« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月19日 (金)

【深々とお辞儀。】:『海上保安官』

. ▼ http://nicolan.blog21.fc2.com/blog-entry-1188.html

.

010203hhhtttth

http://nicolan.blog21.fc2.com/blog-entry-1188.html

【『国民の知る権利』『報道及び言論の自由』(表現の自由:憲法で保障されている)と、
政府の『情報公開』(行政職に対する公開性)は民主主義の根幹である、と思うのです。

≪参考≫ ↓ ↓ ↓ ↓

【知る権利】 
表現の自由より派生した権利としては、【知る権利】がある。アイザイア・バーリンが著書「二つの自由の概念」で自由は積極的自由と消極的自由があると述べていることと同じく、国などに対して情報の提供を求める権利(積極的自由)と国民が国家の妨害を受けずに自由に情報を受取る権利(消極的自由)がある。

国などに対して情報の提供を求める権利としての知る権利は、国民主権の原理に直接に基礎付けられる。国民主権の重大な意味の一つに、「国政の最終決定権を国民が有すること」があるが、最終決定権の行使にはその前提として、   “判断の材料となる情報が与えられていなくてはならず、これを提供することは国の責務と考えられるからである。”

以上のように、国民の知る権利は理論的に極めて重要な権利であるとされている。

これらを踏まえて、国民に対しての【秘密】など有ってはならない。また、【秘密】と誰が(検察?・政府?)決めるのか甚だ疑問に思います。誰にも何処にも、そんな権利は無い。

★=今頃なんだっ!=★

 =流出映像:提出要求を議決=
参院予算委員会は19日、インターネットに流出した約44分間の中国漁船衝突事件のビデオ映像について、国会法に基づき政府に提出を求めることを全会一致で議決した。前田武志委員長が11日に政府側に提出を申し入れていたが、前向きな回答がなかったため、委員会として正式に要求することとした。(時事通信)

・・・・
国会(何もしない、何も出来ない政治家)への公開云々ではなく、先ずは国民への【ビデオ公開】をすることが先決、国民への【情報公開】し【知る権利】に答えることが望ましい。・・・もう既に手遅れである。

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

★そんな今のニュース★↓ ↓ ↓ ↓

”尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出問題で、海上保安庁が流出への関与を認めている43歳の海上保安官について、刑事処分の結果を待たずに、免職を含む 【行政処分】 をする方向で検討していることがわかった。・・・(フジテレビ系(FNN))”

・・・「免職を含む行政処分」とんでもない方向へ(日本の政治と同じだね!)、早計な判断は過ちの元。
こんな事より先ずは【海上保安官】の勇気を讃えることが先決、全ての国民は感謝の意を表すべき(『国民栄誉賞』etc)と思います。

※  唯、こんなご意見も寄せられています。(拝借します。m(_ _)m)

(今の政府・政治<悪代官>)なら圧力を掛ける、
遣りかねないかもっ♪(^_-)-☆))↓ ↓ ↓ ↓

” ≪悪代官≫ のやることです何と無く察しは付いてました、さっさと辞めればヒーローになれて選挙に出て国会議員も夢ではないかも・・・・・・・。
心境を書いた本を出せばベストセラーになるかも・・・・。
30階級特進かも・・・・・・・。
もたもたしてると飼い殺しにされます、気をつけて・・・・・。

・・・どちらに転んでも損をする(バカを見る)のは何時の時代も正直者ですねっ♪(^_-)-☆)

バカな政治家が居る限り!阿呆な政治をする限り!
国民みんなで何とか助けたいものですぅ~♪(署名活動開始  (●⌒∇⌒●)ノ)

★【今回の行動、正しいと信じる…航海士コメント】★

彼に『胸を張って』貰いたい  (●⌒∇⌒●)ノ

・     「職務上知りえた情報か」「秘密(に当たる)情報であるか」

・     どちらも今回当て嵌まらない、当然今回彼の行動は【守秘義務違反】に該当しない。

・     該当しない事案であり

・     当然ながら「起訴」

・・・・・

・ 起訴処ではない、否々これは【国民栄誉賞】に値するし最も相応しい事柄と察します。

・  政府や関係者、国民の全てが彼に☆“ありがとう♪”☆っと、感謝すべきである、ましてや下記のように彼が頭を下げる必要性は無いと感ずるものである。

そもそも【内部告発】は、官庁(政治家も)は勿論、民間も積極的に行うべき推奨されるべき制度であり【内部告発】の内容を有効に活用する事が重要である。今後の世直しに改善・改革、国民生活の向上、不正を正す最も優れた方策の一つである。

そう言う意味合いから【内部告発】者を決して罰しては成らないし、是こそ名前を出さない(本人が希望すれば極秘事項)もので、 むしろ褒める『賞』(褒賞・昇格・昇給etc)に値するものである。

そんな意味合いで、今回の彼の行動(流出)は褒めこそすれ、決して起訴(罪)や退官(左遷etc)などの方向へ進んではならないし、国民として黙っている訳には行かないものと思う。

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

★【今回の行動、正しいと信じる…航海士コメント】★

・・・小生もそう思うし、そうでなければ日本の明日が心配、皆さんは、そう思いませんか~っ♪(^_-)-☆)

=深々とお辞儀=保安官、6日ぶり外へ=

01010120506

.

010120101115at96b02

.

(時事通信 11月16日(火)9時0分配信)
神戸海上保安部などが入る庁舎を出る際、頭を深々と下げる同保安部の海上保安官(左)。報道陣の前で約10秒間、深々とお辞儀。無言のまま再び正面を見据え、出入り口に向かった(16日午前1時24分、神戸市)

警視庁捜査1課と東京地検は国家公務員法(守秘義務)違反容疑での逮捕を見送り、任意捜査を継続。同課は一連の流出経緯を解明した上で、書類送検する方針だ。

映像持ち出しの理由については「業務に役立つと思った」と説明している。

動機について「多くの国民に見てもらいたかった」と話していたが、映像の閲覧件数が急増し、大きな扱いの報道を目にしたため、「反響が大きく、『えっ』と驚いた」と説明。「多くの人が知り、目的を達した」とも語っているという。

海上保安官の逮捕見送り=在宅捜査を継続-月内にも終結・捜査当局

 沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突のビデオ映像流出事件で、捜査当局は15日、事情聴取を続けてきた神戸海上保安部の海上保安官(43)について、証拠隠滅などの恐れはないと判断し、逮捕を見送り、任意捜査を続ける方針を決めた。同日午後、東京地検と警視庁の幹部らが協議し決定した。

 今後、在宅での捜査を今月中にも終え、国家公務員法(守秘義務)違反容疑で警視庁捜査1課が同地検に書類送検する。検察当局は送検後、早期に刑事処分を決める。

 海上保安官は16日未明、「今回の行動は正しいと信じているが、公務員のルールとしては許されないことであったと反省もしている」などとするコメントを新たに選任した弁護士を通じて発表。海保施設を出た。

 捜査関係者によると、検察、警察両当局は15日、海上保安官による流出行為の悪質性や、証拠隠滅の恐れなどについて意見を交わした。

 その結果、保安官が勤務していた巡視艇「うらなみ」の共用パソコンで、誰でも見られる状態で映像が保存されていたことなどから、悪質性は低いとの意見が大勢を占めた。

 裏付け捜査の結果、保安官の供述は大筋で正しいことが確認されたほか、自ら上司に流出を申し出て、自分の意思で海保施設にとどまっていることなどから、証拠隠滅や逃走の恐れもないと判断した。(2010/11/16-01:47)

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

今回の行動、正しいと信じる…航海士コメント

読売新聞 11月16日(火)15時19分配信

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突を巡る映像流出事件で、弁護人は16日未明、「実名を出さないで、写真も配慮してほしい」とした上で主任航海士のコメントを公表した。

◆ ◆ ◆ コメント全文 ◆ ◆ ◆

 私が今回起こした事件により、国民の皆様、関係各位には、多大なるご迷惑をおかけしたことをお詫(わ)び申し上げます。海上保安庁の皆様、中でもお世話になった方々や今回の件でご苦労されている方々に対しては、申し訳ない気持ちで一杯です。

 今回私が事件を起こしたのは、政治的主張や私利私欲に基づくものではありません。ただ広く一人でも多くの人に遠く離れた日本の海で起こっている出来事を見てもらい、一人ひとりが考え判断し、そして行動して欲しかっただけです。

 私は、今回の行動が正しいと信じておりますが、反面、公務員のルールとしては許されないことであったと反省もしております。

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

この記事:世の中間違っていると思いませんか~っ!?↓ ↓ ↓ ↓

「尖閣ビデオ」流出問題 海上保安庁、保安官の刑事処分待たずに免職含む行政処分へ

フジテレビ系(FNN) 11月17日(水)13時1分配信

尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出問題で、海上保安庁が流出への関与を認めている43歳の海上保安官について、刑事処分の結果を待たずに、免職を含む行政処分をする方向で検討していることがわかった。
海上保安庁によると、この海上保安官が私物のUSBメモリーを使って映像を保存した点や、内部資料である映像を流出させた行為が内規違反にあたり、行政処分の対象になるという。

関係者によると、海上保安庁は、保安官の逮捕が見送られたことを受けて、刑事処分の結果を待たずに、免職を含む行政処分を行う方向で検討に入ったという。

また、映像流出直後の11月6日、第5管区海上保安本部が実施した内部調査に対して、「ネットに流出する以前に映像を見た」と申し出ていた職員が、39人にのぼることが新たにわかった。

5管本部は、調査結果を海上保安庁本庁に報告しておらず、ある海上保安庁の幹部は、「調査したことすら聞いていない。本庁が沖縄に限定して調査を行っていた最中なのに、なぜ黙っていたのか」と話している。

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

中国漁船・尖閣領海内接触:ビデオ流出 海保職員取り調べ 識者の話

 ◇守秘義務対象ではない--一橋大名誉教授・堀部政男氏(情報法)

 国家公務員法100条が規定する守秘義務の対象となる秘密は、最高裁の判例に照らすと「一般に知られていない」「保護に値する」の二つの要件を満たす必要がある。しかし、流出前から海保は詳細に衝突の経過を説明し、さらに一部の国会議員も編集された映像を視聴し、報道機関に説明している。

国民も報道を通じてある程度知っており、知られていない情報であるとは言えない。他国との信頼関係を損なったり、外交交渉に支障をきたすなどの秘密に当たるような情報とも言えず、今回は秘密の要件を満たしていない。国家公務員法違反の罪で仮に起訴されたとしても公判を維持し、有罪にできるかどうか疑問だ。

 ◇戦前を思い起こさせる--青山学院大教授・大石泰彦氏(メディア倫理法制)

 政府の方針に納得できないからと言って公務員がネットに情報を流出させる行為は許されるべきではない。戦前、一部の軍人が自分の正義感に基づいて起こした勝手な行動を思い起こさせる。それでは公務員はどうすれば良いのか。民主主義社会ではジャーナリズムが政府を監視する役割があり、情報の取り扱いのプロであるジャーナリストを通じて社会に訴えるべきだった。

映像だけが流れるネットでは受け取る側は感情に流れやすい。ジャーナリストによる見極めや十分な解説が加えられた情報の方が正しく判断ができる。取材協力は正当な行為であり、ジャーナリズムも知る権利に応え、取材源として守るという形が望ましい。

 ◇情報公開法強化を急げ--情報公開クリアリングハウス常務理事・奥津茂樹氏

 国民が真実を知ることができたという点では評価できる。ただし、保安官が映像を入手・公開した経緯や、背後関係がないのかどうかなど、まだ分からない点が多い。現段階で彼をヒーロー扱いすることは避けたい。今後、未解明の部分について、彼自身が社会に対して積極的に説明する責任がある。今回の映像ですべてが情報公開されたわけではない。隠されている秘密はまだたくさんあるはずだ。私たち国民は、一つ一つの出来事に一喜一憂せず、冷静に受け止めたい。そのためにも、菅内閣が進めている情報公開法の強化を急ぐべきだろう。情報を持つ者が力を持つ。官僚だけが情報を独占する社会にしてはならない。

     お お き にっ! ♪(〃⌒ー⌒〃)♪大阪yumenakama08

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□v

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

【テレファーム】:『ネット・遠隔農場』★今、話題

1102h152_4

1_102

.

『テレファーム』:遠隔農場

バーチャルで育ててリアルで収穫

       http://www.telefarm.net/

☆~☆=勿論、会員登録しておりますぅ~っ♪☆彡(o^-^o) ウフッ=

≪マスコミ紹介≫ ↓   

MBS ワールドビジネスサテライト:テレビ東京】(11/11 21:54~)

放送で紹介    (●⌒∇⌒●)

       http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

11020101111_wb_o1

“日本の農業の競争力をどう高めるか・・・長年の大きな課題に、ある小さな会社が動き出しました。中小企業の技術力とベンチャー企業のアイディアは、日本の農業を強くする力になれるのでしょうか。”

【朝日新聞】

      http://www.asahi.com/business/pressrelease/ATP201008310006.html

【Livedoorニュース】

  http://news.livedoor.com/article/detail/4978173/

 初めまして、(●⌒∇⌒●)ノ

まっ♪【コーヒー】でも飲みながら
        ・どうぞっ♪

  ( ̄)   ) 
   ∥┓  ((  
  (_)  匚P  
   ━┻ 

↓↓ ↓ ↓【御協力お願いします。】↓ ↓ ↓
 
 http://www.dff.jp/
  
=協賛企業が出ます、お手数ですが、
 又、クリック!=♪(^_-)-☆)

ご協力
お お き にっ! (●⌒∇⌒●)ノ大阪yumenakama08

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

1101221133_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

【闽晋渔5179号钓鱼岛海域矛盾】:尖閣沖中国漁船衝突映像流出:映像

【尖閣沖中国漁船衝突映像流出:映像】

ミンシンリョウ5179

▼ http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20101105-00000373-fnn-soci

Japa001l777

▼ http://nicolan.blog21.fc2.com/blog-entry-1188.html

You Tube

▼ http://www.youtube.com/results?search_query=%E5%B0%96%E9%96%A3%E6%B2%96%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%BC%81%E8%88%B9%E8%A1%9D%E7%AA%81%E6%98%A0%E5%83%8F&aq=f

尖閣沖中国漁船衝突映像流出 海上保安庁、幹部が集まり対応を協議

フジテレビ系(FNN 115()637分配信

沖縄県の尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突映像の流出を受け、海上保安庁では、5日未明から、幹部が慌ただしく集まり始め、対応を協議している。
5
日午前3時すぎ、海上保安庁の広報室長は、「映像が流れているということで、情報が入りましたので、現在、その事実関係を調査しているところです。部分的にわたしが見たものと、同じ部分もあります」と語った。
流出した映像は、合計およそ44分で、6本に分けて動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に投稿された。
この映像について、海上保安庁幹部は「本物と考えて間違いない」と話している。
映像の冒頭には、撮影した海上保安庁の職員とみられる氏名も記載されている。
11
1日、衆参両院の予算委員会理事に限定公開された映像は、650秒に編集されたもので、今回の映像には、それ以外のものも含まれているという。

最終更新:115()637

..

■■■■□■■■■□■■■■□■■■■□■■■□■■■■□■■■■□

000999888

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

【御協力お願いします。】

.

 http://www.dff.jp/

.111777

.

 http://www.dff-blog.jp/

.

初めまして、(●⌒∇⌒●)ノ

まっ♪【コーヒー】でも飲みながら・・・

        ・どうぞっ♪

  ( ̄)   ) 
   ∥┓  ((  
  (_)  匚P  
   ━┻ 

(クリック)↓↓↓

Coffee_b

.

↓ ↓ ↓ 『クリックお願い』 ↓ ↓ ↓
.

 http://www.dff.jp/
.

【クリックで救える命がある。】:

  日本最大のクリック募金サイト

【御協力お願いします。】

 =協賛企業が出ます、お手数ですが、
 又、クリック!=♪(^_-)-☆)

ご協力
お お き にっ!

(●⌒∇⌒●)ノ大阪yumenakama08

※ 「マイリスト」の【myお友だち】に♪

  ⇒≪右サイド≫

.

Smokes99

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »