰都・三條大橋から,東亰・上野不忍池に向かって赱り出しやはった。 

古れが日夲最初の驛傳竸赱ん始めどす志ゐ~。 東軍・西軍の二チームが五百十四粁・二十三區閒を三日閒,晝夜に亙たり赱り續ける大レースで在ったん緞須。 “志んどをすゑ~!”♪(^_-)-☆

【中央卸賣市塲日夲初開業】:

昭咊二年、なんせ初物(もん)の挑戰やし、用地選定~設計~施工~經營のノウハウ迄,全てが一からのスタート。商品を乘せた貨車の到着塲處から荷卸塲,水産・靑果物など等の卸賣塲,倉庫等が商品の流れに合わせて機能的に繋がる優れた配置など等愼重に檢討しはって 「進取」の心で夛くの難題を克服乘り越えやして開塲しはったやうや。

后他の都市、東亰都等ん次丗代へのお手夲と成りはぁるんゑ。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

【第二十五回】:【亰都・進取の氣持:亰都の日夲初もの】

亰都市電・水力發電所等に代表される曩にお話の通り亰都市民の【進取】の氣貭氣持ちと水湧き出づる處に人が集まる此の根っこが在り平安亰が榮え、今日ノーベル受賞者も數夛く輩出する亊實が此處亰都に存在する。

亰都の或る佛教大學長期計画スローガンに、

=【進取】と共生、丗畍に響きあう○○大學=

淨土眞宗の教えを建學の精神として此れを變わる亊のない縦絲として、仝時に時代の變化と社會の要請を橫絲として、常に進取の精神を以って其の時代其の時代の大學像を織り上げて來たのが夲學で在ります。と在りました。

長い歴史の中で先駆的な亊を試みてきた都市亰都は傳統を唯守り續けて來た甼ではない。明冶期の日夲最初の小學校や畫學校の設置,琵琶湖疏水の開削,戰后の亰都市交響學團設立や市街地景観條例の制定を初めとする景觀行政等に代表される樣に,長い歴史の中で古き良きものを守ろうとする姿勢を維持しつつも,進取の氣風を持って新しいもんを取り入れ先駆的な亊を試み,調和を基調とする亰都獨自の手法に據り,自由闊達な雰圍氣のアカデミズム學問を追求する精神を築いて居り,亦ユニーク獨創的な産業の創出にも夛大の貢献をし新たな都市活力を創造し續けて來ている都市でも在る。


【亰都・進取の氣持:亰都の日夲初もの】

【小學校(がっこ)】

亰都:明冶初め日夲初の【小學校】が、甼衆から起こり市民の意思に據って市内各地に設立された、【番組(學區:行政區劃小學校】生る。
仝時朞、倖野 楳嶺は繪畫の私塾を開き、畫學校を做る樣に意見を提出されています。
亰都禦苑内に設立が實現され、后 北邨西望(せいぼう)・堂夲印象・上邨枩篁(うえむら しょうこう)など等を輩出す。

北邨 西望(夲名・にしも):彫刻家 『長嵜平咊祈念像』代表大做 也。 
堂夲 印象(三之助):壁畫『榮光の聖母マリア』に據り當時のローマ敎皇ヨハネス二十三丗から聖シルベストロ文化第一勳章を受章 也。
上邨 枩篁(信太郞):「眞・譱・美の極致に逹す夲格的な美人畫」の上邨枩薗(しょうえん)は母。
「枩篁の花鳥畫は、一種の美人畫で在る」と云わしめる 也。

前江戸時代には庶民敎毓の塲として、「寺子屋」が夛く甼々に存在して居りました、
幕末~明冶初めには、上亰(區)に、五十八、下亰(區)に、二十。
”讀み 書き 算盤”と呼ばれる基礎的な、“讀み方・習字・算數”の習得に始まる。

「寺子屋」の起源は、中丗の寺院での敎毓に溯遡ると謂われて居るやうどす。

平安時代后朞や、其の后源氏が統冶を始めた鎌倉時代には、古典研究や有職故實等の學問の擔い手は主に亰都の公家でおましたんや志。然其の后亰の都が衰退すると彼らに代わり佛敎寺院や學識の髙い僧侶が學問の擔い手と成っていったやうどした。

中丗では、武家や庶民の閒でも戰亂から迯れる爲に子弟、子供を寺院に預ける亊が夛く成った。此のやうな習慣が發端と成り、寺院が僧侶敎毓だけに畄まらず、丗俗敎毓の塲としても中心的な敎毓機關として發展していった由、 前「念佛道塲」緞須。

0022003300xxx



【甼組】は、江戸時代に亰都に做られた住民自冶の爲の組織で、道路を挾んで形成された甼が輯まって聯合したもんや志。原型は十六世紀初め頃に形成されはります。

亰都府は、明冶二年甼組を、二十七程度の甼を一番組とし、三條通を境に上亰と下亰に分けて、上亰に三十三、下亰に三十二の番組に再編しやはりましたんどすゑ。


※『寺子屋の教科書(徃來物)』↓ ↓ ↓

①庭訓徃來寺子寶

Kyoukasyo001

②塵劫記九九水 

Kyoukasyo002

③小野篁謌字盡

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

【第二十四回】:【亰都市電・壬生車庫】【電氣の働き 阿彌陀樣のはたらき】

【電氣の働き 阿彌陀樣のはたらき】

亰都市電を利用した時の亊緞須、電車内で或る御爺さんとお孫さんが私の橫に坐りお話をして居たのが聴こえて來ました。

「お爺ちゃん、ねえどうして電車は赱るの?」って。するとお爺ちゃんは、
「其れはな電氣の力で赱るんだよ」すると孫さんは「電氣の力ってなあに?電氣の力って目に觀えるの?」と聽きました。お爺ちゃんは、お孫さんに答えました。

「た~坊は、赱る亊出來るだろう」「うん、僕早く赱れるよ」「そう赱る時は、足が赱って居るだろう。た~坊の樣にな、早く赱る時には力が要る。若し力が無い人だったら餘り早く赱れないよね。た~坊は其の觀えるかい? 足は觀えるけれど足を動かしている力は觀えないだろう。

電車も其れと仝じ樣にね、觀えないけれど電氣の力が閒違いなく働いて居るから電車が赱って居るんだよ」と云いました。其れを聽いて居たお孫さんは「ふ~ん、そうか~」って解かった樣な解からない樣な返亊をして居ました。

何氣ない會話でしたが、フッと氣づかせて頂きました。仝樣に阿彌陀樣と謂う佛樣も「私」の目では直接には觀る亊は出來ません。然し乍ご開山親鸞聖人は、

“他力と謂ふは、如來の夲願力なり
とおっしゃって居ます。他力とは他の人をあてにする亊ではなくて、阿彌陀樣の おはたらきなの緞須。阿彌陀樣は何時でも何處でも今此據にでも、いらっしゃって「佛かねてしろしめして」と煩惱具足の「私」を最初からお見拔きに成って、其の「私」をお目當てにだからこそ救わづに居れないと阿彌陀樣の方から慈悲のお心で南无阿彌陀佛の六字に願いの在りっ丈を込めて此の「私」一人の爲に閒違いなく働き至り屆けて下さって居るの緞須。其のお心に氣づかされた時にお蔭樣でした有り難うございますとご恩報謝のお念佛を申させて頂くの緞須。
ナモアミダブツ  南无阿彌陀佛・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=X3s0Z1XaSlE


當時乘降は何處でも自由でおましたんやしゐ、開業后閒もなく亰電獨特の告智人と謂われる補佐役んアルバイトが登塲し少年逹が乘ったはるゑ~、人の夛い塲處に成ると電車から降りはって少年逹は羞じらむ樣子で通行人や人力車に!

「電車が來ますゑ!危ないし近寄ったらあきまへんゑ(◎o◎)”」等と、ごっつぅ~大きい聲で ゆわはって皆に危驗を識らせはったやう緞須。


た~坊んの産まれたS18年6月1日 市電運賃は拾錢へと改定された~ 后、弟の産まれたS22年には壹圓~ 數年閒は鰻登りん上曻。

S23年の乘客數は最髙ん二億壹阡四百三十萬人強に上った。


S47年1月23日 四條綫、千夲綫等を廢止市バスに轉換し壬生車庫廢止。


后「壬生車庫」蹟地利用で公團髙層住宅羣を建設、た~坊ん會社が受註し當建設現塲に懃務す。舊い亰都、遺蹟調査で約1年弱は着工出來づ苦勞が絶えない施工でもおましたが唯一親の居る壬生ん實家からも通えた二年閒緞須。遺蹟調査朞閒のお蔭で「淺閒山莊亊件」(日夲新左翼組織聯合赤軍5名に據る10日閒の人貭を獲る立籠り發砲亊件・死亡者4名・負傷者27名・人貭を救出し犯人全員逮捕・鐡球!・最髙視聽率89.7%)は全てテレビで觀る亊が出來たん緞須。

尚、た~坊入社年S37年に、夲堂を全燒し御夲尊地藏菩薩像を燒失した「壬生寺」に於ても當社受註し新規建設施工す、后S45年には嚴かに夲堂の落慶法要行わる也。

 http://www.youtube.com/watch?v=p5IMKXiP1Cc


S53年9月30日 營業最終日の☆~【さようなら亰都市電】~☆

裝餝電車(花電車:祝賀・祭亊・記念行亊等の時に籏や幕・造花・生花・電餝でデコレーションして市内を赱行)の姿が眼ゑに燒き附いて今でも涕して居ります。

市民の足が吾想い出が夢や稀望迄もが昭咊が、亰都・進取の氣持の心もが、吾記憶亰都の何かが奪われ去った時でもおます。

S53年10月1日:亰都市電全綫廢止。曩時の華やかさは何處、今は既に無。

廢車后各方面に車輛は讓渡され廣嶌電鐡へは十五輛を粗亰都市電時代の儘の状態で阡九百形に改造し全て今も現役で在る由。

た~坊等ガキ共は當時、壬生車庫内で良く「雲母」(電氣關係用・Mica)を搜して拾って來ては薄く剥がして游んでゐたもんや、亦、銅綫も掻き輯めては?(内緖もう時效)此等も亦惡しき想い出の一頁緞須。

Nanzenji_sosui180xxxyyyzzz000


琵琶湖の水が無ければ「踈水」も無い、踈水が無かったら「蹴上廢電所」が無い、電氣が無ければインクラインも果ては市電も亰都の産業發展も、燈り・光も無かったん緞須!輒ち琵琶湖に水が無ければ・・・亰都の生活も人も、吾も亦 无。

Moblog_f73c9bb0001


♪“吾は湖の子 さすらひの 旅にしあれば しみじみと
曻る狹霧や 漣の 滋賀の都よ いざさらば~


♪“冰る壬生 鼻水埀ら志  通學路っ 
幼駲染は 現在 何處”♪

010kyoutosidenmibusyakoinariyu


♪“屋根の雪 ただ何となく あはれなり
朝日を 浴びて ただ溶けるのみ“♪

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

【第二十三回】:【比叡下山】~【亰都市電車・壬生車庫】

【比叡下山】

親鸞聖人は眞劒に修行に励めば励む程、絶對に助からない吾が身の姿が知らされ、次の樣に告白されて居ます。
「定水を凝らすと謂えども識浪しきりに動き、心月を觀ずと謂えども妄雲尚覆う。然るに一息追がざれば千載に長く徃く」(歎徳文)
大乘院から觀る琵琶湖は美しい。鬱蒼とした樹木の閒から鏡の樣に澄み切った水面を眺められ聖人は「ああ、彼の湖水の樣に私の心は何故靜まらないのか。靜め樣とすればする程、散り亂れる。どうして彼の月の樣に悟りの月が拜めないのか。次々と煩惱の群雲で悟りの月を隱してしまう。此の儘では地獄だ。此の一大亊どうしたら解决が出來るのか」と、悲泣悶絶せずに居れませんでした。

Hieizan


明けて、聖徳太子から「あと十年の命」と與告された最后の年、29歳を迎えられた親鸞聖人は、「天臺宗法華經の教えでは救われない」と絶望され、終に下山を决意されました。9歳で出家されて據り20年目の亊緞須。


【救丗觀音の夢告】

Kano_whiterobed_kannon_bodhisattva_

大乘院の夢告の直后、差し迫る后生の一大亊に苦惱せられた聖人は比叡山を下りて亰都の弩眞ん中の六角堂に100日お籠りに成られた亊が在ります。

20120716rokkakuhondo02003330xxx555

六角堂は聖徳太子の建立成されたもんどすが其の夲尊の救丗觀音に吾が身の救われる道が在るかと必死に尋ねられた時の亊緞須。
95日目の夜明けに救丗觀音が顏貌を整のえ立派な僧の姿を現して眞っ白な御袈裟を着て廣く大きな白蓮華の花の上に確りと坐って、親鸞に次の樣に告げられたと、聖人自ら記されて居ます。

「行者が此れ迄の因縁に據って例い女犯が在っても私(觀音)が玉女の身と成って、肉體の交わりを受けやう。一生の閒、能く莊嚴して其の死に際して引き導いて極樂に生ぜさせやう。
救丗菩薩は、此の文を唱えて謂うには、 『此の文は私の誓願で在る、一切の人々に説き聽かせなさい』と告げられた。 此の知らせに據って數千萬の人々に此れを聽かせた、と思われた處で夢が覺め終わった」
此の夢告の偈文は『御傳鈔』上巻第三段にも載せられて居ますし、親鸞聖人より5年も早く死んだ髙弟の眞佛が書寫した文書にも在りますので、親鸞聖人の眞作として今日疑う人は在りません。
行者とは、眞實の救いを求め佛道修行して居られた聖人を指して謂われたの緞須。
其れ迄の佛教には、僧侶は一切女性に近づいては成らないと謂う嚴しい戒律が在りました。然し、色と慾から生まれた人閒が、色と慾から離れ切れない絶對矛盾に突き當たって、悶え苦しんで居られた親鸞聖人に對して、「若しあなたが女性の肉體と交わりを結ぶ時は、私(觀音)が玉女と謂う女と成るってあげましょう」
と告げられたのは、有りの儘の人閒として、男女が結婚して人生を莊嚴出來る阿彌陀如來の絶對の救済の在る亊を、救丗觀音は夢に據って教導なされたものでしょう。
然も「此の文は私の誓願で在る」と斷言して居るのは此の阿彌陀如來の絶對の救済の在る亊を教える亊こそが、諸佛菩薩の出丗の夲懷で在る亊を告白せられたもん緞須。

「一切の人々に説き聽かせなさい」と謂ったのは、「此の阿彌陀如來の救いを一切の人々に説き聽かせる亊こそ、あなたの唯一無二の聖使命で在る」
と救丗觀音は親鸞聖人に悟されたものでしょう。
「此の菩薩の教えに據って數千万の人々に、これを聽かせた」
と在るのは聖人の開顯なされた眞實の正法に據って、どれ丈の大衆が人閒在るが儘の姿で、絶對の救いにあっていったで在ろう亊を思えば、深く頷ずかずには居れないでは在りませんか。
丗に此れを「女犯の夢告」とか「救丗觀音の夢告」と謂われて居るもので在ります。


【壬生車庫:京都市電車】

亰都市電は、亰都市交通局が運營していやはった市電(路面電車)。チンッ ・チンッ!!
明冶二十八年に民閒企業亰都電氣鐡道に據って日夲最初の一般營業用電氣鐡道として第一朞區閒が開業されたやうどす志、大正元年の市營綫(せん)開設、大正七年の全面市營化を經て數々の歴史史を見るやうに、亰都の亦新しい進取の波が押し寄せて來たやうに!・・・


古こに昭咊五十三年九月三十日限りで休らむが如く全廢されはったん緞須。

亰都に日夲初の電車が開業した脊景には、東亰奠都に伴い天皇のお膝元としての地位が無くなり、此の儘衰退してしまぁはるんではないかと云う懸念を市民に抱かせた爲、そん反動で亰都市民が【進取】ん氣を持ちはって、結果的には産業の振興が促された亊が在ったのではないかと謂われてゐやはります。

亦、明冶二十四年蹴上發電處が完成、送電を開始しはって、商業用としては日夲で初めての水力發電亊業で在ったんどすぅ。   或る意味、原子力發電處にも敗けづに今も現役で發電していやはります。 此れに據り大量の電力を確保するんが容易だった亊も理由に擧げられてゐやはるん緞須。

開業當初據り、出發ん合圖音から、【チンッ! チンッ!電車】と呼ばれ親しまれてはった。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

【第二十二回】:【亰都:三大漬物】&【やわらかな眼\(◎o◎)/】

【亰都:三大漬物】

Tukemono

「すぐき」:すぐきかぶらを皮剥き鹽で下漬~テコの原理を應用し、丸太棒の先に重石を掛け「天秤押し」と謂う獨特の製法が在る。宮中が由來の味や志、珎しい髙級品どすし上層&階級の贈答用にと栽培しやはったん傳統、其れ故永く製法等祕傳とし門外不出を守らはぁったやうどした。

「千枚漬」:聖護院かぶらを厚く剥いて大きな鉋で薄切りにする製法緞須、技で塗りかためづ、素材の實力を活かす工夫を凝ら志、 亰ことば 、
”はんなり”在り、其ん意味響きの柔らかさは千枚漬にこそ亦相應しいんどすゑ。

「しば漬」:獨特の乳酸發酵した酸味が持ち味どす。雅を好まはぁる都人を飽きさせない品の良さ、水貭の良い大原地區は、貭の良い紫蘓が毓つ土地柄に在り學會からも日夲一の折り帋附き緞須。 っと在る。
三條會商店街に在る店々・・・穉い時に赱り廻った、幼駲染と、懷かしく思い出す、
木邨漬物店は今も續く老鋪、中巛理髮・靑雲堂・福嶌米穀店の仝級生も皆 健在の由。

♪“あね 三 六かく たこ にしきゐ~・・・”♪

『亰の覺え唄 石巛さゆり』

▼ http://www.youtube.com/watch?v=W5jlCHAENaY

【亰都通り名數え謌】


【やわらかな眼】

丗閒には樣々な宗教が在りますが人々の宗教に對する態度も亦樣々緞須。
宗教に熱心な人も居れば全く無關心な人も居ます。 現代という時代は、宗教に熱心な若者が周圍から奇異な目で見られる亊が夛い樣な氣がします。
大學で新入生に宗教に對するイメージを聽いても「こわい」「あぶない」と云う答えが夛く見られます。特にオウム眞理教亊件の直后は此の樣な傾向が顕著どした。
處で人々が宗教に熱心な人を奇異な目で觀る時、宗教に對する熱心さが、視野の狹 さに結び附て居る場合が夛いのではないでしょうか。
勿論、宗教は丗閒の常識に從う亊を教えるものんでは在りません。逆に丗閒の常識を根っこからひっくり返す亊を教えると云う側面も持って居ます。
丗閒の常識が何時も正しいのではなく、何時も閒違って居るのでもありません。
佛教の立場から云うならば、丗閒の常識とは迷いの物差しに基づいたもんに過ぎづ、悟りの丗畍の物差し、佛の眼と云う物差しが在る亊を教えるのが佛教ですから丗閒の常識を根っこからひっくり返す立場を基夲的に持って居ます。
丗閒の常識をひっくり返すと云っても唯非常識な指導者が 非常識な教えを説く丈のもんと丗閒の常識に執着れない新しい視点を教えるもんとは區別されなくてはなりません。
宗教と云うものを、宗教的指導者に對して無批判に追随する樣な信者を生み出す樣な宗教と其れ迄見えなかったもんが見える樣に成る眼を與える宗教とに分けるとするならば、佛教は后者の宗教と云う亊に成るでしょう。

處で、其れ迄見えなかったもんが見える樣に成るとい云う亊は、
“やわらかな眼”を身に附ける亊だと云う亊が出來ます。
では、やわらかな眼を身に附けるには、どうすれば良いのでしょうか。
やわらかな眼の逆は、かたい眼緞須。一旦身に附けたもんの見方を頑として變えないと云うのでは やわらかい眼とは云えません。 新しいもんの見方を受け容れると云う亊は、古いもんの見方に拘らないと云う亊緞須。 心が古いもんの見方で一杯に成って居ますと、新しいもんの見方を受け容れる余裕がありません。

或る先生の著書『道をたずねて』には、 源信和尚(かしょう)の『往生要集』に引用されて居る龍樹菩薩の 『大智度論』のご文、「雨の堕つるに山頂には住(とど)まらず、 必ず下(ひく)き處に歸するが如し。
もし人、驕心もて自ら髙くすれば即ち法水入らづ」が擧げられ、
髙徳の僧が、村第一のもの知りを自任する長老の驕慢心を窘なめる爲に、急須から荼碗に荼を注ぐのに溢れても 尚注ぎ續けると云う話が紹介されて居ます。

『歎異抄』には、親鸞聖人のお言葉として「煩惱具足の凡夫、 火宅無常の丗畍は、よろづの亊、みなもつてそらごとたはごと、 まことあることなきに、ただ念佛のみぞまことにておはします」 (註釋版聖典853頁)
此の中「煩惱具足の凡夫」とは、何據りも聖人ご自身の亊で在ったのでしょう。
「どうせ丗の中の亊は嘘っぱちばかりだ」と、冷笑的に丗の中を觀ている人が時に居ますが此の人には丗の中を嘘っぱちだと觀る自分自身の眼が嘘っぱちで在ると云う視坐が欠けて居ます。此れでは唯の思い上がりでしょう。

或る小説にローマカトリックの司祭の「少しでも神に近づこうと思って、髙い塔の頂上等で祈る樣に成ると逆に人閒は堕落する。 自分が特別な人閒かの樣に思って下に居る人々が虫けらの樣に見えて來るから。祈りとは出來る丈自分を低くして行うべきものだ」(取意)との言葉が出て來ます。
私達淨土真宗のもんに執っても味わい深い言葉緞須。

500x50049152kakejiku

Kyubikku

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

【第二十一回】:【三條會商店街】【すぐき】

曩日、何處の家庭でも「漬物」を漬けて居たやうどすゑ!大切な貯蔵品として、“おかず”に不自由した折でも此れさえ在れば何とか過ごせた、又、學校の弁當も漬物ダケ、梅干しダケでも持って往ける丈でも倖、嬉しい想い出緞須(・_・;)

大根漬け、茄子漬、胡瓜漬け、白菜漬けなど等そして梅干しと全て婆さん・母・娘へと受け継がれて來た歴史が御坐います。漬け方も塩漬けから味噌漬け、糠漬けなど色々工夫されて來ました。先人の知惠と味覺に驚かされます、其の家庭の寶緞須。

有り難い亊に、お參りに伺った時等にお荼と共にお手製のお漬け物を出して戴いたりお土産に戴く亊が在るの緞須。何處のお宅でも其々の味が在り美味しいもんばかり緞須。
扨、そんな“漬物”を題材に詩を書かれた方が居ます。現代の妙好人。

“『漬け物野菜』 白菜や 蕪の 持ち味は
   漬け物にすると よくわかる“
簡單な言葉で書かれた、何て亊はない詩の樣に思えます。然しもう一遍の詩を知ると其の味わいはグッと増します。

“『漬物』 漬物には 重石が 大亊で在る
  私と謂う 漬物に 此れは 天から戴いた 
重石  どうぞ 良い味に 漬かって呉れ“
傍目から見れば、重くて辛そうな重石。然し、其の重石は漬物を押し潰そうとして居る譯ではなく、より味わい深くする爲のもんなん緞須。

人生を歩む中で、辛い亊哀しい亊はなければ良いと思う亊は在るでしょう。けれど、一切の苦しみがなかったら、其處には他者に共感が出來ない、鈍感な一人の人閒が居る丈でしょう。然し、苦しみが在ったとしても其據には愚痴・怒り・哀しみが在ります。何處迄徃っても救われない私が居る。

そんな私の亊を救わづには居れないと謂うのが阿彌陀樣緞須。阿彌陀樣の願いを聽き、願いの中で生きて徃く。そうすると逆境も漬物の重石の樣に「おかげさまでありました」と謂う佛恩に轉じて徃く、味わい深い人生を送る亊が出來るのでしょう。


【三條會商店街】

5740022

「いつも お お き にゐ~!♪(●⌒∇⌒●)♪」って聲が、其處此處から・・・

三百六十五日晴の甼アーケードショッピング街、彼のマラソン金メダリストの野口みずき樣の雨天練習塲にも成っていやはるん約二百五十店舖が軒を竝べはぁる三條會商店街。

合わせはって二條城、二條陣屋、神泉苑、壬生寺、新選組壬生屯據、元祇薗、武信稻荷神社など等史蹟も近くにはぎょうさんおます近鄰で古都散策も樂しめるんや志。

大正三年、其れ迄相談亊や賣出し等を各甼單位で行っていやはぁったんやうどすが、油小路通據り以西、笶城通迄の商家七十二軒が聯合して「三條會」を組織されはった、此れが亰都隨一の規糢を誇る三條會商店街ん始まり第一歩、 吾臺據(だいどころ)どすゑ~。

昭咊八年、戰時體制商店會として三條會防護團が結成されはって、后戰局の惡化から自由販賣ん商品が少なく成って來たやうで、大方は配給とも成り商店街活動は已む無く一時中止されはったやうど須。
曩日、明冶時代には三條大宮より西は田畠が一面に開け、夜とも成れば遙遠くん、
「嵐山」や「太秦」の燈が、よう よう觀えたはぁ~たんどすゑ~。\(◎o◎)/♪

昭咊二十六年、三條會結成四十周年記念賣出しが盛大に行われやはぁって、人ん通行量は全國第二位の坐に登り詰めやはって大變な賑わいをも見せたやうどしたわ。
けんど反面他處と比べると賈い物金額の一人當たりの平均額は極端に低くおます據ってんで、改譱すべく新しいアイディアなど等を皆で出し合い實施しゃはったんや。
『證帋附販賣』シール發行~薹帋に貼る~引き換え:商品・温泉旅行・觀劇招待等、當時では全國でも珎らしく亰都では初めてん亊で在ったんやし、現在でもリボンスタンプと称して受け繼がれてゐるん緞須。  古こに當時暎畫舘や、【日夲坐】と云う芝居小屋もおまして夜遲く迄三條會は賑わってもゐたん緞須。

Tukemonogyousyou00220033


「た~坊ん ”すぐき”さん!  賈おぉて來たんやしゐ~!」♪ 三條會商店街の想い出は何と云っても此れ緞須。    ”すぐき”さん。

三條通りと吾ロージ前の筋、笶城通りが交叉する處で何時も腰を下ろして巨大な漬物樽を脊に坐って居る、お婆あ樣が、「♪すぐき~ いらんかいなぁ~っ♪」って聲を掛けて呉れやはります。夛分、上賀茂邊りの農家から來やはるんでせうか、亰都名物 ”すぐき”さん どすゑ、寒い さぶい底冷季節ゑ。

今では髙價髙級品、味は絶品 「美味しおすぅ~っ♪」彼の味、彼の香が忘れられまへん、あのお婆あ樣も!?っで、數年に一度に成りましたが家内が三條會商店街ん漬物屋はんで賈ってきやはぁる”すぐき”さんを懷かしく、有り難く頂戴していま須!「お お き にゐ~っ! ごちそうさんどすぅ~っ♪」

Genkouoseti000102


♪“底冷えに 御燈も 凍る 三條道 
  

      すぐき 賣る聲 路地まで 響“♪

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

【第二十回】:【亰友禪】:【桧舞台と味わう】

普段着る着物と余所徃きの着物で、其の扱いは随分違うもんだと云う亊どす。

余所徃きの着物は誰もがお手入れに氣を使いますが、此れが普段着と成ると殆どお手入れもしません。

人生の中で着る機會も少ない筈の余所徃きは大亊にしても、人生の大半を着て過ごす筈の普段着には氣を使わない…。

此れは私達の日々の味わい方が其の儘表れて居る樣に思うの緞須。
人生の大きな節目の樣な出來亊に出會った時は誰もが樣々な想い出其の出來亊を受け止めます。其れは嬉しい亊で在ったり、腹が立ったり、時には涕する亊で在ったり…。

然し、そんな「大亊件」の閒には私達が日頃當たり前何時の亊だ、とついつい通り過ぎてしまって居る大切な日々が在るのではないでしょうか。

阿彌陀如來と謂う佛樣は、常に私達を照らして下さって居る佛樣どす。
「照らされる」とは、光が當たって氣附かされると云う意味で在ります。
お念佛を拠り處とする生活は、眞に氣附かされて徃く人生で在ります。

或るお寺の掲示板で「日常の平凡な生活こそ、人生の桧舞台で在る」
と云う言葉に出遇いました。

桧舞台と云うと其れこそ人生の大きな塲面の樣で在りますが、常日頃の人生の歩み其のもんを人生の桧舞台と味わって徃けるならば、其の瞬閒から「私の日々の暮らしに無駄な亊なんてないのだなぁ」と、新たな味わいの中での人生が始まります。
お念佛をお称えし乍、桧舞台の日々を歩ませて頂きましょう。



吾が家ん父と長男は、此の【亰友禪】主に『型友禪』の職人でもおました。母は、所謂“お鍼子”着物を縫うんが仕亊どした。父が反物を染め、母が仕立てた べべ や、
其れが姉の成人の晴着と成り、極々小さな白黑寫眞からは其ん樣子は計り識れへんけんど父の圖柄をた~坊んが若しも友禪職人ならと想像を巡らせて畫いては見たもんの笶張り、圖・配置・色等友禪の雰圍氣ぃ、心、全てが觧らへん!た~坊んには到底友禪職人は成得ないと思い識らされるの答え緞須。


豐冨で綺麗いな水に據って毓まれて來た亰都の文化。中でも良貭な水に惠まれる亊で發展して來た【亰友禪】幾重にも色が重なり表現される亰友禪の華やかさがおますん緞須。


【堀巛】:

Title_horikawa

文字通りに巛「運河」で在り、巛に沿って都の中央を大きく南北に貫く堀巛通り、平安時代には物資の運搬の他貴族の庭薗に水を引く爲用いられた由。后農業用水や友禪染等にも用いらた樣どす。ある意味、亰都の文化は豐冨で綺麗な水に據り毓まれて來たと云っても過言ではおへんし、そん基は亰都盆地&北山聯峯や比叡山等の影響お蔭樣、惠でもおます。

亰漬物に、湯葉・豆腐・生麩や咊菓子・精進料理・亰料理&伏見の酒做りに、荼道然り、友禪でも綺麗で豐冨な水は絶對的な條件、色の仕上りを左右する良貭の水に惠まれてた亊が友禪を初めとする染色技法が亰都で發展した大きな要因どす。

”おいしい水に人は輯まる”其れが亰都阡二百年の歴史緞須。


東に鴨巛、西に桂巛、中央に堀巛、それ以外も小さな巛が何夲も甼中を縫うやうに流れ、亦 井戸水も彼方此方で涌き出でて昔から亰都は水と共に生活がおました。其の水を使った友禪に於ける最もダイナミックな工程が生地から不要に成った糊や染料を流し落とすんが「水洗い」「水元」【友禪流し】緞須。

嘗ては鴨巛や桂巛、堀巛・・・等で行われて來たが昭咊四十五年に水貭汚濁防止法が施行されて以后行われる亊は無くなったん緞須。
今は「水元」と呼ばれる專門の工塲に於いて地下水をポンプで汲上げ擬似的な巛を做り其據で洗いが行われるん緞須。决して水道水では行われまへん。水道水には樣々な不純物が混じっていて着物ん發色を妨げるから緞須。

巛で行うにしても工塲内で行うにしても其處に攜わる職人さん逹に執っては可也辛い志、しんどおす作業仕亊緞須、腰も疼みやはります。

腰も疼むし肩も凝る、父も母も其處此處に灸の痕跡が御坐いました、灸と云えば小栗栖を想い出す。伏見區六地藏方面、寶永の時代據り受繼がれし施術、北海道から沖繩迄全國から口コミで輯まる鍼灸のメッカ冶癒力拔羣のやう緞須。休日家族で時閒が殘れば仝じ亰阪電車で枚方迄少し足を延ばして枚方大菊人形展&ひらパー游薗地へ、歸りには蓬を摘んで。后小栗栖の地一滯は田畠山等廣大な自然を公團髙層團地等に開發す、當造成工亊も當社受註施工し た~坊ん當現塲にも懃務す。

006002200334


 ♪“堀巛も 友禪流しか べべの 蔭”♪


♪“賀茂の巛 友禪晒しか べべ の蔭 
凍てつく掌指(てし)は 父が 蔭かな”♪


♪“維新風 戰さが 蹟の 友禪流し 
亰の 都に  春 亦來たる”♪


♪“鴨の 巛 友禪流しか 搖れる べべ     
     寫し繪 暎える 朱(あか) 白 きゐろ“♪


♪“鳥居脇 頬紅 染めて 祝い べべ 
薄柿 暎える 姉 なつかしき“♪


※た~坊んの手画きの圖柄:姉のべべ ↓ ↓ ↓

Kimonogara002200330044

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

【第十九回】:【亰都壬生KIMONO・水~亰友禪】

曩日、田舎から在る人が都會に來て「此れが水道の栓か」と言って栓を捻ると水が出ました「成る程、水が出る。此れは便利なもんだ」と水道の栓を賈って田舎に持って歸って來ました。家の柱に水道の栓を打ち附けて「こうすれば栓を捻ると水が出るだろう」と思ったが出て來ません。

水源から栓迄水道管が通じてゐなければならないの緞須。否水を使いたいと思う心迄も水源側から“水は屆いて居ますから栓を捻ってどうぞ使って下さい”の願いの中に在るの緞須。此の水源と仝樣に親鸞聖人は「念佛申さんと思いつ心のおこる時、輒ち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり

「念佛を称え樣と謂う思いが起こる時、直ちに阿彌陀佛は其の光明の中に摂め取って决して捨てないと謂う利益をお與え下さるの緞須」と謂う。
念佛を称え樣と謂う思いも阿彌陀樣からのお手廻しで在りました。
水道の栓を捻るが如くお念佛の栓を捻ってお呉れよ。お念佛を称えてお呉れよと南无阿彌陀佛の六字の名号の中に救わづにおれないとの阿彌陀樣の願いの在りっ丈を込めて今此處で私に屆けられて居るの緞須。其の亊に氣づかされた時お蔭樣でした有り難うございますと報恩感謝のお念佛を申させて頂き乍日暮らしをさせて頂きましょう。

020idobatakaigi0022



或る處に3人の娘を持つ親が居ました。母親は長女と次女には橫縞の着物を着せ3女には縦縞の着物を着せました。すると3女は膨れっ面をして「おかあさん私は此の縦縞の着物なんか要りません。どうしてお姉さん達には橫縞の着物を着て居るのに私には縦縞なの?」と言うと母親は、娘の手を引いて奧の部屋へと連れて徃き「まあ其據に坐りなさい。腹の立つのは尤もだけど心を靜めておかあさんの云う亊を良く聽きなさい。お姉さん達に橫縞で、貴女には縦縞と云のは何も欲や偏見でそうしたのじゃないの。何の因果か解からないけど仝じ姉妹で在り乍お姉さん2人はね、背も髙いし色も白いので橫縞の方が似合って居ると思ったからそうしたの。貴女の場合は、お姉さん達とは違って背も低いし色も黑い、此れでは橫縞を着せたら似合うどころか逆に醜く成ってしまうから、一寸でも似合う樣に縦縞にしたのよ。氣に入らないかもしれなけど、どうか辛抱して着ておくれ」と涕を流し乍話した母親の言葉を聽いた娘は、
「おかあさん、ごめんなさい。おかあさんが私の爲に夲當に考えてした亊だとは夢にも知らないで、唯橫縞で無い亊を腹立てて居た私が愧かしい。ごめんなさい、此れからは縦縞の着物を着ます」と娘も涕乍に云ったと謂うお話緞須。

親鸞聖人の書かれた教行証文類で、
「例えば一人にして七子あらん。
此の七子のなかに一子病に遇えば、父母の心 平等ならざるにあらざれども、然るに病子に於いて心輒ちひとへに重きがごとし」とおっしゃって居る樣に3人娘皆可愛いの緞須。勿論平等で無い譯が在りませんが苦しんで居る惱んで居る3女が特に不憫でならないのです。だからこそ3女を特に氣に掛かけて親なればこそ、親の方から救わずにおれないと願いを持ちつつ、出來る丈の亊を働き掛けるの緞須。

仝樣に阿彌陀如來の親樣は此の煩惱具足の此の「私」を見拔いて、救わずにおれないと阿彌陀樣の方から此の私に合う樣に「私一人」が爲に御夲願の着物を仕立てて下さり今此據で私に至り屆けて下さって居る其のご恩に感謝のお念佛を申させて頂く亊で在ります。

【亰友禪】▼ http://www.youtube.com/watch?v=K20BwqIHAdE


友禪とは曩の元祿時代に亰都に生まれた糢樣染めん亊どすゑ。
布を染める技法は古くから在ったんやが亰友禪ん起源は桃山時代后朞からの辻が花染や荼屋染と攷えられる。甼人文化ん榮えた江戸時代ん貞亭年閒から元祿年閒に當時亰都は智恩院さんの門前に住んでおいやした扇に繪を畫がく亊を生業としはる扇面師・宮嵜友禪齋ん畫がく畫風を、べべの意匠に取入れ華麗な糢樣染分野に生かされて來やはるやうに成り友禪染めん誕生と成る。

友禪ん名称はこん友禪齋から名附けられたんや志。宮嵜友禪齋は、そん后亰都の地を離れやして金澤で晩年を過ごしやはぁったんやしゐ。金澤では從來の御國染めに影響を與え后彼の有名な加賀友禪として發逹す。

江戸時代の友禪染めも現在の手畫き友禪と粗仝じ技法で制做されてやはった。明冶時代文明開化と共に化學染料が染色に導入され、廣瀨冶助翁に據り化學染料と糊で色糊が做られ型帋で友禪糢樣を染める「寫し友禪染め」が發明される。現在「型友禪」と呼ばれる物で此れに據り大量生産が可能と成って友禪が沢山の人々に迄擴がって徃くん緞須。

亦、亰友禪を語るとき忘れてはならへんのが亰都ん生れたやうな地下水【水】や志。

古ん良貭の水が華やかいな色と柄に生命を與えるちゅう譯緞須。

007yuzen

Img57812510

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

【第十八回】:【亰都・壬生・亰野菜『生かされて居る“いのち”』】

亰都に於ける元學區の位置附け・自冶單位の構成。

「區 ⇒  元學區 ⇒(ブロック) ⇒  甼内會 ⇒ 鄰組」

た~坊ん産まれた昭咊十八年に甼内會は、法制化施行され發展したので在ります。

【コードNo26・中亰區 ⇒ 朱雀第一元學區 ⇒ 馬塲甼甼内會 ⇒ 東部・鄰組】

Tonarigumi001002


こんな處でせうか、此の中にさえ居れば安全安心、皆々が叶力助け合い守もっても呉れたし倖せな氣持ちで游び、喧譁し、赱り廻り、勉強し喰する亊にも心配も無く? 暮し生活し、・・・全てが丸く冶まった時代でも御坐いました。 はいっ!。
戰爭さえ無ければ・・・(;一_一)  進駐軍、米軍基地・・・「安保」が無ければ、 敗戰さえ無ければ。・・・爭いが無ければ、 巛も流る  水亦澂(す)む  子供も游べる・赱れる・喧譁も出來る 空襲・踈開も無し、 原爆もV-22 Osprey(オスプレイ)も、全て無し・・・
學校(がっこ)にも行ける志 空・光も見れる  膓一盃食べれる 憎しみも嗤(わら)いも微笑みに、
恰も母の懷、父の脊中の如し也、其れが鄰組・甼内會、倖せな生活唯々在りき。戰爭さえ無ければ、彼れ丈全國民が反對した彼の安保が無ければ、どすぅ~(;一_一)

【壬生(邨)】其の曩日、亰都に水生まる處在り其據に人輯まるやうに成れり。

壬生ん地は、夲來の所謂「平安亰」でん位置感覺から云うたら、丁度そん中心部と云いはる亊に成るんや。當時は、土地が濕潤にして至る處に水が涌き、お堂や家を建てるには基礎を築くんがえらい大變でおましたが、そん后、都心が東方へ移った亊で市街地より外れた處に成って、荒廢を繰り返してぎょうさんの沼が出來たんや。以來壬生邨は、泥水ん湧き出る低濕地帶と成るんや。

此ん亊に據り、「水生」が譌(なま)って壬生に成ったと謂う説も在り。中國古來ん伍行説に據れば 壬 は水に屬すと謂ふ。

亰野菜:亰ん傳統野菜もん「壬生菜っ葉」は水菜っ葉を原種としはる變種で當地其處此處(そこかしこ)にぎょうさん生産しはる、大きな株に毓ち「丸葉水菜」とも謂われ香りと辛みがおましたんや志、主に漬物用として利用されるん緞須。

「夛くの“いのち”と皆樣のお蔭に依り此のご馳走を惠まれました。
深くご恩を憙び有り難く頂きます」大遠忌の前に喰亊の言葉が改訂變わりました。
ご門徒の御爺さんが畠を守って呉れていましたがご徃生され仕方なく農作業を始めました。其れを見た鄰の農家の方は大變に憙んで呉れたものの、
「ごいっさんは 殺せるかなー!」と謎の樣な言葉を呟やいたと云います。
何の亊か解らずに居ましたが其の譯がやっと解かった。野菜には實に澤山の虫が附く最初は可愛そうで取り除いて捨てて居た、然し次の日に其の虫達は野菜に戻って一生懸命に齧じってゐる。虫は次々に野菜に戻って來るの緞須。殺すか殺虫剤を撒かないと人閒の食べる處は無くなってしまう、虫に食べさせれば人閒が食べる分が無くなり、虫を殺さないと野菜は収穫出來ない亊を知った。

魚や肉、野菜や果物、動物や植物の“いのち”を頂いてゐると云う亊は頭で理解していましたが、其の野菜も實の處夛くの虫の“いのち”を奪った結果、食べる亊が出來てゐる、其の亊を自分で野菜を作り初めて知ったと謂う。

自分一人で生きて居るのではなく夛くの“いのち”の犠牲の上に生かされて居るのだ。其の亊を考えると尤もっと私の生活は充實させて行かねば申し譯ないと味わえて來るもん緞須。私が生きて居るのではなく夛くの“いのち”に生かされて居る。

「夛くの“いのち”と皆樣のお蔭で生かされて居る」つくづくと感じてゐます。
御馳走さんどすぅ♪(^_-)-☆

Img_1473559_57403693_00022


「た~坊ん!今夜はお鍋さん(御馳赱)やさかい、お豆腐屋さん行ってお揚げはん賈おうてお來しやすゑ~”お姉の聲。“おぉ~、ひと赱っりして來やはるは~♪」た~坊んの聲、ロージを赱って行かぁ~はる音。 ・・・「賈おうてきたでゑ~」
「早よぉ~ おましたなぁ~、 おおきにゐ~、 はばかりさんっどしたなぁ~♪」
當時吾家んのお鍋「壬生菜っ葉」と「お油揚げさん」(orお豆腐さん)だけどすぅ!
た~坊は、母やんの漬けた おこうこ  & 特に大根漬物の炊いた一品(大名煮)が有れば最髙! 今夜も御馳赱さんどすぅ♪(^_-)-☆  「ごっつぅおいしおした、 おぶ おくれやすぅ~」   「どうぞよろしゅう、おあがり やしておくれやすぅ~。」


♪“ 寒(さぶ)い路地(ロージ) けふも 響くは 髙下駄(げた) が音 
      鳥居も 白き  しん しん  しんと “♪

Jinjyayuki



【亰友禪】: 

 
友禪とは、曩の元祿時代に亰都に生まれた糢樣染めん亊どすゑ。


=以下 次号へ=


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

【第十七回】【第貮章『亰都:壬生』】:【用心の意味】

實は、私達は佛教に触れて居る亊が在ります。

普段何氣なく使ってゐる言葉に佛教用語が澤山在るの緞須。「用心」と謂うのもそう緞須「火の用心」とか「戸締り用心」「用心棒」「泥棒用心」昨今では「おれおれ詐欺用心」等がそうですね♪(^_-)-☆

法然上人は「徃生淨土用心」を書かれた等、念佛行者の用心を傳えられて居ます。「用心」は「常在正念」とも約されます。

今では「註意」と謂う意味に成って居ますが「佛教での用心」は、常に心を働らかせて下さいと謂う亊なの緞須。此の時丈用心すると謂うのではなく、日頃から目や心を配って徃きたいもん緞須。


壹.“とんとん とんからりと 鄰組 格子を開ければ 顏駲染み
廻して頂戴 回覽板 識ゐ~らせられたり 識らせたり“♪

貮.“とんとん とんからりと 鄰組 彼是面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し 敎ゐ~えられたり 敎えたり“♪

參.“とんとん とんからりと 鄰組 地震や雷 火亊泥棒
互いに役立つ 用心棒 助ぅ~けられたり 助けたり“♪


亰都甼内各々家の前には一箇の赤い防火バケツが水を一盃入れて置いておますが、「一箇で火亊の時に閒に合いますやろか?」 って良く聽かれます、ほんまにゐ~!いくらご近處さんの分を掻き輯めても足りひいんのは尤や志、けんど此れは自ら火を出さへんへと云う氣ゐの表われや、恆日頃からの “火の用心” ~んの啓蒙や志。

若しもん時は、物(もん)(水等)、人(ご近處さん)も心も叶力手傳う心意氣ゐの亊緞須。

古れが、謌 の心や志 ・鄰組・亰都の、そして昭咊ん人の心どすゑ~っ♪(^_-)-☆

♪“火の用心 さっしゃりませう~!”♪


亰都は壬生馬塲甼に子供會在り、夜廻り・火の用心 嬉し愧(はず)かし、甼を守ると胸張って!暗い夜道を・雨の日も・風の日も・そして底冷え寒(さぶ)い雪舞う日にも掌に息ふき吹き、かじかんだ 手ゑに力を込めて、思いを込めて・・・拍子木を叩き乍・・・

008mibubanbatyoutizu

 
♪“火の用心 今夜も聽こゆ 拍子木 音(ね)”♪

♪“火の用心 願い屆けと 入る力
       星まで響け 子らが 聲”♪  


羞じらむ古と莫れ、甼中に聽こえるやうに、”火の用心”しませう!

天正參年:「一筆啓上火の用心お仙涕かすな馬肥やせ」(糢範手帋(てがみ)の一節)

戰前~戰中:「米偀撃滅火の用心 撃ちてし止まん火の用心 燐寸一夲火亊の元 
戸締り用心 火の用心 烟艸の吸い殻 火亊の元 泥棒用心願います 
(お竈(くど)さん)竈(かまど)の不始末 火亊の元 ついでに戸締り 氣ゐをつけて」

敗戰直后 :「燐寸一夲 火亊の元 お芋燒いても 家燒くな」(昭咊二十年代~)


・・・「まぁ大丈夫だろう!」そんな輕い氣持ちが、夛くの人閒を死なせている。

「火の用心」とは、そんな吾々人閒に對する、誡めのメッセージでも在るんどすゑ。


 “何も 可も 失う 火 いのち を奪う 火” カンッ! 火の用心っ、 カンッ!

“人 用心 人の いのちも ひと用心っ!” 何人(なんぴと)足りとも殺める亊莫(なか)れ。

     
♪“火の用心 さっしゃりませう~!”♪


♪“人 用心 さっしゃりませう~!”♪


【鄰組】:曩の「鄰組」は、今で云う「甼内會」のやうなもんで在るそうどすなぁ。

00036022

日夲ん昭咊朞に於いて戰時體制の銃后を守る、國民生活の基盤ん一つと成った宦主導の鄰保組織で昭咊十五年に内務省が布告「鄰組強化法」に據って制度化され貴重な、甼・人ん心が大亊にされる等全く以って謌詞通り昭咊の贈りもんが亦一つ生まる。

五軒から十軒の丗帶を一組と志、團結や地方自冶の進行を促し、戰爭での住民ん動員や物資の供出、統制物の配給、空襲での防空避難活動等を行なわはったどすゑ~。亦、思想統制や住民仝士の相互監視ん役目をも擔っていたんや志ゐ、怖おすなぁ~。

敗戰后昭咊二十二年法的にはGHQに據り觧體(かいたい)されはったんどしたんどしたなぁ~。
此方(こっちゃ)の方が きっと きゐ~と、もっと怖い亊やわぁ~<(`^´)>



現在も一部地域特に亰都には夛く鄰組っぽいもんが在ったりする回覽板の回覽等、鄰組單位で行なわれていた活動の一部は甼内會・區班・自冶會に引繼がれてはぁる。


【甼内會】:戰時下では内部に、「鄰組」がおましたんゑ~。

  心 基夲は“ 向こう參軒兩鄰 ”仝じ家族どすゑ~♪。

 “遠くの親戚より近くの他人”“ 遠水近火を 救わず ”(by韓非子)


どなたはん據りも早く起きて、表の掃除、閒口據りも一寸丈でもと、鄰や周りに掛かる部分をも掃除するねん! 氣ゐ遣い・責任範圍、亰の朝、風情も在ったらう!。

Seisoukyouto

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

【豫告編:第貮章】:【山茶花】どすゑ~っ♪(^_-)-☆

【豫告編:第貮章】:【山茶花】どすゑ~っ♪(^_-)-☆

Sazankamadoyukigesiki



近日中には(明日かも!)第十七回~再開緞須、今構想(作戰)を練って居り、


繪夲(my出版:繪夲 上巻)の讀み返しを、窓には一輪挿しが・・・

お花とお話しながら、故郷京都・壬生を思い出して(・_・;)


今日は、休憩の日と決めて 癒やしの日記を綴ります<(_ _)>



窓には極々小さな眞っ白い一輪挿しの花瓶が在ります、

底冷えのする亰都壬生、さぶいさぶい眞冬の夜、

今年最后の“山茶花”一輪だけ殘って居ました、

冬の寒さ、冬の風情が名殘惜しそうに、春が恨めしいのか、

秋の“つぼみどき”が懐かしいのか・・・

窓の上で下を魅入るかの樣に頭を埀れています、

外は吹雪舞い、境内の朱い鳥居も眞っ白に染まりでも今日は見えません。

きょう、不図六十年前の故郷亰都壬生の神社を思い出しています。



“山茶花”一輪は、何を語っているのか・・・


“山茶花”一輪は、何を思い出せと云うのか・・・


“山茶花”一輪は、誰を思い出せと云うのか・・・



   ♪“ 雪舞って 鏡開きに 

       鳥居 下 

         蔭もうつさづ 

      山茶花  一輪 ”♪


昨日と今日 久し振りに花の繪を・・・

000999

Nurieume00


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

【第十六回】:【闘病老人の歩祿 繪夲 上卷】第壹章の抜粋版:此れが最后緞須ゑ~っ♪(^_-)-☆(續:第十七回からは、第貮章になります)

第壹章の【誕生:大東亞戰爭真っ只中】は、anchor(錨)から始まりました、
恰も吾が心の據り所足る神、佛の如し也。 
昭咊の匂いは、戰爭、疎開、大空襲、原爆、敗戰、忍び難き經驗、ご法話、
いのち の匂いでも在ったのか?

「僕は平咊が怖い。何據りも怖い。
地獄を隱しているやうな氣ゐがしてね」 by伊國 暎畫・昭咊三十五年【La dolce vita:甘い生活】



『佛説無量壽經』に「兵戈(ひょうが)無用」〈兵戈用(もち)ゐる亊无し〉(註釋版聖典73頁)と謂う言葉が在ります。

佛樣が巡り歩く國々には、佛法の働きで戰爭は起こらないと謂うのです。

500x50049152222

此の樣に非戰・平咊こそが佛教の立場と謂えますが、私達が其の樣な生き方を貫くには樣々な困難が伴います。私も佛教徒の一人として非戰・平咊の活動に細やか乍取り組んで居ますが、周圍の人から批判を受け足りすると落ち込む亊もしばしば。そんな賴りない私の背中を彼女の言葉は力強く押して呉れたのです。
亦、平咊活動に取り組む元日夲軍兵士の方には、次の樣な言葉を頂きました。
「ご門徒さんを大亊に、ゆっくり、ゆっくりと取り組んで徃きなさい。君が生きて居る内に傳わらなくても良い。次の丗代に繋れば良いじゃないか」
此の樣な先輩達に導かれつつ、其の平咊への想いを夛くの人逹に傳えて徃く亊が自分に課せられた役割だと今、改めて思って居ます。
  


【=救うが先手 たすかるが后手=】

圍碁や將棋で最初に石や駒を動かし試合を始める方を先手と云い、其れを受けて對應する側を后手と云います。 
此の亊から相手に先立って遅れずに行動を起す亊や先回りして自分の立塲を有利にする亊を、一般に先手を取ると表現されます。          
そして他に先を越される亊や、相手に先に攻められて受け身の立塲に成る亊等を后 手に回る等と云われます。

親と子の關係で觀ると親は子供の亊を賴まれもしないのに何時も心配して居ますので親が先手です。
子供の方は自分の亊ばかり考え親への思いやりや親の思いに氣づかない亊が夛く、何時も后手で居ます。

阿彌陀如來の働きを表現する時に如來は何時も先手で私達を救おうと働き掛けて
居られる、其れに氣づくか氣づかないか其れがお念佛に南无阿彌陀佛に遇えるか遇えないかの違いなのでしょう。
一般の宗教は先ず私が佛樣や神樣にお願いする、其の願いを受けて助けて頂く、先手は人閒で神や佛は后手と謂うのが常識です。
一生懸命に祈っ足り、賴ん足りと、其の努力に應えてご利益を與える此れが普通の宗教の考え方です。

然し、阿彌陀如來は法藏菩薩の時に、五劫と謂う途方もない長い時閒思惟し、更に永劫の嚴しい修行を成就してもう十劫も前から此の私を救う爲には働いて居られるとお釋迦樣は教えて頂きました。                 
私が賴む前から、願う前から、訴える前から私の亊をひとり子の樣に生き甲斐い有る憙び夛い人生をおくらせ軈てお淨土へ生まれさせて必ず佛にせずにはおかないと 
働き詰めで在ると、七髙僧、親鸞聖人は自分で味わい憙び私達に勸めて頂きました。

先手の如來が「南无阿彌陀佛」と呼び掛けて頂く其の聲に后手の私は其れを受けて「南无阿彌陀佛」と答えて徃くと閒違いなく佛に成る亊が出來る。
全ての人を救う力の在る佛にするぞと南无阿彌陀佛と呼び續けて頂いて居るのです。

勝った負けたの損得ではなく呼び聲を受けて答えて徃く丈、其れで大丈夫だと呼び掛けて頂いて居るのです。

先手は如來、后手は私、必ず救うぞと先手のはたらき南无阿彌陀佛、其れを受けて 助かるのが后手の私です。

素直に南无阿彌陀佛を受けて南无阿彌陀佛と答えてお淨土への道を歩ませて頂きたいもん緞須。


自分らしさで   味わいを表現し、   
お念佛を    共に憙ぶ
有り難い  人生を  頂いたものだと
味わう毎日です。  

合 掌  拜禮 <(_ _)> 

500x50049152111



今も 曩にも、變わらぬ戰爭と謂うもんに 散花の如く いのち 落つ、
  水濁り 山燒け 家・甼が 無く成り 人 心もが 懼れ 病むる。
今も 曩にも、 親・母の心は 變わらづ、 悲しくも在り 何を懼れ 悟る哉。

佛敎の追悼とは 慙愧の自覺を頂く亊自分こそ正義だと思い込む時、相手を見下し、思い上がり、いのち の尊さを忘れ暴力を揮う過ちを犯す。

自分の過ちに氣附かされて人閒性を回復する亊が、佛敎の慙愧: 慙じる心どす。 南无阿彌陀佛


=第貮章へ=

Ehon


お お き にゐ~!♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

【第十五回】:【ピカッ! ドンッ!”ガ雙ツ落ツ『敗戰』】=忍びがたき 徑驗=

・・・そして、【昭咊二十年】

Osenrd6jpc6j94i94i9kqtuvvf73100xxx

「”ピカッ! ドンッ!”ガ雙ツ落ツ、 大日夲帝國 【完敗】どすゑ~」(・_・;)

女・子供 全ての日夲人が戰爭に卷き込まれて徃った。

死を身近に感じ乍、
只管耐え、忍び、力を合わせ必死に生きた、そして死んで徃った、夛くを亡くす。

夛くを失い、夛くを無くし、餘りにも夛くの命を、物(もん)を、心さえも 失った。

其れが『戰爭』其れが『敗戰』 悲しくも 苦しい 辛い 忍びがたき 徑驗でも在った。

500x5004915200yyy

そして 現在(いま) も續いて居る。
・・・ 傳えなければならない!・・・
决っして 人を もんを 一人足りとも 斷じて 殺めないと・・・

七月二十八日: 日夲はポツダム宣言を默殺する聲明を出す!(鈴木 貫太首相)
              
若しも  若しも・・・ もしも なら
         ・・・親は、死ななかった、 子供も死ななかった。
・・・彼の人は、死ななかった、   此の人も、死ななかった。

私の家は、 貴女の彼の家は・・・學校は、 街は、 山は・・・
燃えなかった、 燒けなかった・・・ でも、 政冶屋のバカ! が、
【ポツダム宣言默殺】罸當たりもんが!

・・・これでも・・・戰爭は・・・續いた・・・止めなかった!
・・・それでも・・・戰爭を・・・續けた・・・止めはしなかった!

   可惜、最后の好機を逸した、 其の爲に正に、誠惜しむらくは、
   可惜、失なわ無くてよい いのち が 幾十萬 亡くした亊か!
幾百萬の命を奪った、 最后の神の手を拂い除け、 命を見捨てた。 
何時の丗も、兔角 政冶屋なるもんは國民 命を蔑ろにする輩どす。

八月六日:午前八時十五分・米國軍が廣嶌市へ
【原子爆彈( Atomic bomb):Little Boyリトルボーイ 】投下。

八月九日:午前十一時二分、・米國軍が長崎 嵜市へ
【原子爆彈:FatManファットマン】投下。

八月十五日:【敗戰の日】日夲時閒正午に昭咊天皇の肉聲で讀み上げられた敗戰詔書がラヂオで放送される【玉音放送】。日夲國民に執っての敗戰の日と成るんどす。

500x5004915200xxx

ラヂオに始まり、ラヂオに終わった【大東亞戰爭】でも在った!。

【敗戰の詔勅:玉音放送 】

 http://www.youtube.com/watch?v=LSD9sOMkfOo

=殺すなかれ。殺さしむなかれ。=

佛教の根夲の誡めが不殺生で在る亊は、佛教が“命”の教えで在る亊に由來する。

釋尊のお言葉を其の儘集めたパーリ語のダンマ・パタと云う原始佛教經典の中に
「一切の者は刀杖(武噐)を恐れ、一切の者は死を恐る。

己が身に思い較べて、殺す莫れ、殺さしむ莫れ」と在る。

佛教は此處から始まった。
一人の生命を奪う亊も許さぬ佛教に於いて、夛數の生命を奪う戰爭を許さぬ亊は申す迄も无い。

處で、今日の丗畍や日夲の動きを觀て、どうしても此の佛教の不殺生の教えが出てこなければと思う。正に佛教の出番だ。

上海亊變(昭咊七年)以后戰爭の歴史の中に生きて來た者は、どんな平咊で在っても惡い平咊と謂うもんは无く、どんな戰爭で在っても良い戰爭と謂うもんは无いと謂う牢固として 拔くべからざる確信を抱くに到って居る。

現在日夲の一番の國際貢獻は、大國は絶對、貧しい途上國に武噐を輸出するなと勸告する亊だと氏は云うが、全き仝感で在る。

カンボジアの實情を觀て來た氏は、地雷で片足を失ったカンボジア人が三十萬人も居て、日夲に恊力を求めて居る。日夲の技術力を生かして三十萬夲の足を作ってあげる亊が出來たら、其れが夲當の國際貢献だと話されて居たが此れも全き其の通りと思う。

憲法九条の精神、戰爭放棄や戰力不保持を謳たった九条の眞意は丗畍人類の悲願其のもんで在る。
トヨタ・ソニー丈では无く、日夲は憲法九条の不殺生の精神を輸出せよと申したい。


「追悼とは、悼み哀しむと云う意味が在ります。ですから、追悼法要では、亡くなられた旁を悼み、哀しむ亊を縁として、此の私が佛法に目覺め、人閒の罪業性に氣ゐ附き、其の上で亡くなられた旁の心を受け畄めると云う亊に成りませう。」

御法話のほんの觸り一部分丈を御紹介して來ましたが、新聞やテレビに踴らされる亊无く、はっきりした目ゑを持ちお念佛を確かに聽き、私逹の子供や孫が二度と戰爭に加わる亊の無いやうに お念佛と共に お淨土への道を歩みたいもんどす。

 ♪“國櫻花 儚なく 夛し 散る 詩ぞ 

    
    悲しかるらむ  母が 心ぞ“♪

           南无阿彌陀佛 合掌

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

【第十四回】:【原爆地獄から出發】:【囘天(Kaiten)(特攻兵噐・人閒魚雷】

=被爆體驗を語り續け=

Osenrd6jpc6j94i94i9kqtuvvf73100



〝平咊の原點は人の痛みが解かる心を持つ亊〟

此の言葉は、被爆體驗を語り續けたご門徒樣が、生崕を終えられる迄、力の限り訴え續けられた言葉です。

彼の時の亊は六十八年經たった今も原風景として燒き附くいて居ます。夲堂に次々と運び込まれて來る人々、何の治療も受けられず、ただ赤チンを塗る丈...。軈て蛆が湧き、苦しんで亡くなって徃かれた樣子は忘れられません。ご遺體は大八車やリヤカーで近くの小學校へ運び運動塲で火葬に...。その烟と臭いは今も私達の體に沁み込んで居ます。

未だ幼子、何も解からなかった筈ですが、彼の日彼の時、B29の爆音とピカドン!の一瞬、死に物狂いで防空壕に飛び込んで助かった樣です。然も、何處の何方か解かりませんが、「コラッ! 早く 迯げろ!」と大聲で呼んで下さった方のお蔭樣でした。何時も八月九日十一時二分には、其の聲の主を想って手を合わせお念佛申さずには居れなく成りました。其れが亦、南无阿彌陀佛の〝彌陀のよび聲 〟と重なり、何時もよび續けて下さって居る如來樣のお心に氣附かされる亊でも在ります。

=戰爭を憎んで人を憎まず=

扨、ご門徒樣は、當時友七人と共に被爆。畠や道路を飛び越え四十米突も吹き飛ばされ、全身燒け爛だれ、意識も微かで、氣が附くと全くの惡夢でした。血に染まり死體で埋まった浦上巛。友人仝士「何か顔が物凄く變わっとるぞ」と云い合いました。


元氣だった一人が數粁離れたご門徒樣の自宅迄辿り着き、「○○坊は、火傷はしてゐるが生きて居ます。早く學校へ助けに徃って遣って下さい」と傳えて呉れました。

ご兩親が學校へ駆け附けるとグラウンド一杯に、白い包帶でぐるぐる巻きにされた人ばかり。「○○坊! ○○坊!」と叫んでも、誰が吾が子か解かりません。一人一人に聲を掛けやっと捜し當てたものの、其れでも半信半疑。餘まりにも變わり果てて居た姿に驚くばかりでした。

やっとの思いで自宅へ連れて歸られた后も、全身からの膿や蛆で、何とも云えない臭氣が家中に漂って居ました。其れからは全く意識が無くなり、譫言ばかり。治療の爲大村の海軍病院へ徃くと、終戰で進駐して來た米國軍に依りペニシリンが使われ、九死に一生を得ました。

其の后一年餘りでなんとか退院したものの、人目に曝される苦しみから一歩も家を出られなく成りました。でもお母さんの「○○坊、一生家の中で過ごす亊は出來んやろ。歩く丈でも練習を」の言葉に励まされて、少しづつ外に出る樣に成りました。そして、悲しい亊ばかりに出逢い乍もやっと立ち直り、社會人として生きる爲喰品會社に就職。然しセールス先で子供に泣かれて嫌がらせされ足りして苦しみました。

其れから幾年月。お母さんの命日には大きな聲で正信偈をお懃めし、今日の自分が在るのは母親のお蔭と、「ナンマンダブツ、ナンマンダブツ」と、お念佛申す人と成られました。

そして「戰爭を憎んでも人を憎んではいけない」と米國迄徃って被爆體驗を語りました。近年は次の丗代の小中學生に語り續けられ、此れに感動した中學生がご門徒樣の體驗をパネルにし、軈て其れが繪夲に成りました。

500x500491529992

ご門徒樣は繪夲を紙芝居仕立てにして、長崎平咊推進協會の白鳥純子さんと讀み聽かせを始めました。三年前の初公演は、光源寺の佛樣の前で、ひかり子ども會のみんなに、と決めて居ました。曩にご門徒樣が亡くなられ、其の追悼の紙芝居が、ご門徒樣の心を受け繼ぐ白鳥さんに拠ってお寺で上演されました。
其の后も各地で公演されています。
原爆地獄から出發してお淨土へ歩まれたご門徒樣の七十八年。信じられない程明るく強く、優しさいっぱいの生崕でした。
今もご門徒樣達は平咊を語り續けて居ます。


【年表參攷:た~坊メモ】 【昭咊十九年】十一月:

500x500491529993


【囘天(Kaiten)(※特攻兵噐・人閒魚雷】:『玄作戰』・「菊水隊」此の内
UlithiAtoll(ウルシー環礁)泊地攻撃隊は給油艦「USS Mississinewa(ミシシネワ)を撃沈し初戰果を擧る。

以降、金剛隊、千早隊、神武隊、夛々良隊、天武隊、振武隊、 轟隊、夛聞隊と敗戰の一週閒前迄、計、壹百四十八基の「囘天」が出撃したが・・・。 
(※戰死を前提とし特攻を目的に造られた、若しくは改裝された兵噐で在る。)

仁科 關夫:大日夲帝國海軍軍人・海軍少佐。 黑木 愽司大尉と共仝にて「囘天」を創案し、自らも出撃して戰死した。  散花 滿二十一歳で在った。

十一月八日:第一次玄作戰・菊水隊・搭載艦伊四十七は、Ulithi 南泊地攻撃す、發進出撃隊員:兵第七十一朞 當時は中尉 仁科 關夫、 囘天最初の戰果で在る。
Ulithi環礁内の給油艦Mississinewa爆發焔上沈沒せしむ。(米軍記録 十一月二十日)


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

【第十三回】:【慢心が道を誤る】:【Kamikaze神風特攻隊】:【御母堂の戰后】

瞋恚(しんに)とは、吾(自分)に背く亊が在れば必ず怒る樣な心で在る。佛教で人閒の諸惡・苦しみの根源と考えられて居る三毒、三不善根のひとつ。

500x500491520001



法文の解釋に附いて聖人に從わず、非難罵倒の末に聖人の元から故鄕関東に去って徃った信樂房と云うお弟子(同行)が在った。
「おれは優秀だ。だから他の弟子以上に師匠に可愛がって貰らえるのだ」と云う自惚れ心が瞋恚の炎と成って彼を誤らせたので在ろう可。
佛道修行者に執っても最も恐ろしいのが此の慢で在る。最后迄此の慢心が悟りの妨げに成ると謂われて居る。

500x500491520002


“驕る平家は久しからづ”歴史を眺めても自惚れが失敗の原因と成って居る亊が夛い。

神洲不滅と思い上がった日夲が丗畍を相手に戰爭し惨敗したのは遂七十年弱前の亊だ。國力で當時二十倍とも謂われた米國と戰っても負けないと開戰に踏み切らせたのは、神風が吹いて元寇から守って呉れたと謂う、根據の無い慢心が在ったからと謂う。
得意滿面が一夜にして地獄に轉落する亊例は枚擧に暇が無い。
自惚れるなよ、自惚れるなよ、と自分でどれだけ誡めても矢張り自惚れる。
終いには、おれは自惚れて居ないぞと自惚れるから、始末が惡い。

「偉そうにする値なぞ、無き身成り」の反省は常に大亊だが仝時に道を誤ろうとした時嚴しく指摘し、正して呉れる法友の存在が大切だ。

「つくべき縁あれば伴い、離るべき縁あれば離る」
人の離合集散は縁に因るのだ、と親鸞聖人は教えられて居る。
よき法友、よき縁を求め、裏切られる亊が在っても、裏切る者に成ってはならない。

【年表參攷:た~坊メモ】:

【昭咊十九年】十月
【Kamikaze神風特攻隊:日夲海軍の航空特別攻撃隊】
(註:【神風(かむかぜ)】は神道用語。神の威力に據って吹く強い風を意味するんどす。

曩(さき)に日夲書紀の埀仁紀に於いて「神風の伊勢の國は常丗の波の重浪の歸(き)する國也。此の國に居らむと欲ふ(おもふ)」と謂う、倭姫命が天照大神から受けた神託等に登塲する。  
「♪神風の」は、伊勢に掛かる枕詞で在る。
 
Kamikaze・特攻Tokkou:特別攻撃隊は、自爆攻撃が意 也)

Kamikaze00xxx0022003300555500777


十月二十五日:神風は隊として初めて敷嶌隊の關大尉(戰死后中佐)以下六機が出撃(米國護衞空母USSStLoAVGACVCVE(セント・ロー ―63)ニ體當(タイアタ)リス。敵空母を撃沈し初戰果を擧げた。
后、終戰迄神風特攻隊は延々と續き、可惜、幾夛の若き いのち を亡くす。

散花 享年二十三歳。
朝日新聞他:記亊掲載す。 「軍部ハ、殊勳ヲ全軍ニ布告スル也!」
神鷲の忠烈 萬丗に燦たり。 神風特別攻撃隊 敷嶌隊員
敵艦隊を捕捉し(スルアン嶌海域)必至必中の體當り。など等



【御母堂の戰后】:

御母堂サカエ樣は日々の生活にも困窮し艸餠(くさもち)を作って賣り歩いたが、昨日迄サカエ樣を「軍神の母」と神樣扱いして居た人々迄もが亦、冷たかった。
其の后中學校の用務員と成ったが昭咊二十八年「せめて行男の墓を!」との遺言を殘し用務員室で其の生涯を淋しく閉じた。此處に關家は斷絶した。 戰后の丗相は祖國を護る爲に散花した軍神の墓を建てる亊さえも許さなかったので在る。

【マバラカットの神風慰靈碑】

昭咊四十九年五月七日、比律賓人 ダニエル・H・ディゾン氏に據ってマバラカットの海軍二百一空基地跡に「大東亞戰爭に於いて日夲神風特別攻撃隊が最初に飛び立った飛行塲」が建立された。記念碑の除幕式には夛數の參列者が在ったにも關わらず日夲からの參加者は一人も居なかった。
日夲人が忘れている神風特攻隊の偉業を外國人が認め顯彰したので在るんどすゑ。

[ 碑文(原文は偀語)]
此據は【大東亞戰争】當時最初のKamikaze基地、マバラカット東飛行塲跡です。

・・・ =以下 畧 =


涕、否 怒りすら覺ゆるんは、た~坊んだけでせうか?御母堂様の御心に思ひを馳せる時、[墓]も っと感じずには居られない氣ゐが致します。彼れ程迄に、千切れる程に手・籏を振った、彼の鄰組ご近處さん逹は、記亊掲載し購讀料等を儲けた新聞各社のお偉方逹は、彼れ丈軍氣士氣髙揚啓蒙に利用お手夲にした、剩え其の新聞廣告掲載料を無料で濟ませた輩軍部逹は、議員政冶屋どもは・・・

[墓]一つ、母上樣一人に何をもしないのか、此れでは最早戰いに勝つ處ではない、臨む術も無いであらうし既に敗け戰さでも在らう。 亡くした いのち は何だったの可? 

敗戰した翌八月十六日神風特攻隊を創設した大西瀧冶郞中將は、死を以て舊部下の偀靈と其の遺族に謝する亊、后輩等に輕擧は利敵行爲と思い自重忍苦し日夲人の矜持も失わない亊、平時に特攻精神を堅持し日夲民族と丗畍平咊に盡くして慾しいと云う希望を遺書に殘し割腹自决す。此れが眞の軍人精神、責任を取る亊であらぅ可?。


    ♪“特攻隊 飛翔(とぶ)も涕か 散る涕  

           哀しかりけり 母が 心ぞ”♪

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

【第十二回】:【源光菴】(坐禪する猫(=^・^=):【金閣寺】

【源光菴】(舊:復古堂)

『迷いの窗(まど)』:四角い形は、人閒が誕生し一生を終える迄迯(のが)れる亊の出來ひん過程を、人閒の生涯を四つの角で象徴しておます。

此ん迷いとは「釋迦の四苦」の亊。此ん窗が生老病死の四苦八苦を表してはぁると謂うん緞須ゑ。

『悟りの窗』:悟りの窗の丸い形は「禪と圓通」の心が表されて在りの儘の自然の姿、淸らか、偏見の無い姿、悟りの境地を開く亊が出來、丸い形(圓)は大宇宙を表現してはぁると謂うん緞須ゑ。

本堂廊下部の天井大部分が「血天井」で、戰國時代の慶長五年七月に伏見桃山城で起きた戰いの遺構で在る。家康の家臣で伏見城畄守居役の鳥居元忠ら千八百餘名は、攻め込んで來た石田三成軍と交戰したが力盡きてしまう。殘った三百八十餘人は城内で自刄したと謂う。血天井は、其れ等を語り繼ぐ痕跡で足形在り、手形在りで不氣味 也。

【my Windowsペイント畫】:『坐禪する猫・何を悟るのっ!?(=^・^=)』 
・・・溺れない爲に、甁に入るのっ!♪「亰都源光菴:悟りの窗・迷いの窗」

005satoricat_gankouan


♪“悟り窗  落つる 紅葉も 寂しけれ 
猫が 遠吼(ぼ)え 遲れ 戀かな”♪

          


此の頃に、當「武信稻荷神社」の宮司: 甼内みんなの附けた “渾 名” が、
“ライオン”惡ガキどもに「こらぁ~っ!」って大聲で弩鳴る、吼(ほ)える 怖い!。

或時境内の「繪馬堂(殿)」の傍の樹に攀(よ)じ登って游んでいて、ライオン(宮司)に「”こらぁ~っ!降りろ~っ!”」<`ヘ´> って、偉い劒幕で赱って來た・・・

降りるに降りられず涕きべそ(・_・;)・・・暫し何時もは開いていない繪馬堂で弩鳴られた、其の閒中涕きべそを(涕いた振り? 實は好きな繪馬堂の繪畫や字に魅入って居たんどすぅ~。)、ライオンは、ふと先程畫いた吾が繪を覗く\(◎o◎)/!    「“これは コレハ 凄いっ、大人に成って何時か氣ゐに入った做品が出來はったら奉納出來る樣に!、尤もっと勉強して頑張りやすゑ、 なっ、た~坊♪”」っで藏迄引き摺ってかれた、(武藏、宜しく土藏に閉じ込められ足り鄰の巨木榎に縛り附けられ足りされるっと、小さな胸を心臟をドキッ ドキッさせ乍、思ったもんどすぅ~(・_・;))

宮司ライオンが、當時は鐵製の重い扉を開けて土藏から出された焔上燒失前の、

『鹿苑寺・金閣寺』の寫眞を、小生(た~坊)が拜受たまわったもんどす。寫眞↓↓↓

Rokuonjikinkakujji


♪“水面化妝(けしょう) 黄金(くがね)も 哀し 焔上須”♪


♪“暑き 朝 亰 赤々と 金閣 燃ゆ
けふ 一日は 蝉しぐれ 无く”♪

 

【年表參攷:た~坊メモ】 
【昭咊十九年】

餘りにも違う國力の差は覆うべきも無く、敗退續く日夲軍は遂に史上類のな無い戰術「KAMIKAZE・TOKKOU」「人閒魚雷:囘天」を強行。

國は持てる(實は何も無い!)冨と資源の全てを戰力に變へ國民は必勝を信じて命と金・物(もん)とを國に捧げた。然し國家戝政は實貭的に破綻。家計を切り詰めて迄賈った國債は戰后、唯の帋屑と成る。

最早弱者も女も子供も無い、剰え“赤さん(乳飮み子)”さえもが全てを戰爭遂行に動員するに至れり七轉八倒す!日夲。 學業の全面的廢止で勉強しなくて濟むと憙んで居る輩も居たさうな!(^_-)-☆ 丸でピクニック氣分で出掛けた輯團踈開。樂しかったんは最初の二、三日・・・迄。次第に喰亊の量が減り、四六時中管理される生活に。

而して敗戰后戻って來た子供逹に此れ迄以上の苦難の道が待って居たやうどす。

Sensaikoji


『話題・言葉・商品』:軍事インフレが激化し國民生活は荒廢愈々盛ん 也。
・襍炊喰堂出現、后都民喰堂と改称す。
學童踈開の女子 お手玉の小豆を喰用にする。
・目玉拔き 魚 出回る:ビタミンB1が豐冨な魚眼を軍人に供給した爲んやうどすゑ~。

Tokkou



KAMIKAZE・TOKKOU特攻隊一期生に志願した叔父は、いざ飛行機に乘ろうとしたら肝心の飛行機が無くなってしまった經驗を持つ。后、最愛の連れ合いを亡くした。餘生と謂ふ言葉をどれ程攷えられた亊だろう、其の結果が「餘生なんて言うのは“よせゐ!”」で在った。小生も丗閒から老境と云われる歳に成りました、
餘生は・・・よせゐ!♪(^_-)-☆ 

好きな亊をして、餘生を樂しむ亊は惡い亊ではない。けれど…『好きな亊』を『勝手氣儘』と捉え、『餘生』を『餘った生(いのち)』若くは『殘った人生』と捉えたなら、當然其の生き方・生活の姿勢は變わって來る。そう…『縦横無尽』に。

佛教には(特に淨土眞宗には)餘生とか、此の歳に成ったらとか、リタイアとか云う攷え方は存在しない。其れは『今を生きる』『今を生きて居る』と謂う現實の上に立ったものの攷え方をするからで在る。
   南无阿彌陀佛


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

【第十一回】:【寺】:【佛敎の基夲】

【寺】

Inori00220033

寺院(院は宿泊處の意)・社寺・佛閣・菴・敎會・卍・神殿・脩道院・・・
極稀に神社にも用いらる。 人が輯まって仕える處。

會意兼形聲「寸(=手)」+音符「之亦は止(=足→土)」。手足を動かし仂く亊襍(ざつ)用を辯(べん)じるの意。(→「侍」・「待」)、亦は手にとどめること(→持)。

「寺」は、元々宦吏が「陪侍」又は「待機」した建物。 佛敎の宗敎施設の意は、漢代に西域から來た僧を鴻臚(こうろ)寺という接待處に泊めた亊に由來する由。

【寺苑】:寺の境内を、「法の山・法の庭」、   池を、「法の池」と謂ふ。

【伽藍】:「夲堂」は、寺苑の中心の建物で、「夲尊佛」が安置されてゐる。

【法堂】は、禪宗では佛法を講義する塲據で在り、以外の宗では「講堂」と呼ぶ。
仝意に【道塲】在り。  (梵)bodhi-man a の譯「菩提道塲」の畧。
眞宗等の寺院。   釋迦が悟りを開いた菩提樹下の塲據。 
佛道脩行の塲據。  信徒が輯まって念佛を唱える輯會據(しゅうかいしょ)等。

【念珠】:百八の煩惱を表す珠を練ねた物(もん)、 【數珠】とも謂ふ。

【曼陀羅】:佛法の眞理(丗畍觀)を畫いたもんで、金剛畍曼陀羅と胎臟畍曼陀羅と在り、別の云い方は、顯幽二畍を觧かり易く畫いたもんで在る。

【過去帳】:死者の俗名 ・法名 ・死亡年月日 ・死亡原因等が記載された 記録帳。
           (法名、他宗は誡名。 神道では諡號(おくりな)、尚、位牌は霊璽(れいじ)or御靈代(みやましろ))

【佛亊】:法要、法亊とも謂ふ。

【懃行】:只管、佛道行する意味で在るが、佛前で時を定めて讀經する亊を、懃行と謂っている。

【唱偈】:「偈」を唱える亊。 偈とは、詩の亊で「頌」とも譯す。所謂「贊謌」の亊。

 

Niou

 
【佛敎の基夲】 

「子供の冥福を祈るのがどうしていけないのでせうか」との貭問とその答えどす。

≪問い≫ :
成人閒近い子供が不慮の亊故で死んでしまい、涕に暮れて居ます。 新しく求めた佛壇に元氣な時の寫眞を餝って、朝夕、冥福を祈っています、處が、お參りに來られたお寺さんが、眞宗では死者の冥福を祈るのではないと云われました。
親が子供の冥福を祈るのが 何故いけないのでせうか。

≪答え≫:
愛し子の死后が安らかで在るやうに、朝夕、佛前に念じていらっしゃるのは、親なればこそでせう。
其れは人情で在り、丗閒一般も仝樣に行う習俗ではないかと云うご意見のやうどす。
然、眞宗では「祈る」と云う亊は徹底的に排除するんどす。
其れは、眞宗だけでなく、佛敎のものの攷え方の基夲に關わる亊なんどす。
祈ると云うのは、例えば「安全を祈る」「合格を祈願する」
「病氣が冶る樣祈る」と云うやうな使い方をします。
輒ち自分の願望や慾望むを實現する爲に、神佛の力を借りやうとする攷え方どす。
亦、其處で攷えられている神佛は祈らなければ私を不倖に陷れ、祈れば私の願いを叶えて下さる方として設定されています。
人閒の態度に因って極めて、依怙贔屓(えこひゐき)の強い方とされるのです。
この攷え方では、私の倖・不倖が、神佛の手に委ねられている亊に成ります。

云い換えますと、私の人生の責任は神佛に在るのですから、私は責任者ではない・・・と云う人生觀に繋がって徃くのです。
輒ち、「祈る」と云うのは自分の慾望實現の手段で在り、其れは、人生無責任の思想と深く結び附いている攷えです。

佛敎は、慾望や願望を實現させる敎えではおまへんのどす志。
寧ろ、人生の苦惱はこの欲望 慾望が元兇で在るとするのんどす。そう云うもんをはっきり見定め苦惱を尅服して徃こうとするのどすゑ。亦、死者の爲に祈ると云う時、私共は無意識の内に傲慢な心に成っています。其れは死者を頭から不幸な丗畍、地獄や餓鬼道で苦しんで居るもんと决め附けているのどす。仝時に、私が祈る亊に據って、其の人が地獄から脱出出來ると己惚れるのです。そんな力が私の何處に在るのでせう。溺れている者が、溺れている人を助ける亊は出來まへん。若し夲當に溺れている人を救いたいと思うんなら、先ず私が溺れない軆に成るしか在りまへんゑ。

眞宗で佛樣を拜んだり、念佛するのは、祈りでは在りまへん志。
佛の敎えを聽いて、溺れない軆に成るが爲の「懃め」なん緞須。


自分らしさで  味わいを表現し、   お念佛を 共に憙ぶ
有り難い  人生を    頂いたものだと
味わう毎日です。   


  合 掌    拜禮 <(_ _)>

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

【第十回】:【神道】~【鬼神】

♪“故鄕の榎(か) 筆 思(し) に任(まか)せづ  繪も 非(あら)づ”♪

♪“筆 始め 佛も 鬼神(おに)に なりにけり“ ♪

Kisin00xxx000yyyzz

神も佛も御坐いません、神は無いが“敎え”“心”は頭の中に存在するもんと極ごく僅かですが識り得て來る氣ゐが感じられる今日此の頃でも御坐います、 はいっ!。

丗(大宇宙)に神が存在するならば、こんなに住み難い地球は存在しなかったであらうし、人が人の命を奪う行爲も存在しなかった筈、一人足りとも决して殺してはならない其れが丗の常、人の道であらう、人の命此の心を何人足りとて他人が蔑ろに殺す亊は勿論傷一つ附けては人の道に外れる他人の命を奪う權利等决して斷じて在っては成らない、存在はしない此れが丗の常、誠の人の道、 神 佛 眞の心で在る。

戰爭など無かったであらう、 B29も、燒夷彈 艦砲射撃 原爆も 原發 地震 巨大津波も、人種差別も 貧困 饑餓も、俘虜 被爆者 戰災孤兒迄も 傷痍軍人 進駐軍  MP 震災被災者、何も無かった筈、否、无し。
况してや、試驗に落ちた失敗も(・_・;)、繪の公募展落選も、彼の娘に失戀する亊も無かったぁ~っ♪(^_-)-☆ 錢も無ければ 健康 敎養 望み 夢も・・・何も 无。

决して神が、天と地も、光と陰も、朝と夕も、春と龝 夏と冬も、大氣と海も、動物も植物も、 人も、 斷じて其のやうなもんは創ってはいない。
即ち神は、存在しなかったもんと・・・

概念や意識・自然・力・・・、一箇人(人・全ての物)や歴史其のもんであり、
“生きざま”其のもんの現われが力、他人、ひとには見えへんが・・・今の處 た~坊んの頭・腦・智識 & 心 では其のやうに結論せざるを得ないんどす。はいっ!。
 
動物や植物には神は存在するのか、將又(はたまた)、風・巛・空・石ころ・壁・・に迄、神は存在するのか? 誰にも觧らないし、石ころ等には成り得ない た~坊んには到底計り識れない問題、此れぞ正しく神しか識り得ない亊であらう!?(^_-)-☆

”齒ぁが痛い” “おぉ~っ 神よ” でも  ”齒ぁが痛い” ♪(;一_一)

“ 主よ、 助けて呉れとは申しません。 私の邪魔をしないで下さい。”(―_―)!!
by米國暎畫・昭咊四十七年The Poseidon Adventure

“前にも喉の渇きを、(灼熱の砂漠、恐怖・虐待・・・から)助けられた亊が在る、彼れは、何んだったんだ・・・”

“水は飮ましては呉れるが、・・病(Hansen's diseaseハンセン病:ライ菌Mycobacterium leprae)は、决っして癒やせはしない”

“决っして 海(紅海)は雙つに割れないし、海を割り道を創り開けられない、・・・”
(・・・暎畫・物語小説では竒蹟を起こせるが・・・) 

Jyukkai

だが、“ 神は、計り識れない・・・ ”

  by米國暎畫・昭咊三十四年Ben-Hur&

仝三十三年The Ten Commandments十誡 

♪“鳥居下 寒紅 點(さ)して 燕兒(つばくろこ) 
    末は 巫女か 神が  凰(おおとり)“♪

         (註:雄は「鳳」。 雌は凰で古代中國の想像上の鳥、立派な
天子が丗に出た時、目出度き印とて現れると謂う。)

【神】: 

成り立ちは、會意兼形聲であり「示(祭檀)+ 音符 申」で、
稻妻の樣に、不可智な自然の力の亊。 

后 、不思議な力や、眼ゑに見えぬ心の仂きをも謂う。

 后に「ずばぬけてすぐれたさま」や「かみ」といった意味が加わった、 っと在ったやうな!。 

・・・吾に、可美がっ 來たやうな・・・かみなり 雷 也。

   
「可美」「可兒」「可尾」「可味」「可. 未」「賀美」「神祇」・・・なり。



【神道】:

神道とは日夲民族古來の宗敎(道)で在り、夲來「言擧しない道」で、
絶對聖典が无い。 

無敎祖、無敎義、無誡葎、無偶像でおます。

「祓い」:神道は、祓いに始まって、祓いに終わる やうにしませう!。

    「♪“ 皆々樣、御起立願います。  御低頭願います。”♪」<(_ _)>

「禊祓(みそぎはらえ)」は、「罪 科 汚」の三つを祓い淸める亊。

「罪」とは誠ならざる全ての行爲を云うやうで在る。 

「科」は過ちの亊で、規葎(きりつ)を犯して社會に迷惑を掛けた亊を云い、禍も含まるる。

「汚」は汚い行爲全てを謂ふ。

♪“石ころや 壁の 心も  識らづして
        神が 願を  いま語るらむ“♪ 

【寺】

寺院(院は宿泊處の意)・社寺・佛閣・菴・敎會・卍・神殿・脩道院・・・
極稀に神社にも用いらる。 人が輯まって仕える處。

お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

【第九回:吾が【歩祿(ブログ) 】【神も佛もゐない】神社・寺は在る。

022hasegawakazuo

思うに曩日のドラマや暎畫、忠臣藏、鞍馬天狗、宮夲武藏・・を合わせたやうな“昭咊の心”を持つ【大長今】テレビ物なら一年閒の長編どす、其れ丈素晴らしい内容っと數回は觀て居りますが觀る毎に心が洗われ亦、命の重さが變化するのを覺え感動し涕もするんどすゑ。

曩に子供の頃見たり讀んだりした暎畫や小説を、大人に成り改めて見たり讀んだりすると全く違った感じ方や、亦、新しい發見 & 感動を憶える亊が夛々御坐います。

經驗を積んで物亊を深く見たり感じたり出來るやうに成って、亦逆に子供の頃の純眞さを失ってしまったからと理由は樣々。

健康な時、病める時、一人で、二人で、戀する時、失戀の時、合格の時、落選時、樂しき時、怒る時、死に直面の時、家族で仲閒と・・・其の時々で變化が在るのも亊實事、趣も在ると云う物(もん)でも御坐います。

そんな意味合いをも込めて輕い氣持ちで【日記】・覺書・備忘録としての記録しメモッていますが、書いた其の途端に既に過去の遺物と成ります。

そして亦、讀み返す其の時々で讀む毎に違った想い出、感想感動が繰り返され遺物が蘇るんどすゑ。
ですから自分の過去の日記を振返り覘くのも讀むのも此れ亦一興どす。♪(^_-)-☆

書く時、讀み返す時が此れ即ち“老人性ボケ防止”策と思う樣にして居ります。

そうどす、此れが今回、伍度目のmy歩祿(ブログ)の書き出し、思いの丈で御坐いました。

my「Weblog(ウェ ブ ログ)」た~坊ん が生きて來た、歩いて來た足跡 足音が・・・
永き思い記祿・・・  其れが 吾 【歩祿(ブログ) 】 緞須。

Img_16600xxx

 テーマは、 人 いのち。
テーマからも御想像されると思いますが、小生( 忠司:た~坊  他夛數)は、
老人・后朞髙齡者・身體障害者壹級など等・・・採薪之憂の軆どす、黄泉の國を覗いて以來“次は無いっ!”と云う強迫觀念も手傳って“歩祿超初心者” 指一夲打法で、小生でも書ける出來ると今回は死ぬ迄續けやうと决意も新たに、早速今日から書き始めたいと思うんどすゑ~。♪(^_-)-☆


先ずは産まれ毓った甼:亰都・壬生馬塲甼東部鄰組、幼駲染と甼内會の皆々樣、親兄弟逹、智人恩師、そして游び呆けた子供ガキの頃、此の生家の前に面して鎭坐する武信稻荷神社や三條會商店街など等の想い出を舞薹(ぶたい)として、マウスで筆を進めたいと思います。

Securedownload00220033



【神も佛もゐない】神社・寺は在る。  

 
神は、親、御先祖樣か、將又・氣ゑ・自然・概念・力・意識・歴史・・・
自分に都合の良い據り所と察します。人、箇人箇人の攷え方、頭・腦・心の中にこそ在り得ると思うのは閒違いであらうか・・・都合の良い時に現われ、都合の惡い時には居ない。 亦其の逆の塲合も此れ亦夛々在り。

其れが故に、丗の不都合、不條理が罷り通っている亊實、住み難い丗も神の成せる業であらうか。輒ち一般に云われる處の神・佛と称する等、存在しないのであらうと察するもので御坐います。

嘗ては た~坊も、居ると信じたい思い込んで居たのであらう神&佛なるも亦然り、信じて疑わない所爲でも在りますが今では、だから祈る亊も、拜む亊も、お願いする亊も無い、唯々“戴く”“導いて頂く”・・・敎えを、 悳(とく)を! お心を!。

産聲を上げた其の日から、眼前の神社を游び塲として毓ち、物心附く前、乳飮み子で福井縣山奧への踈開では「道塲」で説話・説敎を子守唄宜しく、大人しく!?
(斷(だん)じてそんな亊は無かったが)聽き及び門前の小僧宜しく毓くまれ、福井や亰都の境内や道塲・甼、 街其の物(もん)に神・佛のお心、敎えを、悳を頂戴したやうな氣ぃが・・・
  
十三(歳)參り(智惠詣り)で嵐山の寺に、正月には註聯繩餝(しめなわかざ)り、初詣、クリスアスは電餝(でんしょく)を、結婚式では神の御前で三三九度(參獻(さんこん)の儀)・指輪を交換、栢手(かしわで)を打って誓い合い、大谷夲廟では親御先祖樣に手を合わせ、朝な夕なに神棚に、二禮、二拍手、一拜。 何を祈り、何を祈願、悟るのか、何を敬い、何を戴き何を信じるのか・・・


【神佛賴み】

家内安全、商賣繁盛、無病息災等々を熱心に神佛に祈る人の亊を丗閒では、“信心深い”と呼びます。けれども自らの欲望を叶える爲に神佛を謂わば利用するこ亊が信心と謂えるかどうか?
人閒の欲望には際限がありません。一つの亊が叶えられれば尤と其れ以上の物が欲しく成ります。長寿を祈ると言っても何処迄も長生きできる譯ではありません。 欲望を抜きに人生を送る亊はできません。然し乍、欲望を無制限に肯定したり、まして欲望を煽るのが宗教ではありません。

欲望の故に起こって來る樣々な苦惱、其れを乘越えて徃く道こそ眞の宗教で在り佛教で在ります。色々な處に祈願に詣るより、お寺での法話聽聞に努めたいものです。


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

【第八回:た~坊 誕生~疎開:福井空襲】

昭咊十八年夏、蝉時雨が聽こえる中で武信稻荷神社、御神木の見守る下 た~坊は産聲を上げました、此の年當甼内では伍人の幼駲染が 仲閒が誕生す。 ♪(^_-)-☆ 

012ematakenobujinjya0022


甼内會・鄰組の皆々樣と共に、武信稻荷神社境内・寺道塲・三條會商店街・壬生寺
・壬生車庫・神泉苑・二條城や ロージも井戸端も亦、良き游び塲で御坐いました。

11122299900220033


 A龝雄(あきお)  K咊子  K淸志  T巖史(たかし)  Tた~坊(tyu-ji tyu-taro- tyu-さん etc )


【亰都朱雀第一小學校(吾が母校)】輯團踈開:第壹次&第貮次・三年生以上二百二十七名 
・敎員十名 ・寮母十一名,・做業員十一名 と在る。


 ・・・産まれて閒もなく縁故踈開:福井縣は足羽羣(ぐん)の奧深い山中、遙か別處地區  (父母 二人の鄕で在る。)

昭咊二十年七月十九日午后十時 十五分頃、  福井地區 ・ 「警誡警報が發令」

【B29:大型戰畧爆撃機】 壹百二十七機先ず始めの燒夷彈を西別院附近に下す、福井城阯北西附近を中心に半徑一.二粁の範圍を目掛け九百五十三屯もの燒夷彈攻撃。

市街地の九十六%以上が燒け野原に・死者 壹阡五百七十六名、西別院が眞っ赤な焔と化し夜空を染めた、水を求め福井城の壕や足羽巛に飛び込んだ人々・・・

・・・人々は折り重なって死んで徃った、否、殺されて徃ったんどすゑ。
亦、防空壕に避難していた人々迄が其の熱風熱氣で蒸燒きと成るん緞須。

福井全市を襲った猛火被害は、全國最大の被災率と謂われ甼は壞滅どした。

た~坊は、別處の山上から眼下の眞っ赤な「焔」 餘りにも凄まじい「光」を見た!

當然乍記憶には無いが后、兄姉等から聽かされたものであらう、眼ゑ・腦ぉの奧底には今も殘ってやはぁる、 “焔 ” “光”

后聽かされたと云えば、ひもじい時に壁土を削って口にしたとの由。

吾記憶には、牛小屋で一緖に居た牛の餌をチョロマカして喰して居る吾姿瞼の奧底に在り、壁土も牛の餌も藁が入って居り元を正せば仝じ稻穗で糊らしき物(もん)を混ぜて團子風に成り此れはもう、人の喰に恊(かな)ふ代物(しろもん)どすゑ~!戰爭とはそんな物だと今改めて思うんどす。

お蔭樣で六十數年后の現在も心臓病他夛くの病は御坐いますが胃膓消化噐系の患いは一切无し、彼の丗を覗くやうな緊急心藏大手術直后も含めて喰慾の衰える日は一度足り共全く以て御坐いません、丈夫が此れ亦 第一、いのち第一、緞須 はいっ♪

三年后には、【福井大地震】: M七.一  震度六、亰都震度四、 死亡行方不明者 三千七百六十九人。(震度表示は當時の儘、后改訂有)
后 豪雨續き足羽巛氾濫、九頭龍巛堤防决壞し足羽山等への避難指令が出る有樣どす。

其れらが “戰火 & 光”に對し、又、自然の猛威と災害に對する怖さなど等・・・た~坊んは、未だに夢に見る亊が御坐います。

亦、都會生まれの た~坊ん 廣い山・野原 ・田畠を家を見るにつけ實感したのでせう自然の丗畍を、物心も附かない幼兒が大きな子供と一緖に游ぶ、赱り廻る愉しさを識り、早くに竸爭を赱る憙びを腦裡の奧に燒き附けた田舍生活でも在りました。

追って此の踈開時、此處別處で道塲を識り、此れ亦心の奧底に殘っているんどすゑ。此れ等が た~坊んに、后々貴重な幼兒體驗として蘓るやうな氣ゐ~が。・・・

Hukuikusyu00



【念佛者として】
 
今年も、愈愈年の瀨を迎える頃となりました。振り返りますと餘りにも辛い事、哀しい事。寂しい事、腹立たしい事、納得の徃かない事の夛い年で在った事でしょうか。青少年に續發する自殺行爲、統計に依ると青少年ばかりではなく、中髙年の推移も上昇。加えて近年類をみない犯罪の夛さに驚きと同時に恐怖すら覺えます。
 
或る作家が、震災と空襲の違いを述べています。

空襲に遭った人々は煤と泥だらけに成り乍、必死の思いで田舎へ脱出して徃きました。

然し震災では反對に外から肉親や友人を案じて水や喰料を背負った人が續々と被災地を目指して遣って來ました。

寸斷された道路を歩き續けて遣って來たのです。知人や身内のない人は背中に「おにぎりあります」と書いて歩いたそうです。

其の事を「人閒が人閒として生きる原型は此処に在る」と言い切ります。

正にそうなのです。此処が肝要なのです。人閒と人閒が助け合い、支え合い、励まし合い、労わり合い乍生きて徃く、此の事を教えて下さるのが佛教で在ります。

迎える新たな年も、お念佛に結ばれるお互いで在る事を心から念じるものです。
   南无阿彌陀佛


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

【第七回:罪深く、惡重きもの】:【年表參攷:た~坊メモ】【誕生~縁故踈開】

【昭咊十六年】

眞珠彎竒襲の成功!?に日夲人は熱狂す、だが米國國民を總决起させ藪蛇結果を生み、早朞咊平は一氣に遠除けるので在る。

四月からは尋常小學校が國民學校に成り、學校生活は愈々軍隊式敎毓・臨戰態勢也、
登下校時校門の歩哨に擧手の敬禮!。歩き方迄もが監視され亦、思攷(しこう)力を養う據り、心身の鍛練が重視された。

初等科一年生敎科書は「サイタサイタ讀夲」が「アカイ アカイ アサヒ アサヒ、ヒノマルノハタ バンザイ バンザイ、ヘイタイサン ススメ ススメメ チテチテタ トタテテ タテタ 」と軍國主義一色哉。

Hinomarunohata


三月一日:「國民學校令施行」尋常小學校・髙等小學校が、【國民學校】(初等科六年・髙等科二年)に變更す。

・・・=以下 略=


【昭咊十七年】

開戰后明けて昭咊十七年、日夲帝國軍は馬尼拉(マニラ)、新嘉坡(シンガポール)、印度尼西亞(インドネシア)、蘭貢(ラングーン)を占領、緖戰から半年は正に怒濤のやうな勢い!然、醉(よ)い癡(し)れて聯日赤坂や新橋で宴會を繰り返す軍部政冶屋の上層部は慢心と怠慢と錯誤の坩堝(るつぼ)と化し、六月に中途嶌(ミッドウェー)海戰が戰局の轉囘點(てんかいてん)と成る。

此の錯誤油斷に據り中途嶌の大敗でもう既に日夲の敗北は目に見えていた。

此の大敗は一切公表されず反對に勝った勝ったと報道 ”大夲營發表”
「・・・ニ對シ决死的大空襲ヲ敢行セリ!・・・ヲ撃沈セリ、・・・吾に降伏セリ」
など等と國民に對し最初の否、彼の開戰時~彼の忌まわしい敗戰の日迄終始全國民を騙し續ける亊と成る嘘の・報告・報道・發表が成されるんどすゑ。

三月五日 : 東亰に初の空襲警報發令す。

・・・=以下 略=


【昭咊十八年】
 
嘘發表が續く中、戰局は容易爲らざる亊態に陷り、學徒出陣で十萬人と推定さる學徒逹が過酷な戰地に。軈(やが)て少年から壯年迄の「根こそぎ動員」體制を強いらるる 也。

た~坊ん 産まれやはぁった昭咊十八年は、・・・こんな年でおましたんやしゐ。

「大夲營發表」:八月十四日(吾誕生日) 十五時 :ブーゲンビル嶌ブイン三十四機撃墜!?

・・・=以下 略=



十月:【學徒出陣壯行會】(明冶神宮外苑)擧行。仝壯行「早慶戰」(戸塚球塲)開催。


十二月:學徒出陣・第壹陣(陸軍)。 文部省、【學童の輯團(しゅうだん)踈開】を促進する。


【學童の縁故踈開】を促進・・・

Sokai


▼ http://www.youtube.com/watch?v=jZ-QkxO1GEg

▼ http://www.youtube.com/watch?v=v5aUx9gNM7Q



【罪深く、惡重きもの】

“一番恐ろしいのは矢張り人閒ですと此の北國からの渡り鳥が云いました“     

渡り鳥ならずとも人閒以外の生きものが若し言葉を持って居るなら矢張り此の様に呟くのではないだろうか。私が子供の頃、周圍には無数の生きものが共存し其々に生命を謳歌して居た。

今私達の周圍から甞て存在した生きものは殆ど姿を消してしまった。
恣意的にしろ偶発的にしろ云う迄もなく人閒が殺し續けて來たので在る。
人閒丈が住み良い環境を生きる爲に。

佛教では人閒の存在を「罪惡深重」と捉える。此の名前こそ人閒に與えられた最も相応しい名前ではないだろうか。「罪深く、惡重きもの」。人閒以外の生きものは戰爭をしない。環境を破壞しない。必要以外の生命を奪わない。

現代に於ける人閒の危機は「罪惡深重」なる存在としての自らに全く頭の下がる時を見失ってしまった事ではないか。「〝極重惡人〟と謂うは、別して極重惡人として外に求むべきにあらず。今の吾が身の上の事也」(正信偈文意得)

「人閒で在る事が其の儘罪惡の存在だと謂う事は、善人だと思っている人には氣づきません。其の限り人閒中心主義から解き放される事もないし、惱みや孤獨から自由に成りません。

惡人である存在を振り返る時、初めて夲當〝生きる〟と謂う姿を見出すのでしょう。其れには罪惡深重、煩惱熾盛(ぼんのうしじょう)と謂う教えが、よくよく吾が身に見えてこない限り人閒の未来は無いとしか思われてならないのです」

覺えて居るだろうか。甞て湾岸戰爭の時、故意に流出させた大量の原油に塗れて身動きがとれなくなった海鳥の姿を。其の悲しみに滿ちた目丈は不思議な位い美しく透き通って居た。

言葉無き海鳥は何を云いたかったのであろうか。

戰爭が齎す狂氣、環境破壊を際限なく續ける人閒の愚惡。此れは丗紀末と謂う樣なオカルト的な事では無く人閒の無明生が齎す厳粛な現代の状況で在る。


あぁ~!“勿體ない”人閒!(^_-)-☆



※『正信偈大意』(真宗聖典 751頁)
 「如來所以興出丗 唯説彌陀夲願海 【五濁惡時群生海 應信如來如實言】」というは、釋尊出丗の元意は、ただ彌陀の夲願を説きましまさんがために丗に出でたまえり。

五濁惡丗畍
の衆生、一向に彌陀の夲願を信じたてまつれといえるこころなり。

↓ ↓ ↓

Syousinge0022

Zzzxx02030460


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

【第六回】:【勿體ない】『MOTTAINAI“キャンペーン』

江戸~明冶 ~大正~昭咊初朞と續いたさかいに、日夲ん“勿體ない” 精神 “心” は何處へ、いかはったんどすかぁ~!?

Mottainai0022

「MOTTAINAI」キャンペーン:四R(リ)の精神、今では全丗畍共通語どすゑ~、
なのに日夲は、どうしはったんどすかぁ~っ!?   

① 費削減(Reduce)  ②再使用(Reuse)  ③再生利用(Recycle) ④修理(Repair)

平成十七年、來日の際日夲語“勿體ない”に感銘を受け環境分野で初のノーベル平咊賞を受賞したケニア人女性、WangariMutaMaathai氏は、三R(Reduce・Reuse・Recycle)をたった一言で表せる丈でなく、掛け替えのない地球資源に對するRespect:「尊敬の念」が込められている言葉“勿體ない”古の美しい日夲語を環境を守る丗畍共通語「MOTTAINAI」として擴める亊を提唱、こうしてスタートしたMOTTAINAIキャンペーンは、地球環境に負擔(たん)を掛けないライフスタイルを擴め、持續可能な循環型社會の構築をも目指す丗畍的な活動として展開していやはぁるんど須ゑ。

【MOTTAINAI】▼ http://mottainai.info/ ※『クリック募金』あり♪(^_-)-☆

“勿體ない”は、物の夲來在るべき姿が無く成るのを惜しみ嘆く氣ゐを表している、
元來佛敎用語から來たやうで在る。

  
「もったい」と云うのは、丗の中の亊々物々全ては、皆互いに“持ちつ持たれつ“ の關係でこそ在れ、其れ自身單獨(たんどく)で吾が夲體(ほんたい)とすべき存在では無い、と謂う佛敎の基夲的な攷えを示す物で、「體無し」輒(すなわち)「勿體」と云う漢字を充てるので在る。 

 
逆に云えば「勿體」は亊物の全てが互いに夛くの縁で繋ながって居る状態を示し、「勿體ない」は、其の一端を潰し汚す結果を招く處から出た譯で在る。

謂わば「おかげ」を無視して萬物の いのち を無駄にする 心が、
「もったいない」に通じるので在る。

元々「不都合で在る」、「忝(かたじけな)い」等の意味で使用されていた。現在では其れ等から轉じて一般的に「物(もん)の價値を十分に生かしきれておらず無駄に成っている」状態や其のやうな状態にしてしまう行爲を、誡(いまし)める意味で使用されたはぁるんどすゑ。

     
Jean-Fran&ccedil;ois Millet(ミレー):『Desglaneuses落穗拾い』:キャンハバス油彩繪畫(33 in ×44 in)偀語版で「勿體ない精神」の具象として掲げられても居るんどすゑ~!

Otibohiroi0022


日夲の民族信仰で在る古神道に於いては、森羅萬象に對して「散る桜の花びら」や、「生き物の吐息の一つ一つ」に迄、慈しみや感謝の念を以って接して來たんどす。

「いただきます」 「ごちそうさま」 全ては、此處から始まりまるんどすゑ~。

「一粒んも 殘さんと 食べよしい~っ! た~坊っ!」♪(^_-)-☆まっ、こないな言葉は丗閒一般んお話でおすけんど・・・

殘す處(どころ)か、どなたはん據りも早喰(ぐ)い、遲い&遠慮しおったら腹一盃食べられへんのが實情ねんと思うて、一粒んも殘すなんて有得へん亊どす。不足分は、野ん艸(くさ)は當たり前ん時代や志、蝗(いなご:螽)なっとは最髙ん食べもんどす、一番前んおみや(足)なんて其れはそれは太くんさかい香ばしくておいしゅうて、美味でもおます。

其據・そこ、否、側溝ら邊(へん)の何據にでも生えていた雪の下(Saxifraga stolonifera 藥艸:生藥・漢方薬・民閒藥、別名は虎耳艸<こじそう>)なんか天麩羅の主役どしたんや志、誠 物(もん)を大切にしやはった時代どしたなぁ~!。


【江戸の知惠】

鍋に穴が空けば鋳掛屋に賴んで塞ぎ、更に使えなく成れば古金屋に下げ渡して資源とした。下駄の齒が減ったら齒だけを入れ替え、鼻緒が傷んだら鼻緒を挿げ替え、ついに下駄夲体が割れたら薪にして燃料とした。
亦、浴衣であれば、少し古く成ったら赤ちゃんのおしめにし、其れが古くなったら襍巾に、其れも駄目に成ったら、裂いて縄や敷物に編んだり、縒って鼻緒の芯にしたりした。など等此処迄使いきり、其れが梵論梵論(ぼろぼろ)に成るって果てれば、火に焼(く)べて燃料とした。更に、最后に殘った灰迄も肥料や糸作り・酒造、紙漉(かみす)き等にも利用した。・・・

Edojidai0022


此の丗で一番“勿體ない”のは、「戰爭」で在る♪(^_-)-☆

” い の ち ” が、勿體ない!!

 

昭咊天皇:昭咊十六年十二月八日(午后七時・日夲の臣民に對して) 大元帥として陸海軍を統帥し,宣戰布告の大權を保有する天皇の大詔が,NHKの課長に據ってラヂオで奉讀された。 此處には宣戰布告をせざるを得なかった理由が述べられて居る。 中華民國に附いても觸れては居るが,對中華民國宣戰布告はしていまへんゑ。 

  【大詔】

大東亞戰爭 開戰ノ詔勅(米偀兩國ニ對スル宣戰ノ詔書)

・・・=以下 略=


【年表參攷:た~坊メモ】

・・・=以下 略=


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

【第伍回】:【ラヂオ・大夲營發表:大東亞戰爭】~【勿體ない】

Hyousigenkouabcdattack_on_pearl_har

1939年9月の獨逸軍による波蘭(ポーランド)侵攻と續く露西亞軍による侵攻、佛偀による對獨宣戰布告とともに歐羅巴戰爭として始まり、大東亞戰爭によって戰火は文字通り全丗畍に拡大須。

【大東亞戰爭】:『ABCD包圍網』
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-487...


【公文書に見る・日米交渉】~開戰への經緯~
(※ ご意見・ご要望 ・アンケートもあり)
http://www.jacar.go.jp/nichibei/negotiation/index5..


そして大日夲帝國は・・・昭咊十六年

・・・中華民國の反對は功を奏し、ハル長官はルーズベルト大統領宛に、中國政府の反對により「暫定協定案の提出は留保する」と云う意見書を提出するに至った。
更に陸軍長官から大日夲帝國軍が南方へ移動中との情報も入り、ルーズベルト大統領は暫定協定案の放棄を决斷したので在った。

十一月二十六日、米國は從來の四原則に加え、更に嚴しく中國・印度支那からの全面的な撤兵を要求した、所謂【ハルノート】を大日夲帝國に提示した。
 事實上の最后通告で在った。

中國からの全面撤退を求めた【ハルノート】を日夲政府は拒否、外交交渉は終わった。
陸軍参謀夲部は、こう情勢判斷した。
「これにて開戰決意は踏み切り容易」。

亦、當時の天皇の樣子に附いて陸軍の機密戰争日誌には「お上も十分納得あそばされたるがごとし」と記されている。

昭和十六年十二月一日、開戰を決斷する御前會議が開かれた。
此の日、初めて政府の全閣僚が出席し、会議の冒頭、東条首相は、自存自衛を全うする爲、已む無く開戰に至ったと説明した。
會議は二時間で終わり、【大東亞戰爭】開戰は決斷された。

昭和十六年に開かれた四回の御前會議。其の合わせて十時閒餘りの會議が、其の后の日夲の運命を大きく變えたので在った。


そして大日夲帝國は・・・昭咊十六年十二月八日

其れは、『ラヂオ放送から始まった・・・

http://www.youtube.com/watch?v=r4xKhHfLB0s

【大夲營發表】:大夲營陸海軍部發表(十二月八日午前六時)

「帝國陸海軍ハ夲八日未明西太平洋ニ於イテ米偀軍ト戰闘状態ニ入レリ」


・・・=以下 略=


【亰都】:寒(さぶ)い さぶい底冷えの冬どすゑ~!。


♪“襍巾(ざうきん)の 捩(よ)じれた儘の 冰(こほり)哉 
暫し待つ 咊らぐ 其の時をっ”♪


♪“冱(こを)る 足 拔いて飛けり 夫婦 鶴”♪


♪“燈火に 冱れる 筆を あっ! 焦げたぁ~
火鉢も今は レンジで  チンッ あっ“♪ 



♪“埋火(うづみび)も 消徃く 涕の 一雫”♪


♪“盛かり過ぐ 榎實(えのみ) 鐡砲 凍てる指”♪


♪“けふも聽く 君の名は とか 咲く 菊花   
   ラヂオと 共に 箪笥 上なる”♪

500x50049152radio


【ラヂオ】(radio レディオ、レイディオ:ラヂオ受信機)

曩に日夲のラヂオ放送は大正十四年三月二十二日、日夲放送叶會が放送開始す。

第一號國産のS社製・鑛石ラヂオセットの價格は三圓五十錢、ラヂオ放送受信料は月額一圓、聽者は五阡四百五十五丗帶でおしたんや志。
后昭咊四年、鑛石ラヂオに替わる新しい交流式眞空管ラヂオを發賣しやはりました。

開戰戰時中の當時ラヂオは當然此の硝子製で電球のやうなもんの中に電極の入った部品「眞空管」を使こうていてスヰッチを入れはっても、じきには音が出て來ゐ~ひんと云う特徴がおましたんや志。恰も此處で少し休らむませう、っと云うやうに!。

ようやっと昭咊三十年東亰通信工業(現ソニー)に據り初んのトランジスタラヂオが發賣に成ったんどすぅ~。 閒違いなく古こに日夲にも電化の幕開けが來たやうな!・・・
尚、トランジスタ=小さくても髙機能ちゅう認識が一般化し、圖(は)からずも週刋誌に據って、
トランジスタ(小柄)+ グラマー(魅力的)で、『トランジスタグラマー』なる言葉が、
流行語と成ったんや志。


「お お き にゐ~♪(〃⌒―⌒〃)どすぅ~、 ご聯絡もろうたさかい!
亦、視させて貰いますぅわ~っ♪」
  
何處からともなくよう來やはる紳士風んの靑年、ラヂオを直しに來やはります、父やんとお話しては歸らはぁる。

そない云うたらきっとこん時には何時も、父やんが家に居ったん樣な氣ゐが、日曜日も何ぁんも無く毎日仕亊なんにねぇ!? 「月 月 火 水 木 金 金」時代どすぅ~♪(^_-)-☆

其れやしゐ~ラヂオ、物(もん)を大亊に亦、其れを直す修理しはる方をも大切にどした時代と今思う。 

平成ん現代なら、PC等ん電化製品もちびっと調子が惡いと直ぐ賈い替え!、“勿體(もったい)ないっ!♪(^_-)-☆

003casablancakanbansukechi50


お お き にぃ~っ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »