« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

【お正月】:新しい年が明けました。

【お正月】:新しい年が明けました。

.

01000222333020304_2

010008887770405

011001100203

019901990299903

新しい年が明けました、それはそれは嬉しく思います、

私にとって今日を迎えられた思いは一入です、

毎年この時期は身体が優れず緊急入院の多い時、

2ケ年も続けて正月に何事もなく、カウントダウンから元旦の朝を清清しく素晴らしい幸せな気持ちで迎えられました。

【心臓リハビリ】に通いだしてから一度も病棟のお世話にならなくて、間もなく丸2年が達成です。

・・・誠に平穏無事、これはK病院心臓リハビリスタッフの方々やDR、当『趣味人倶楽部』のお仲間、みな皆様の暖かいお心と励ましのお陰です、此処に謹んで御禮申しあげます、誠に有難う御座いました。

この感謝の気持ちを表す術方法、言葉を知りません・・・

私の思い【お正月】イメージのみで失礼させて戴きます。

前回の賀状につき、至らない点が多々見受けられました。

相手様の事など、思慮に欠けていましたこと深く陳謝致します、大変失礼致しました。

♪はなちゃんさん 知らない事とは言え配慮が足りませんでした、誠に申し訳ありませんでした。

PCの向こう側、他の方への心配りの足らなかった由、お許し願えれば幸いです。

日記:【年賀状】に戴きました「ご伝言」「コメント」「拍手」心温まるお返事、御挨拶、励ましの言葉・・・等などを沢山頂戴し嬉しく思います感謝、有難う御座います。m(_ _)m

未だご返信を差し上げられなかった皆々様です。

あなた様 御家族様にとってご健康で幸せな良い年でありますように。

♪Mrs.パセリさん

 ♪taikai5959さん

   ♪ぼちぼちさん

     ♪かずっぺさん

       ♪リーベさん

        ♪真二さ

♪花音さん

  ♪晴海さん

    ♪のっくあうとさん      

     ♪ゆうさぶさん

       ♪えりさん

♪あんぴるさん

 ♪すずらん⌒*さん

  ♪ドジッコ優子!!さん

    ♪カラオケ夕方の帝王さん

      ♪fukigatakeさん

♪なつのおもいでさん

  ♪柿の木坂・翁さん

    ♪あしのはなみさん

♪σ(゜∀゜*)さくら♪さん

  ♪テクニシャンさん

    ♪とっとっとまとさん       

      ♪わたやんさん

♪まみあんさん

  ♪てっちゃんさん

     ♪toraさん

       ♪古瀬戸さん

         ♪バロンさん

          ♪かめなかさん

♪およね^^さん

  ♪もろぼし たびとさん

    ♪dexさん

      ♪ひげおやじさん

        ♪まみちゃんさん

♪メグトムのパパさん

  ♪ponchanさん

    ♪みぜっとさん

      ♪ポンポコさん

        ♪ゆかりさん

          ♪ドジ弁慶さん

♪ロビンパパさん

   ♪さかさん

     ♪ゆめなしさん

       ♪カスミソウさん           

         ♪terranさん

♪パセリオムレットさん

  ♪武さんさん

    ♪はなちゃんさん

      ♪すろーらいふさん

         ♪dexさん

♪☆小夜子☆さん

  ♪ゆりさん

     ♪武蔵(たけぞう)さん

♪いにゅるぷん(inyurupun)さん

   ♪teqtekさん

     ♪tokuさん

      ♪ゆりなさん

        ♪めぐみさん

    

♪・・・皆様

   ・・・まだまだ多くの方達♪

心 温まります♪

  励みになりました♪

お お き にっ!(●⌒∇⌒●)

そして、全ては【愛】です。

絵を観るのも、描くのも・・・

 写真を観るのも撮影も

   

  メールを読むのも書くのも

あなたのお話を聞くことも、語り合う

  

  あなたに逢いたい気持ちも

歌を唄うときも、聴くときも、

 

  楽器奏でるそのときも

犬を、猫を、兎を、鳥を飼うのも

   

 あなた達に触れることも

散歩するのも、街を歩くのも、海を、山を、景色を

風にふれ、雨に濡れ、雪に感じ、嵐に恐れるときも

争いごとに恐れ、戦争に目を背けるときも

   あの方の死に遭った、そのときも

友を、家族を愛しい、守りたい、思う心も

  親も、御先祖様にも、徳を戴きたい氣

     仏様に、神に、手を合わすのも

そして【夢】を見るのもまた同じ

    【愛】

全て私は【愛】がっ♪

 っと思っています。

        

皆様

良い年であります様に願っています。m(_ _)m

お お き にっ! ♪(〃⌒ー⌒〃)♪大阪

 yumenakama08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

【滴】:溢れる♪愛(継)

※ ・・・[昨日の続編]↓ ↓ ↓ ↓

【サンタクロースの由来】

『ミラの聖ニコライ、無実の三人を死刑から救う』(画:イリヤ・レーピン。主教の祭服を身につけた姿で描かれている)

↓ ↓ ↓ ↓

Ilja_jefimowitsch_repin_005

4世紀頃の東ローマ帝国小アジアの司教(主教)、キリスト教の教父聖ニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源である。

「ニコラオス」の名はギリシア語表記。ラテン語ではニコラウス。イタリア語、スペイン語、フランス語ではサン・ニコラ。イタリア語ではニコラオとも。ロシア語ではニコライ。

以下のような伝説のほか、上図に挙げる絵画のように無実の罪に問われた死刑囚を救った聖伝も伝えられている。

「ある日ニコラウスは、貧しさのあまり、三人の娘を嫁がせることの出来ない家の存在を知った。ニコラウスは真夜中にその家を訪れ、屋根の上にある煙突から金貨を投げ入れる。

このとき暖炉には靴下が下げられていたため、金貨靴下の中に入っていたという。この金貨のおかげで娘の身売りを避けられた」という逸話が残されている。靴下の中にプレゼントを入れる風習も、ここから来ている。

また、ニコラオスは学問の守護聖人として崇められており、アリウス異端と戦った偉大な教父でもあった。

教会では聖人として列聖されているため、「聖(セント)ニコラオス」という呼称が使われる。

これをオランダ語にすると「シンタクラース」である。

オランダでは14世紀頃から聖ニコラウスの命日の12月6日を「シンタクラース祭」として祝う慣習があった。その後、17世紀アメリカに植民したオランダ人が「サンタクロース」と伝え、サンタクロースの語源になったようだ。

正教会系の国では、サンタクロースは厳密に「奇蹟者」の称号をもつ聖人たる聖ニコラオス(聖ニコライ)であり、聖ニコラオスの祭日は12月6日である(聖名祝日の項目を参照)。

子供たちがこの日に枕元に靴下を吊るしておくと、翌朝に入っているのはお菓子である。クリスマス である12月25日は聖体礼儀に行く日で、プレゼントはない。

ユリウス暦を採用している正教会(エルサレム総主教庁、ロシア正教会など)の聖ニコラオスの祭日は12月19日であり、主の降誕祭(クリスマス)は、現行の暦に換算すると1月7日である(2008年現在、ユリウス暦とグレゴリオ暦の間には13日の差があるため)。

ロシアでは1月7日にジェド・マロース(Дед мороз, マロース爺さん:マロースとはロシア語で「吹 雪」「寒波」という意味)と孫のスネグーラチカ(Снегурочка, 雪娘)がプレゼントを運んでくる。

【ミサ曲】

ミサ曲(―きょく)は、キリスト教の典礼(ミサ)に伴う声楽曲。

ミサは本来、カトリック教会の聖体拝領を伴う典礼を指す語であるが、プロテスタントの一部教派には、聖体拝領を行なわない礼拝をもミサと呼ぶものがある。

東方教会(正教会)で聖体拝領を行なう公祈祷(聖体礼儀)についてもミサの語が使用される場合があるが、正教会自身が「ミサ」との呼称を聖体礼儀に対して用いる事は無い。

.

【Ave Maria】

バトーニによるマドンナ, 聖母聖画 

↓ ↓ ↓ ↓

Wga_pompeo_batoni_madonna_and_child

アヴェ・マリア は、ラテン語で直訳すると「こんにちは、マリア」または「おめでとう、マリア」を意味する言葉。

転じて、この一文にはじまるキリスト教(特にローマ・カトリック)の聖母マリアへの祈祷を指す。この祈りは教会によって伝えられるが、典礼行為ではなく、私的な信心業として伝わるものである。

この祈祷のための教会音楽や、祈祷文を歌詞にした音楽作品なども意味し、例えばグレゴリオ聖歌の他、ジョスカン・デ・プレ、ビクトリア、グノー(J.S.バッハ《平均律クラヴィーア曲集第1巻》の前奏曲ハ長調を伴奏に借用)やロッシーニのものなど、枚挙にいとまが無い。また、アルカデルトやシューベルトのように、もともと世俗曲でありながら、後世に「アヴェ・マリア」として通用するようになった楽曲も存在する。

なお正教会でも同種の祈祷文として相当するとされる「生神童貞女や慶べよ」を用いるが、共通するのは冒頭部だけであり、その祈祷文は特に後半において大きく異なる。

また、公祈祷(公奉神礼)でも用いられる。

土曜日の晩課(主日前晩の晩課)の最後に、生神女讃詞として頻繁に歌われる。

a.: ブラームス - 1858年、女声合唱と管弦楽もしくはオルガンのために作曲。

  b. サン=サーンス - 数種類存在。独唱とオルガン、混声合唱とオルガンなど。

c.: ドヴォルザーク - 1877年、アルト(もしくはバリトン)とオルガンのために作曲。

・・・ 等など

.

  http://www.youtube.com/results?search_query=AveMaria&aq=f

  http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2&aq=f

.

Jnglebells4

.

 http://www.dff.jp/

.111777

.

 http://www.dff-blog.jp/

.

初めまして、(●⌒∇⌒●)ノ

まっ♪【コーヒー】でも飲みながら・・・

        ・どうぞっ♪

  ( ̄)   ) 
   ∥┓  ((  
  (_)  匚P  
   ━┻ 

(クリック)↓↓↓

Coffee_b

.

↓ ↓ ↓ 『クリックお願い』 ↓ ↓ ↓
.

 http://www.dff.jp/
.

【クリックで救える命がある。】:

  日本最大のクリック募金サイト

【御協力お願いします。】

 =協賛企業が出ます、お手数ですが、
 又、クリック!=♪(^_-)-☆)

ご協力
お お き にっ!

(●⌒∇⌒●)ノ大阪yumenakama08

※ 「マイリスト」の【myお友だち】に♪

  ⇒≪右サイド≫

.

Smokes99

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日 (土)

【滴】:溢れる♪愛

011101119197778880099777

【滴】:溢れる♪愛

ブランデーグラスも揺れ動き! 

世間では、あちら此方で『ジングルベル』のサウンドが・・・

年の瀬、なお一層気忙しく感じクリスマス&年越しから年明け年始の慌しさに付いて行けない自分が此処に、気も漫ろ。

間もなくクリスマスイブ、サンタクロースから貴女への

『夢のプレゼント』♪愛

そんな、ゆめ 希望が天まで届けば・・・と、

祈りの唄が聞こえてきます

それとも溢れる【滴】は・・・

     ・・・それとも ・・・雪

またこの年が越せますように。 

明日の夢、希望のために・・・

そんな『夢のプレゼント』の中身は何でしょうかねっ♪(^_-)-☆)

あなたは、 なにを祈りますか~っ

♪=聞きながら~=♪↓ ↓ ↓ ↓

【バッハ ロ短調ミサ曲より キリエ (Mass in B minor)】:(YouTube)

  http://www.youtube.com/watch?v=JWdg6SSwRsI

【Schubert - Ave Maria (Opera)】:You Tube

  http://www.youtube.com/watch?v=2bosouX_d8Y

【Naomile ジングルベル】:(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=gh9_ccdBBv4

 1857年に牧師ジェームズ・ピアポイントがジョージア州サヴァナの教会で開かれた感謝祭のために作った歌。

01110111919777888009977705

.

【Joulupukin Pajakyla、】(Santa Claus' Village)

 : Rovaniemi Suomen tasavalta、

冬季の昼間のサンタクロース村の様子(2005年12月)。北極線上にあるため冬至頃は極夜となっている。

↓ ↓ ↓ ↓

Rovaniemi_pajakyla

6finrovd0001

Imagesca4mrksu

【フィンランド発:サンタクロース村】

 http://santaclausvillage.jp/top.html

 http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.santaclausvillage.info/&ei=sVEMTcxAkuq9A9_rvP4N&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=7&ved=0CEkQ7gEwBg&prev=/search%3Fq%3D%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E6%259D%2591%26hl%3Dja%26prmd%3Divns

 http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=fi&u=http://www.santaclauslive.com/&ei=gFcMTfnHEI6AvgPqqNXODQ&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=8&ved=0CFUQ7gEwBw&prev=/search%3Fq%3D%25E3%2582%25B5%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25AF%25E3%2583%25AD%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25B9%25E6%259D%2591%26hl%3Dja%26prmd%3Divns

※【サンタクロースの住所】

フィンランド郵政省:1961年サンタクロースの正式な住所として公表。

(返信用切手300~600円位を入れて出せば 何ヵ月後に返事がくる。

   Mr.Santa Claus
   

  Joulupukin Konttuuri
   Napapiiri,96930 Rovaniemi
     Finland

【サンタクロースの由来】

※ ・・・・・・・・

■□■=続編は、明日掲載=■□■

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »