« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月24日 (月)

“Christmas Eve”【孫と爺ちゃんサンタ】&【生まれてきてくれて ありがとう】

“Christmas Eve”

【孫と爺ちゃんサンタ】&

 【生まれてきてくれて ありがとう】

12月25日: 【降誕を記念する日】 っで「evening:even(夜、晩)」↓↓↓

Book21044

12月24日:

“ Christmas  Eve ”

ブログで何回か書いたので・・・

今日は時間も無ければ氣分も優れず・・・

っで、こんなんでも掲載しておくかっ♪(^_-)-☆

Chikuonki0499_2

Man8

【White Christmas from Holiday Inn 1942 (colour)】

▼ http://www.youtube.com/watch?v=4qa6Eyfx0mE

Eishaki10thumb666thumb

【Lady And The Tramp (1955) 】

▼ http://www.youtube.com/watch?v=o5RvXF3jCkc

【“ Christmas  Eve ”】

毎年、何かしらそれらしい真似事を行っているが、勿論
クリスチャンでもなんでも無し はいっnashi・・・

シャンパン ・ケーキ ・鳥!?・・・

表玄関面には毎年【イルミネーション】を♪(●⌒∇⌒●)♪

その都度オークションで落札、増えてくる♪

電飾を見せびらかしている♪(^_-)-☆

町内でも良く流行っていたので・・・

隣家なんか凄い\(◎o◎)/♪

此処暫くは、節電とか・・・っで、コジンマリして来たのも事実、

そして我が家、去年そして今年も、同じように先だってからの
小生の入院で、無し、全てnashi(;一_一)

下戸、歯痛、鳥肉嫌い・・っで全てnashi、今夜は・・・

“手毬寿司”♪(=^・^=) 退院祝いを兼ねて・・らしい、

っが歯痛で口が開く筈も無くっ?(涙)♪(^_-)-☆

っで、孫には「X”mas」カード“絵”を贈ることにしたが・・・

ハハッ♪ カードには大き過ぎる絵♪(;一_一)

プレゼント:箱の中身は・・・小さい♪(・_・;)

・・・絵のポイントは?・・・はいっ!

何時も我が家に来ては、婆ちゃんの
「折り紙飛行機」を飛ばして遊び喜んでいる♪

飛行機の行先!?

・・・⇒赤い靴下に、入るっかなっ?(^_-)-☆

好きなアンパンマンも、一緒にっ♪<(`^´)>

そして愛犬hanaは、孫には母性愛を発揮する、
(自分が産んだ赤ん坊っと思っている様ダ!♪)

三つ指ついて氣を遣っている・・・♪(=^・^=)

孫が帰った後は、其れはそれは・・・

お氣の毒、 ヘット ヘト♪(・_・;)

そして、☆~…“夢”…~☆を♪

窓から暖か~いっ♪灯りのもれる家庭・・・

そんな幸せな夢を抱いて欲しいと希望します<(_ _)>

そんな子供の暮らす家庭にはサンタクロースもきっと遣って来るでしょう♪
 なんなら この爺さんがサンタ

で・・・出発っ♪(●⌒∇⌒●)♪

そんな想いを絵にしてみたが・・・♪(^_-)-☆

Chrismassantajii002282  

/≪爺ちゃんサンタ≫↑↑↑

Chrismashayatosanta82

 

/≪孫のサンタ≫↑↑↑

【生まれてきてくれて ありがとう】

「本願寺新報」という、本願寺派の新聞に

「親としての歩み 一緒に考えましょう。」 
との記事がありました。

お念仏の教えを示してくださった親鸞聖人のご誕生をお祝いする
「宗祖降誕会」が行われる季節ですが、この「ご誕生」あわせて
初参式(初参り)をする寺院もあります。

新しいいのちの誕生は、同時に「親」としての歩みがスタートするということです。

子どもの誕生をお祝いするこのご縁を通じて、「親」とは何かを考えていただき、
あらためて自分の生き方を見つめ直していきましょう。・・・

との前書きの後、横浜のOOOさんの「降誕会によせて」
という文章が掲載されていました。
ご紹介させていただきます。

★=子どもの自立をさまたげる親の思い=★

子どもが誕生して、親も親としての歩みが始まります。

すくすくと育ってほしいとその成長を願うのは、親なればこそです。

しかし、その親の願いが子どもの成長をさまたげていることも
しばしばあります。

こうしろああしろと親の思いを押しつけてばかりいると、
子どもは自分でものごとを判断したり、自発的な行動をとることが
できなくなってしまいます。

あるいは、子どもがなすべきことを親がやってしまうと、いつまでたってもなすべき能力が養われないし、それどころか親にしてもらうのがあたりまえになっていきます。

こんな具合で、親の側の自分勝手な願いが、子どもの自立をさまたげて
しまっていることを、私は自分の子どもたちから教えられました。

★ =自立ということ=★

親として子に対して願うべきことは、自立した人間になってもらいたいということでありましょう。

自分で考え、自分で行動し、他者への配慮も出来る、
そういう自立した人間になることを願うのが親の役目だと思うのです。

私は、自立には三つの要素があると考えています。

まず一つは【報恩】です。

ありがとうと感謝する人間になることです。

多くの恵みやおかげによって生かされているわが身に気づくこと。

それが自立には不可欠です。

大人の方から「生まれてきてくれてありがとう」と、
成長していく折々に子どもたちに言葉をかけていきましょう。

二つには【利他】です。

自分さえよければよいとする利己心を離れ、
他者のために行動することです。

人それぞれ能力や性格に違いはありますが、必ずその人なりの
持ち味というものがあります。
それを活かすところに利他行があります。

「やってもらう」立場から「してあげる」という行動へ、さらには
「させていただく」といいう意識への転換です。

そして三つには【慚愧】です。

「慚は人に羞づ、愧は天に羞づ」と示されます。私はこれを、
慚は人様に対して恥じ入ることで、愧は自分を越えた存在や哲理に対して恥じ入ることだと理解しています。

私たちはみな自分中心の心を持っています。

人のためにと思ってしたことが人を傷つけることもあります。

そんな思い通りにならない世界にあって、「申し訳ない」と慚愧する心が芽生えたなら、それはまさしく自立にほかなりません。

★=真の自立は 仏さまの願いを実感できる人間になること=★

ただし「報恩」「利他」「慚愧」
とい自立心を自分一人の力で身に
つけるのは至難のわざです。

しかしありがたいことに、南無阿弥陀仏のお念仏は、仏さまの
大慈悲心を生きる支えとしてわが身に実感していくものです。

そのお慈悲の支援により、親子ともども「報恩」「利他」「慚愧」の
意識をもてる人間へとお育てにあずかります。

お念仏の教えをお示しくださった親鸞聖人のご誕生を、
心から感謝しお祝いいたします。

という文章です。

お互いに仏さまの願いが実感できる毎日を

送らせていただきたいものです。

自分らしさで味わいを表現し、
  
  お念仏を共に喜ぶ

    有り難い人生を
       
       頂いたものだと

味わう毎日です。

   合  掌

お お き にっ! ♪(〃⌒―⌒〃)♪大阪yumenakama08

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

【おのおのがた 討ち入りでござる】:「流し目」♪(^_-)-☆&【どうぞ お先に】

【おのおのがた 討ち入りでござる】:

  「流し目」♪(^_-)-☆&【どうぞ お先に】

Book21044

京都my母ちゃんらの井戸端会議

”長谷川さんとこの一夫兄ちゃん、
伏見の芝居小屋の子がぁ~、

日本一の美貌男優(?)にならはってんやな~♪”

そう言うたら、

【おのぉおのぉがたっぁ~】て、

テレビで言うたはりましたな~、

【流し目】 で・・・

そうやで、はす向かいの舞妓はん“市豆”さん、南座で、
【流し目】を貰ろうて腰抜かし、お漏らし(・_・;)

大騒ぎがあった様どすぇ~っ♪

えらい、若い娘はんには罪な事どすなぁ~っ♪(^_-)-☆

なにっ、お母ぁはんでも 腰が・・・!?

そらっ、OOのせいどすぅ~っ♪(;一_一)

決して桜井 長一郎の話題
では御座いまへん♪<`ヘ´>

【おのおの方】あの

【流し目】 っを見たい方は・・・
 (もう観る事できまへんへ~っ♪)

Nagasime

12月14日:

元禄15年12月14日(1703年1月30日)

【忠臣蔵:討ち入りの日】

5384911b5ac28d47c2ba660c0606f73d02

Hokusaichushingura02

201206s1557020033

もう10日、風邪を召して御座る(・_・;)

薬湯に縋れないmy身体情けのうござる♪(^_-)-☆

“「おのおのがたご油断召さるな!」”♪(=^・^=)

【おのぉおのぉがたっぁ】

独特なハスキーボイスでの呼びかけは・・・

【長谷川 一夫】

【おのおのがた 討ち入りでござる】

・・・NHKから既に48年(赤穂浪士)、
【忠臣蔵】の心を頂戴、影響を受けてからは約64年・・・

【討ち入りの日】からは309年

その時代時代で自分の感じ方、想いも・・・様々に、

my人生の肥やしには成った様な氣がします。

正義・忠義を知り、“善ぇ方”“悪方”等を脳裏に焼き付けて戴いた貴重な存在であり、【忠臣蔵】など等のチャンバラもの時代劇は、

お坊さんの法話や宮司の教えと合わせて良きmy路標でもあった♪<(_ _)>

Kippu29

Eishaki10thumb666thumb

▼ http://www.youtube.com/watch?v=baTfw_GbSWU

▼ http://www.youtube.com/watch?v=Sh6iHHCEBto

そんな意味合いからも“御上”現在の政府に物申す、行動する人を選びたいもの・・・年末、

“本懐”を遂げるのは何党か!?

嘘・誠が入り混じった作品であろうが武士道以上に、一時期日本の心其の儘であった様に思いますし、そう思いたい♪(^_-)-☆

Eishaki10thumb666thumb

▼ http://www.youtube.com/watch?v=6B4fpa06UpY

Chikuonki0499

▼ http://www.youtube.com/watch?v=PVw6cs4EzKY

「おのおの方、お先に」

『大石内蔵助良雄』:最後の切腹場面

“【 おのおの方、 お先に 】”

♪“ あら楽や 思ひは晴るゝ
 
  身は捨つる  浮世の月に

     かゝる雲なし ”

【どうぞ お先に】

ところで 近くのお寺の坊守さんが 熱心にブログを書いて頂いています。

毎日出あったこと 経験したこと 感じたことを個性的な素晴らしい表現で 
教えていただいて、多くの方からの 反応があり、目が離せないブログの一つです。

そうした中に ご法話を 聞かせていただいたその内容を書いていただき。

仏さまとは 真理に目覚めた方であり、さとりに至った方であり、
我執を離れた方、である。
  
ところが、さとっていない「私」が、さとった仏さまのことを「私」の頭で考えても わかるわけがない。

  
よく、「仏など、分からんから信じられない」という人がいますが、
  
これは 仏より、自分の方を確かなものと信じているわけでしょうからどうも「私は」、仏より 賢いと思っていうことではないか。

との趣旨の お話を聞かれたというものでした。

ところが これに 異論をとなえる方がありました。

を信じないこと、それが、仏より自分が偉い
という論法には、飛躍があるように思えます。
この論法でいけば、全ての非仏教徒(キリスト、イスラム、神道などの信者及び無宗教者)は、自分を仏より偉い、と思っていることになります。

逆に、仏教徒の誰一人、自分がキリストの神より偉い、と考えている人は
居ないはずです。
この記事には仏教上の意味がある、とは思いますが、少々乱暴な論理展開で、かえって仏教に反感を持たせる危険性を危惧するものです。

との書き込みです。

また ある人はこれに対して 別の意見を述べておられます。

仏さまといっても お一人ではなく 数多くいらっしゃるようですが、
そのお一人 阿弥陀如来という 仏さまは すべての人が 本当の幸せにならなければ自分は 幸せにならないという 仏さまだと 説かれています。

私たちは まずは自分が そして 家族や仲間が 幸せになることを めざしています。

そう言う価値を持っている人には 皆が先で 自分が最後なんて そんなことは不可能なこと 馬鹿なことだと感じて生きていると思います。

負けたくない 勝ちたい 損したくない 得をしたいと。

自分だけは、幸せになりたい。

だから努力も工夫も 我慢も辛抱もするのだと。

しかし、阿弥陀さまのお話を繰り返し聞き、阿弥陀さまが そうであるように、すべての人が幸せになることが私の幸せであるということが ことによると理想ではないか。

すばらしいことではないかと 味わえてきて、自分も そうありたいと努力して生きていこうとする道もあるのではないかと。

それには 南无阿弥陀仏を口にし それを自分で聞きながら ああ また 自己中心、
自分優先だったと 恥ずかしいことだと反省しながら進んでいく。

そうした気持ちが芽生えてくる それが お念仏の人の生き方ではないかと感じています。

ところがこれは 世間の常識を超えていますので 非常に理解しにくい 考え方です。

でも この教えに出あい、こうした価値観を知り 実行してみると 
こころが晴れやかになり 日常の小さな出来事にも、何でもないと見過ごしていたことにも喜びが 湧き出てくる 
それが、お念仏の教えであろうと、感じるとの意見も掲載されていました。

世間の常識で生きていくと なかなか思い通りにいかないもの。

ところが 阿弥陀如来の価値観で生きる人は 小さいこと 身近なことにも喜びが感じられてくる

それが 仏教の 一つの方向性 生き方ではないかと 思います。

仏さまは 阿弥陀さまは すべての人が 幸せを感じることが出来るそれが理想だと 努力してくださる仏さまであると、

そう自分もありたいと 感じられれば 

人生は大きく変わってくると思います。

自分らしさで味わいを表現し、
  

  
お念仏を共に喜ぶ

    
有り難い人生を
       
       頂いたものだと

味わう毎日です。

   合  掌

 お お き にっ! ♪(〃⌒ー⌒〃)♪大阪yumenakama08

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

12月8日:【針供養】~【真珠湾攻撃】&【最高のプレゼント】

12月8日:

【針供養】~【真珠湾攻撃】
  &【最高のプレゼント】

Tuitousikiten

★=『追悼式典』=★

本日:12/7日(現地)、

米ハワイ・オアフ島で開かれた

『追悼式典』で敬礼する生存者ら・・

Book21044

12月8日:

<`ヘ´>【歯】が痛いっ♪(・_・;)

愈々もう少しで入院~手術♪(^_-)-☆

12月8日:

【針供養】

かつて、12月8日と2月8日は【事八日】と呼ばれ、
2月8日を事始め、12月8日を事納めとして、この日から農耕を始め終る日とされていた。

両日は
”つつしみ”をもって過ごす日とされ、この日は針仕事を休むべきとされていた。

そして折れた針を神社に納めたり、豆腐や蒟蒻のように柔らかいものに刺したりすることで供養し、裁縫の上達を祈った。

尚、我「武信稲荷神社」では、今年は昨日行われました。

 Eishaki10thumb666thumb  ↓ ↓ ↓

 http://jinjakannushi.blog89.fc2.com/

Harikuyoumatsuri_00

1941年12月8日(米国日12/7):

【大東亞戰爭】
【真珠湾攻撃】
日本が米英に宣戦布告。

大東亞戰爭このブログの最初のテーマ、

で、何回書いたか?だが病気等により、

今日・当日に書けるのは初めてである

もう書く事も少なくなったかなっ♪(^_-)-☆

Ecb16e24

Eishaki10thumb666thumb

【開戦ラジオ放送】:

 http://www.youtube.com/watch?v=r4xKhHfLB0s

【大本営発表】:

▼ http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/dai.htm

Chikuonki0499_2

 http://www2.edu.ipa.go.jp/gz2/p-rek1/p-sho4/p-s32/IPA-rek470.htm

 http://www.youtube.com/watch?v=zBMa5hZgx5o

Pearlharborkn32031

【真珠湾攻撃「艦隊出撃」 Attack on Pearl Harbor 1/4 - Fleet sortie】

Eishaki10thumb666thumb

 http://www.youtube.com/watch?v=rjvvEEQytgA

2/4~以降は
  勝手に探してっ♪(^_-)-☆

【太平洋戦史 (上) 海戦編 海ゆかば 1/4】

Eishaki10thumb666thumb

 http://www.youtube.com/watch?v=PS44WSt1QDY

2/4~以降は
  勝手に探してっ♪(^_-)-☆

Cat_sinjyuwan02030405_2

(=^・^=)またお出ましどすニャンッ♪(^_-)-☆

1945年12月8日:

GHQ、全国の新聞へ
『太平洋戰爭史』を掲載させる。

GHQの占領下にあった日本で、約10回に亘り連合国司令部記述として全国の新聞紙上に連載された宣伝記事である。

035e088338002

1946年12月8日:

シベリアからの引揚げ船第一号

  舞鶴港に入港。約5千人が帰還。

Eishaki10thumb666thumb

 http://showa.mainichi.jp/news/1946/12/post-3df4.html

Move01

1946080

1351617036

【最高のプレゼント】

 
会合に 必ず おみやげを持ってこられるご住職があります。

地元特産のミカンや、牡蠣、前回は 加えて焼き芋や、あんこが 沢山入った回転焼き等々 もらった人が喜ぶ姿を見るのが大好きと、来る道々で求めて来られるのでしょう。

これは お孫さんにお菓子や おもちゃを買い与えるのとよく似ています。

甘いものは
虫歯になる、お菓子をたべて食事が入らなくなるなどと若いお母さんから歓迎されないことを 知っていても、孫の喜ぶ姿を見たいばかりに ついつい買い与えてしまうのが おじいちゃんであり、
お祖母ちゃんだろうと思います。

「子どもの好きなものばかり いつもいつも買い与えるのは、
本人のためになりません」と、きつく言われても 喜びの姿を思い出すと、やめられません。

誰でも もらうのも嬉しいものですが、実は 与える方がもっともっと
嬉しいことだと思います。

 ところで、南無阿弥陀仏のお名号は、阿弥陀さまが私たちに与えて
くださった言葉です。

阿弥陀さまは 我々の喜ぶ姿を見たいために、末通った究極のよろこびを
与えるために 南無阿弥陀仏のお念仏を与えてくださいました。

私たちが求める前から準備して 私たちに与えてくださいました。

南無阿弥陀仏で 今 生きていることを喜ばせ やがて命終われば
お浄土へ生まれさせて 仏にし活躍させるぞと、苦労して苦労して
南無阿弥陀仏を完成していただきました。

南無阿弥陀仏を口にして 生きがいある生活をする人を、
孫の姿を見るように 温かく見守っていてくださるのです。

数限りない多くの仏さまたちも 阿弥陀さまを誉め讃える南無阿弥陀仏を
常に称えておられるといいますが、
人間の私がいっしょになって
南無阿弥陀仏を口にすると、
有り難い うれしい、よかったと声をそろえて 
南無阿弥陀仏 南無阿弥陀仏と みんなで喜んでくださっているのでしょう。

 やがて 孫が成長して、お菓子やおもちゃを卒業したとき、

親や年寄りが 喜ぶのは,孫や子どもが、周りの人々に認められみんなに誉めていただき、自分の能力を充分に発揮していることを知った時 
このうえなく嬉しくなるものです。

阿弥陀さまも この私が 南無阿弥陀仏を口に みんなに褒め称えられ、

生きがいをもって、力の限り生きている姿を見て よくぞ聞いてくれた
南無阿弥陀仏を受け取ってくれたと 大変喜んで頂いているのでしょう。

南無阿弥陀仏を口に 南無阿弥陀仏の生活をする人は 阿弥陀さまばかりか、

多くの仏さま、そしてお念仏を受け継いだ 多くの先輩たちがそろって、
喜んでいただいているのです。

 私が、南無阿弥陀仏を口にする姿を見て、孫が立派な大人に
成長したのを見るように これで この子の将来は大丈夫 間違いないと
大変に喜んでいただいているのでしょう。

 南無阿弥陀仏を口にして、生きがいある生活をさせていただくこと
それが 今 私にとって 最高の喜びを与えていただくものであり、

やがて もっと嬉しい 与えることの出来る 仏に成らせていただくこと
なのです。

もっともっと 嬉しい最高のよろこびが与えられるのです。

自分らしさで味わいを表現し、

  お念仏を共に喜ぶ、

     有り難い人生を

       頂いたものだと

味わう毎日です。

  
    合 掌

お お き にっ! ♪(●⌒∇⌒●)♪大阪yumenakama08

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

11月27日:の忘れ物 ⇒ 【次の世代へ】“1枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!

11月27日:の忘れ物 ↓ ↓ ↓

 【次の世代へ】“1枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!

Kouyouotiba02

極小のmy裏庭、面した向こう側に
関西外大が、

キャンパス周りの植木郡が小高い丘に成っています、

間には、これまた狭い甲斐田川。


“今紅葉した

葉っぱが・・・”(;一_一)




“1枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!
 
 
  ・・落ちて、南に流れいく♪




”1枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!

 
 ・・落ちて、柿の枝から

  葉っぱが無(无)くなった♪



“3枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!

 ・・落ちて、阿弥陀くじ(籤)よろしく右 左

 競争をしながら流れいく♪



“1枚 ヒラヒラ 甲斐田川に!

 ・・落ちて、流れ流れたその先は

   ・・・如来(仏)に変身♪




★ 六枚の落ち葉は・・・

  ヒラリ ひらりと 右 左


窓越しに 見え隠れ♪(^_-)-☆


樹の上では、2羽

白鷺も 睨んでいます♪\(◎o◎)/♪



葉っぱは・・矢張っり 

ヒラリ ひらり  ヒラリ っと、



【南无阿弥陀仏】

  っと詠っています♪(^_-)-☆







【次の世代へ】

 
落ち葉の季節 柿の葉はすべて落ち 紅葉が残りわずか
お掃除する者にとっては やっと秋が終わったと安堵していますが、

その落ち葉をよく見ていると 自分の周りに落ちて積もり栄養になろうとしているようにも 感じられます。


我が身の一部である 葉っぱを落とし 土に戻し肥やしにして
成長する そうした自然の摂理が感じられるものです。




 ところで、こんな話を聞きました。
お父さんお母さんが よくお寺に参拝し 自宅でも 南无阿弥陀仏
南无阿弥陀仏とお念仏されるのが 息子さんには うるさく感じて
勧められても 一切お寺に 顔を出さずにいたといいます。


「お蔭さまとか、有り難いとか ご縁です」という
言葉も うっとうしいと感じていたといいます。


その父母が亡くなり 子どもさんが、中学校へ行くように
なったとき、こともあろうに、小児癌を発病してしまいました。


お医者さんには、もうこれ以上治療の方法はなく、残念ながら
回復の望みはありませんと、告げられてしまったといいます。


どうしようもない悲しみ苦しみの中で 気づくとお仏壇の前に座って
いる自分を発見したといいます。

父親が座っていたと同じように、息子の自分もそこに座っていたといいます。

やがて病気が進行し 病室で子どもさんと、二人きりになったとき
「僕の病気は もう治らないんだよね」と聞かれたといいます。

「先生達が一生懸命治療してくださっているから 心配せんでも
  いい・・・・」と、

言ったものの 後が続かず
長い沈黙の後、中学生のお子さんが
「・・・死んだらどうなるの?」。



どう答えたらいいのか。慌てて大丈夫、大丈夫,、必ず治るよと嘘も言えず、

つい「爺ちゃんも婆ちゃんも、阿弥陀さまの国 お浄土へ往ったように
 いのち終わったら お浄土へ生まれていくんだよ
  
仏さまの国に・・・」と
 話していたといいます。



南无阿弥陀仏をいつも声にする父や母に あんなに反発し、自分は
宗教など信じない、お浄土など信じないと、否定していたのに
病気の我が子に向かって、仏さまの話をしたといいます。


あの父母が 南无阿弥陀仏 南无阿弥陀仏と いつも口にしていたのは
自分が生まれる前に、幼子を亡くした、親の悲しさからでもあったのかと、
はじめて気づいたといいます。


そして、中学生の我が子にも,自分にもお浄土があることが、有り難かった、
どんなことが起ろうと、何が起ころうと、生きて生ける力を
父母は、教えてくれていたのかと 悲しみの中 味わったといいます。



落ち葉となって やがて肥やしとなるように 父母は この私のために
南无阿弥陀仏を口にして、生きぬいてくれたのだと思えた
とおっしゃる若いお父さんのお話を聞かせていただきました。



自分らしさで味わいを表現し、


  お念仏を共に喜ぶ、


     有り難い人生を


       頂いたものだと


味わう毎日です。


  
    合 掌




お お き にっ! ♪(〃⌒ー⌒〃)♪大阪yumenakama08

Smokes990355

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »